<   2012年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

日本のスタイル:持続可能なデザイン

今週土曜日も、ミリーはマンチェスターの日本人幼児部へ。
先週に比べ、おお泣きしなかったから、一応落ち着いたかな。
教室に入ったら涙目になってましたが、先生に託してすばやく廊下へ。。
アリスはエディと家で留守番だったから、ひとり悠々とこの日来ていた日本食販売のお店を見たり、ほかのお母さんたちと交流図ってみたり。

一人で高速の運転もうまくいったから、ちょっと自信がついた。
というか、隣にエディが乗っていないほうが緊張しなかったし(笑)
それに車も軽かった(笑)

ミリーは幼児部から帰った後、この夜はおばあちゃんの家にお泊り。

なので、翌朝、ミリーのお迎えをかねて、ウェールズの義両親の家へ。

いやぁ、日曜日は一日中ひどい雨。。
気温も5度とかで寒かったー。。

冬のコートを着て、手袋はめて。
もうすぐ5月なのに。。ってかなり憂鬱。

さて、義両親の住むRuthinで、日本の展示会が開かれているとのこと。
大雨の中、エディのお母さんはローストディナーの準備のため家に残りましたが、義父と子供たち連れて出かけました。

f0091482_21512129.jpg


展示物より、雨の中傘さして歩くことが楽しかった二人。
この後、すこーしミリーのタイツが雨で濡れただけできもちわるいと大泣き。
タイツを脱がせたら機嫌も直り、また雨の中へ。。

f0091482_21515815.jpg


中に入ると、巨大な布が天井から吊り下げられており、子供たち大興奮。。

二人ともきゃーーーきゃーーーー叫びながらこの布の間をよけつつ走り回り、エディとエディ父が二人を捕まえようと大奮闘。。

大の大人二人に追いかけられて、さらに興奮した二人。。

奇声を上げ、猛スピードで逃げ回る。。

やっと二人を捕まえ、外へ連れ出す。。

私は「一人で見てきなさい」と、館内へ戻されましたが、ガラス窓の外では、エディのお父さん。
傘の先をミリーに突きつけ、本気で怒ってました。。
これで少しは反省したかな。。と思いきや、また雨の中ふざけて歩き回っていたから、全然懲りていない様子。。

私は外で待たせておくのも悪いしと、足早に展示物を見させてもらいました。

f0091482_21522541.jpg


大震災のこともあって、東北のやきものなど中心に。

f0091482_21525459.jpg


この展示会。Japanese Style : Sustaining Design 日本のスタイル:持続可能なデザイン は、4月1日から6月24日まで、Ruthin Craft Centreで開かれていますよ。
毎週土曜日はいろいろイベントもあるようなので、お近くの方是非。

と、焼き物見てたら、子供たちは外から鑑賞(笑)

f0091482_21531726.jpg


このあと、義両親の家に帰っても、ミリーが義父に生意気な態度で口答えしたらしく、グランダに雨の中外に出されていました。。
ミリーもびっくりしただろうけど、うちらもびっくりした。
よほど癇に障ったんだろう。。
新しい学校が始まって、ミリーもストレスあったりするんだろうけど、最近ちょっと不安定。
対応策を考えなくては。
[PR]
by okunosaki | 2012-04-30 21:53 | family

2012 里帰り記ー松本城編ー

今回の里帰りで楽しみだった一つに、大学時代すごした金沢へまた行きたい!ってのがあって。

もし子供たちが大丈夫なら、両親に彼女たちを預けて、エディと二人で一泊旅行を考えていたけど。。

そんなに甘くはなかった。

滞在中、特にアリスさん、私が部屋から出て行くだけで「マミーマミー!」とくっついて離れない。。

ということで。

うちの父、大きなミニバス並みの車を借りてきて、金沢まで運転してくれると!
さすがお父さん。

還暦過ぎた両親にまだまだ甘えてばかりのうちらです。
でもまぁ、孫と一秒でも一緒にいたいじーちゃんたちにはいいかな?
総勢6人で週末1泊2日の金沢旅行へ出かけることに。

その前に、ひょんなことから松本城の話がでたのよねー。
群馬から日帰りでいける距離だとかなんとか。
そこで私が無理を言って、金沢へ行く途中に寄れないかと提案。
行っちゃうかー?と引き受けてくれた父。ありがとう!

