<   2013年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

南東イングランド・カンタベリー

イギリス国教会の総本山カンタベリー大聖堂。http://www.canterbury-cathedral.org/
大学の時にカンタベリー・コラールを演奏して以来、いつかこの目で見てみたい!と思い続けて10数年。。思い続けるといつか叶うものですね(笑)

旅は4日目に突入。。
いよいよやってきたカンタベリー。
街のはずれのpark&ride(町外れに大きな駐車場があって、そこに車を停車&そこからバスに乗って街の中心街へいくシステム)を利用して、さっそく観光開始。
f0091482_18493243.jpg

白黒のチューダー調の建物はなんだか見慣れたチェスターの町並みみたい。
f0091482_18495562.jpg

家々に挟まれるようにして聳え立つ立派なゲート。
そこでチケットを買って(大人£9.50だったかな?)、私とミリーで中へ入りました。
エディはアリスとカフェデート(笑)
f0091482_18501025.jpg

大聖堂の大きさに圧倒です。。
f0091482_18505377.jpg

さっそく中へ入ってみます。
f0091482_18511480.jpg

夏休みだからか、多くの人が参拝&私のように観光にきてました。
f0091482_18515198.jpg

入り口で日本語のガイドブックもありました。(そしてなぜかこのとき、ミリーが突然日本語を話し出した!日本人と思われる観光客のお姉さんがいたからかな?「私、日本語話せるのよ」っていう感じで、私におしゃべりしてきたので、お母さん驚いちゃった(笑))
f0091482_1853859.jpg

天井も高くて、すばらしい装飾がいたるところに。
f0091482_18533776.jpg

回廊にも出てみました。
映画のハリー・ポッターでも使われたとか。(どこの場面かはさっぱりわかりませんが・笑)
f0091482_18541079.jpg

ステンドグラスには歴代の司祭様の姿・年代が刻まれていました。
f0091482_18545086.jpg

この時点で、すでに30分くらいは見て回ったかな。。とにかく広いので、隅々まで見て周るのも大変。
f0091482_6572673.jpg

ミリーはちょっと疲れてます。
でも外に出られて嬉しかったようです。太陽浴びて充電。。
f0091482_18555046.jpg

中庭も素敵です。
f0091482_18562861.jpg

ミリーがうんざりしてきたので、少しスピード上げてみて周りました。。
f0091482_1857208.jpg

それでもあちらこちらに見えるすばらしいステンドグラスには、ときどき足を止めて眺めていましたよ。
キラキラして綺麗だからね。
f0091482_18574437.jpg

ざっと観て周っても、ゆうに1時間半は経ってました。。
この大聖堂の敷地内に、宿泊施設やカフェ・レストラン・お土産やさんなど、小さな村のようでしたよ。
f0091482_6575758.jpg

エディとアリスと合流して、カンタベリーの街も観光。
アリスが地図を持って誘導しまーす。。
f0091482_6582462.jpg

お天気もよくて、念願のカンタベリーに来られて大満足☆

この後車で、この日の宿泊先のオックスフォードへ。。続く。。次で最後でーす。
[PR]
by okunosaki | 2013-09-15 07:04 | Holiday

南東イングランドへーシシングハースト城庭園

義兄たちとの別れを惜しみつつ、向かう先はケント州トにあるカンタベリーCanterbury。

しかし、ブライトンを出たのは午後1時過ぎ。。
カンタベリーまでは少なくとも車で1時間半から2時間ほどかかります。
なので、せっかく街に着いても、観光をするには時間がなさ過ぎる。。ということで、計画の練り直し。

またまた、走りながら車内でガイドブックと地図をにらめっこ。

と、そこで見つけたナショナルトラストのガーデン。
Sissinghurst Castle Garden/シシングハースト城庭園
ちょうど方角&距離的にちょうどよく、即決定☆

駐車場から少し歩きます。お天気もよくて気持ちよかった!
f0091482_6405233.jpg

敷地内には三角帽子の屋根の建物。
f0091482_692086.jpg

この形の建物、ケントの村をドライブ中何度か見かけました。
オーストハウス(oast house)といって、ビールとか造るためのホップを乾燥させるために使われているようです。
f0091482_64923.jpg