4月7日(土)の朝、まずは松本城へ向かって出発!

と、早朝高速に乗ったところで「チェーン規制」の文字が。。

4月なのに雪ですか?
さすが長野。
でも乗ってた車、スパイクタイヤ履いておらず。。

仕方なくいったん高速道路を下りて、タイヤを履き替えに戻るというハプニングあり。

少々時間ロスがあったものの、また改めて松本へ向け出発!

f0091482_4535976.jpg


途中の山々が綺麗。
妙義山のごつごつが男らしい。

f0091482_4545446.jpg


浅間山も真っ白。
イギリスにこんな高い山がないから新鮮。
エディも感動してました。

と、たくさんのトンネルを抜け、ふと長いトンネルぬけると。。

雪!!

f0091482_4564588.jpg


ひゃっほ~、ほんとに降ってるわー。
わざわざタイヤ履き替えてきてよかったねー。

松本に近づくにつれ、雪は止んできましたが、街中入ってもちらちら雪が舞ってましたよ。

駐車場から歩いてお城へ。

「さむいー!」ってなぜか笑顔で震えるミリー。

f0091482_4573554.jpg


今年、まともに雪が降らなかったから嬉しかったみたい。

はい。松本城到着☆国宝なんだねー。

f0091482_4583242.jpg


大きな石!なんて話していたら、ふとミリーが何かしてる。。

f0091482_4595993.jpg


砂利を石と石の隙間に詰めてましたよ。
お城強化できたかな。

f0091482_535014.jpg


いよいよ城内へ。

f0091482_545268.jpg


中はぐるっと展示室にもなっていて、昔の鉄砲や絵や甲冑などが廊下に並んでました。
廊下が部屋より一段下がってる階も。

f0091482_555556.jpg


それにしても、ここの床がめっちゃくちゃ冷たかったー!!
お城に上がるとき、靴を脱がないといけなくて。
もちろんスリッパなどありません。
窓ガラスなし、外は雪のこの日の気温だと、城内は冷えひえです。
足の感覚無くなりました。

f0091482_571566.jpg


お外はどんな感じ?

f0091482_5101973.jpg


こんな感じ。

上の階にいく階段。
めちゃくちゃ急です。

f0091482_511589.jpg


ミリー、がんばってよじ登ってたけど、みてるこちらも冷や冷やものです。
アリスはエディに抱っこされて。
下りるときも必死。

f0091482_5113490.jpg


この窓から月見をしたりして。

いやぁ~思った以上に素敵なお城でした。
お父さんありがとう。

f0091482_5115434.jpg


私の手袋はめてふざけるミリー。
松本城、またねー

とういうことで、再び車に乗り込み、金沢へ向け出発。

めちゃくちゃ降ってます。

f0091482_5123136.jpg


富山付近かな。
雪も止んで一安心。

f0091482_51398.jpg


そろそろ目的地付近。
続きの金沢はまた次回。。
[PR]
by okunosaki | 2012-04-27 05:00 | Holiday

2012里帰り記ー家族編ー

うちらの里帰りを首を長~くして待っていたうちの一人は、うちのおじいちゃん。
ミリーたちのとったら曾おじいちゃんだね。

実家に着いた翌朝、さっそく母親が電話したら、伯父さんと一緒に遊びに来てくれました。

f0091482_4365017.jpg


94歳のじいちゃんがひ孫4歳と塗り絵をするの巻。

すごいなー、この二人の年の差90歳かぁ~。。
それにしても、じーちゃん、相変わらずの美肌。。
エディが秘訣は?と聞いたら、「オレェァはトマトが好きだねぇ」と言ったらしい。。
なるほど、トマトか。

一緒にお昼を食べたり、本を読んだり。
前よりも動きがゆっくりになってたけど、まだまだ元気で安心しました。

それから日曜日は、家族みんなで近くの公園へ。
桜も咲き始めて、ほんのりピンク色でした。

ミリー、大好きなうちの兄と再会できて嬉しいのなんの。
だけど、兄が現れた途端、「はずかしいぃー」って言って私の後ろに隠れたり。

f0091482_458030.jpg


乗り物にも一緒に乗ったけど、ミリー、恥ずかしくて固まってます(苦笑)

f0091482_458421.jpg


まぁ、これも数日後にはおしりだしてふざける、いつものミリーになってましたけど(笑)