庭園内はプッシュチェアーは持ち込めず、眠たいアリスをだましだまし中へ入ります。
このタワーにも登りました☆
f0091482_6511291.jpg

眺めも最高です☆
平野が広がっていまーす。
f0091482_6111177.jpg

疲れたーだっこーーっとアリスは不機嫌さん。
ミリーはいつでも元気です。
f0091482_6102592.jpg

日本のガイドブックに載っているだけあって、日本人観光客の団体さんが来てらっしゃいましたよ。
なぜかうちら家族の写真も一緒に撮らせてくださーいって言って、撮っていった大阪のおばちゃんも(笑)
f0091482_713444.jpg

ついついこんなこともしたくなっちゃう☆
f0091482_695661.jpg

有名なホワイトガーデン。でも、残念ながら時期はずれ。。すべて白いお花だけ植えられています。
f0091482_791592.jpg

アリスも眠くて限界。。
そして彼女を抱っこするエディさんも限界。。ということで、お庭を後にしました。。
もっとゆっくりみたかったなぁー。次回はバラの咲く時期にきてみたい☆
f0091482_7154286.jpg

駐車場へ戻る途中に、こんな遊び場も。
輪投げとかパズルがおいてありました。

こんな感じでストップオーバーを終え、一路この日の宿泊地メイズストーンへ。
そこで一泊して、翌日はいよいよカンタベリーです。

つづく。。
[PR]
by okunosaki | 2013-09-12 07:17 | Holiday

新しい家族が増えました☆

おととい、家にやってきました☆

今朝も朝一で覗きに行く子供たち。。アリス、パジャマだ。。
f0091482_6335618.jpg

もぐもぐもぐもぐ。。
f0091482_6342865.jpg

茶色のがココア色のここちゃん。白いのがベル。2匹とも女の子です。またしても女。。
f0091482_6345029.jpg

今日はあいにくのお天気。だけどアリスも張り切ってお世話してます。。
f0091482_6351198.jpg

晴れたらまたお庭にだしてあげたいなー。。

この茶色のうさちゃん。よく食べる。。なので太ってます。。ちょっと心配。ウサギのダイエットってどうすればいいの??グーグルで調べるか。。
[PR]
by okunosaki | 2013-09-07 06:40 | family

南東イングランドへーBrightonブライトン

さて、森を後にし一路義兄の待つブライトンへ。

義理兄は現在パートナーのドーンさんと同居中。
彼女が、うちに泊まりにおいでーと言ってくださったので、今回お言葉に甘えて2泊することに。
f0091482_640396.jpg

無事に合流した後は、ブライトンのマリーナで夕食。
食後、9時近くてもまだまだ明るいイギリスの夏の夜。

ドーンさんの家には犬が一匹。コーディ君。
実は、犬が苦手だったうちの子供たち。
道ですれ違うだけでも大騒ぎで、今回、このワンちゃんのいるお宅での宿泊はどうなることかと思ってました。
初日。仲良くなりたいけど、怖くて近づけない二人。
翌朝は、お庭で少し遊べるようになり、だんだん慣れてきた様子。
ドーンさんのお庭は、ガーデナーの義兄さんが世話してるだけあって、とっても素敵です。
f0091482_663476.jpg

午後には一緒にボール投げも出来るように!来る前の二人の犬嫌いからは信じられない進歩です!
f0091482_671745.jpg

午前中は、公園へ行ったり、義兄の畑を見に行ったり。
お昼を食べた後は、天気もいいしビーチへ!
f0091482_657492.jpg

この真っ白の岩肌が特徴のブライトン。
今回はコーディーも一緒なので、犬も入れるビーチへ☆
f0091482_674287.jpg

早速ミリーはコーディーと遊びます☆
f0091482_681419.jpg

砂浜でないので、砂で遊べないけど、汚れないのはいいわ(笑)
f0091482_684357.jpg

ゆったりのんびり。。海を見ているだけでなんだか癒されました。
f0091482_69783.jpg

家に帰ってからも、子供たちはお庭でコーディーと遊んだり、庭を探検したり。
f0091482_693170.jpg

耳にシールをつけて、イヤリングー☆って。そんなとこは女の子だなぁーって。
f0091482_694747.jpg

そして、翌朝は朝食の後ブライトンの街へ。
f0091482_6101597.jpg

有名なブライトン・ピア。海の上の桟橋です。ミニ遊園地とかゲームセンターがあります。
f0091482_6161627.jpg

桟橋からのビーチの眺め。観覧車、前回来たときはなかったなー。
f0091482_611695.jpg

午前中は空いていて、観光するにはもってこいだわ。いい景色も独り占め。
f0091482_6113588.jpg

街を少し歩くと、ロイヤル・パヴィリオンが見えてきました。
f0091482_6115797.jpg

公園を少し歩いて、裏手にも回ってみました。
f0091482_61222100.jpg

イギリスにインド風な外観の建物。。うーん。中は今回も入らなかったけど、中国清朝の内装だそうですよ。
こんな感じで、ざっとブライトンの市内観光を終え、みなでランチをして、義兄とドーンさんに別れを告げました。。