忙しいうちの弟も姪っ子たちを見にかけつけてくれましたー。

f0091482_459727.jpg


寝る間もないほど忙しそうでほんと心配しましたが、元気そうで安心した。
体力あるなぁーすごいなぁーと感心したよ。

あいかわらず、ミリーは私の弟のことを呼び捨てです。
一応叔父さんだぜ。

それから、おじいちゃんと一緒に住む伯父さんのお宅へもお邪魔しました。
伯父さん、趣味が高じて数年前に、天文台を自宅の庭に作っちゃいました。
私も何度か見させてもらったことがあるけど、今回は、エディの希望で星見に訪問☆

f0091482_4592876.jpg


昼間は太陽を見させてもらいました。
ちょこっとプロミネンスも見えて、「そのちょこっとした炎の高さが地球2個分はあるよ」なんて言われると、ほんと圧倒されますわ。

f0091482_4594796.jpg


この日、一番見たかったのは月!
クレーターとかはっきりくっきり見えちゃうんです。掴めるような感覚で。

だけど残念ながら、この日は月の見える時間が午後9時以降ということで。。
泣く泣く諦めました。
子供たちも一緒だったから、夜遅くまでは滞在できなかったからねぇ。
でも、金星、火星、木星と、有名どころを見させてもらって。木星の3つの惑星も一緒に観測できました。
それから感動したのが、土星!よく本で見るような、ちゃんと輪っかがついた、あの形が浮かんでた~。
すごいなー。

それから、シリウスっていう星。めっちゃくちゃ明るい!というか、ダイヤモンドみたいに、いろんな色できらきらというより、ギラギラ輝いてましたねー。すごいパワーが出てる感じ。

で、伯父さんが、「はい!そろそろ国際宇宙ステーションが現れますよー!3,2,1」なんてカウントダウンして、この展望台の上から伯父さんの指差す方角へ目を凝らすと、、、

でたーーーー!
突如、ぽつんと光る、一見星と同じ大きさの物体が、すごい速さでつーーーーーーーっと移動しているんです!
で、「はい!そろそろ消えますよー!」って、また伯父さんが教えてくれて。
じーーーっとそのISSを目で追っていくと、だんだん大気の層に消えていって見えなくなりました。。

いやぁ、すごかったなー。。
書きながら、また思い出してしまいました(笑)

中学生の理科の時間、私はどうしても月の満ち欠けが理解できず。
テスト前はあの絵を暗記してなんとかしましたが、頭ではちゃんと理解できてなかった。
あの頃の自分が、ここで星を見られたら、だいぶ違っただろうに。なんてのも思ってました。

その後も、地球から何千万光年離れた銀河系とか見せてくれて、なんだかその距離に頭がクラクラしましたが、それだけ広い宇宙を眺めていると、日ごろの悩みがちっぽけに思えてくるものでね。
いいっすね、たまにはこう、遠い遠い星のことを思うのは。
アリスがジュースを床にこぼして、その上で足踏みして遊んでいたって、笑えるようになりそうです(笑)

また次回、帰国の際には、星を見に寄らせてもらいますね~☆
今度は月も見られますように☆
[PR]
by okunosaki | 2012-04-26 22:06 | Holiday

小学校決定!

またしてもミリー関連。

イギリスの小学校入学は、満4歳になった子は9月から。

なので、今年の9月、ミリーは小学生になるわけで。

今回ミリーの記録として書いておきます。
公立のうちの地域の場合。
先ずは学校それぞれopen dayというのがあって、その日にちと時間をチェック。
学校に連絡を取って、見学したい日にちと時間を予約。
学校によっては予約が要らないところも。

入学1年前の9月から翌年1月の半ばの期間(約5ヶ月間)は、志望する小学校の申し込み期間。
最近はインターネット上で申し込みを行うのが大半みたい。私たちもオンラインで申し込み。
うちらが住むチェシャーのカウンシル(州の行政)のウェブサイトへ。
第1志望から第3まで選べるので、それぞれ書き込んで、あとは結果を待つのみ。。