さて、それからうちらが向かう先は、ケント州。
旅はもう少し続きまーす。。
[PR]
by okunosaki | 2013-09-04 07:32 | Holiday

南東イングランドへーくまのプーさんの森

8月3日(土)から4泊5日で、南東イングランドへ遊びに行ってきた。

義兄がブライトンBrightonに住んでいるので、彼らを訪ねるのが第一目的。
子供たちにとって初ブライトン。
私とエディはかれこれ8年ぶりくらいになる。。ってもう、そーんなになるんだぁって気がついて驚いちゃった。

旅行の前日まで、いろいろ用事がつまっていて、結局朝ばたばた荷造り。。
朝9時半ごろ車でチェスターを出発。

いやー。。遠いね、ブライトン。イギリスの南の海岸だもんね。
エディさん、一人がんばって運転してくれました。お疲れさん。

義兄は午後5時ごろまで仕事なので、ロンドンを抜けたあたりで、午後3時ごろ。
さぁどうしよう。。

と、いまさらながら地図とガイドブックをにらめっこ。

って、いいとこ発見!

ブライトン北部にあるアッシュダウンの森Ashdown Forest.
そこは日本人が大好きなくまのプーさんのお話の舞台となった場所なんですって☆
あら、それなら是非拝見!
車にずっと乗りっぱなしで、子供たちにも運動させなきゃだし☆

ということで、まずは向かいましたHartfieldにある、プーさんのお店。
f0091482_725428.jpg

とりあえず中にも入ってみた。
けど、子供たちが欲しかったのはプーさんのぬいぐるみではなく、アイスクリーム(笑)
f0091482_7284334.jpg

この看板が一番可愛かった☆
お店の人に、プーさんの棒投げ橋の場所を聞いて、そこに行ってみることに。
f0091482_7295457.jpg

店を後にし、また車で移動。
お店からも歩いていくことも可能らしいが、時間もないのでね。。

(あ、この間、水曜どうでしょうのヨーロッパを旅するやつをyoutubeでみてたら、彼らもこのプーさんの橋に行ってたのね(笑)なんか親近感☆)

店から車でさらに森のほうへ5分ほどいくと、ちゃんと駐車場がありました。
f0091482_781654.jpg

さぁ、そこからガイドブックには橋までゆっくり歩いて20分。。とありましたが、あえてみなには告げず。。
たぶん5分くらい歩くとあるみたいよーなーんて。だましだまし出発です。
(20分なんて言ったら、絶対行かないって言われたからね。。)
f0091482_784268.jpg

途中、こんなちっちゃなアスレチックとかあった。
枝を組み合わせたテント見たいのもあった。

まだ着かないのぉーーー?。。って、みんな足取りが重く、引き返そうか?って雰囲気が流れたコロに、やっと到着!いぇい!
f0091482_792670.jpg

ここが、プーさんたちが小枝を投げて遊んだっていう橋です。
f0091482_7144293.jpg

こんな感じに。
f0091482_750868.jpg

木陰なのに、この付近の小枝は拾いつくされてしまったのが、まったくなかった。。
もちろん、道すがらやっと見つけた2本の小枝を握り締めてた二人。
さっそく棒投げ遊びに挑戦。
f0091482_7521467.jpg

ぽいっと投げて。
f0091482_794575.jpg

反対側へ。

どちらの小枝が反対側に早く流れてくるかを競うゲームです。

が、あまりに水量が少なくて、なかなか流れてきませんでした(笑)
それに、あまりに大量に投げ込まれている小枝が邪魔で、引っかかるし(笑)

でも、いい休息となったみたいで、子供たちも楽しかったみたい。
帰りは足取り軽く、また来た道を戻ります。
f0091482_710779.jpg

さて、車に乗り込んで、義兄の待つブライトンへ。。

つづく。。
[PR]
by okunosaki | 2013-09-01 07:14 | Holiday