締め切り後、待つこと約3ヶ月。。
今日が結果発表の日で、先週からそろそろだなぁ~とちょっとそわそわしてました。
ミリーが行く学校次第で、アリスのプレスクールや、アリスの小学校も決まってくることだし。

今回出した第一志望の学校。
評価も高いし、学校見学に行ったときの施設や先生もとてもよかった。家から徒歩5分というのも魅力的。(だって毎日送り迎えしないといけないんだもの。)
だけど、学区内じゃないんですよねぇ。
人気の学校だからかなり倍率高いって聞いてたし。

だけどまぁ、結果から言うと、ギリギリだったんだろうけど、ここの第一希望の学校に入れたわけですよ~!!
今朝、emailで結果が送られてきました。

あーーー嬉しかった。。

ミリーに「学校決まったよー!」って言っても、「ふ~ん」って感じでそっけなかった。。
そりゃそうだわね。。
でも、親としては一安心。

あとは忘れずに、承諾の手続きをしなければ。
それもインターネットでするらしいから、今夜早速。。
今はすべてネットやメールで済まされるんですねー。。

あー、いよいよミリーも小学生になるのかぁ。
制服着て、学校行くのかぁ。
感慨深し。
[PR]
by okunosaki | 2012-04-24 05:30 | Mil

ミリー、初登園。

今日ミリーは、マンチェスターにある日本人補習校幼児部へ初登園。

先週土曜日が入園式でしたが、その日はまだ日本だったので残念ながら出席できず。
なのでみんなより1週間遅れての参加です。

ミリーには、「今度新しい学校いくからね。日本語でちゃんと「おはようございます」とか言うんだよ。」って練習していたけれど、なんだかいつもと違うところだからか、行きたくないと朝からぐずぐずムード。。
エディも、「無理やり行かせなくてもいいんじゃないか」ってあまり乗り気でないし。

でも、週に1度のこの学校。
イギリスにいて、日本語での環境を作ってあげられる絶好の機会。
特に年齢の低い今のこの時期にさせなくてどうする!と説得させていざ出発。

私の運転を怪しむ心配するエディを助手席に乗せ、彼が教官代わり。
普段高速道路なんて運転しないもんだから、へっぴり腰な運転でしたわ。。
日本から帰ってきたばかりだからか、余計にこちらの人の車の速さにびっくり。
60マイル(約時速100キロ)で走ってても、「トロトロ走ってんなやー」的な感じでバンバン抜かされる。。小さい上、車高が高い私の車、風にも煽られるし、走りにくくてそれにもびっくり。
そして途中雨も降ってくるし。。いつもマンチェスターへ行くと雨だ。

さて、無事に学校へ到着し、さっそく教室へ。

もうすでにたくさんの子供たちが集まっていて賑やか。

でも肝心のミリーは。。

私の後ろに隠れてもじもじ。。
「はずかしい。かえろう。」と、最近覚えた日本語を、かぼそい蚊の泣く声で言い。。
さすがのわたしも少し心が折れそうになったけれど、そこはみんなが通る道だと心を鬼にして。。

と、ミリー、私が教室から出て行こうとするのを察してか、泣き出した!
かなり本格的に泣き叫び、必死に私のコートにしがみつき、置いていくな!と抵抗してましたが、先生に抱きかかえられてコートを脱がされ、「あんぱんまん書こう!!」とほかのテーブルへ連れて行かれた。

いやいやいや。。
まさかあんなに泣くとは。。

そういえば。
昔アリスを妊娠中に、ミリーを一時保育みたいなところに預けてみたけれど、やっぱりめちゃくちゃ吐くまで泣いて、結局3回目で断念。
今言ってるプレスクールも、2箇所目のところはしばらく泣いていて、今も行きたくないって言ってるし。
案外、普段えばってる割には弱いところもあるのよね。
むしろ弱いから、それを見せないために気を張ってるのかな?なんて、いろいろ思った今日この頃。。

そっとドアのガラス戸越しに、教室の中を覗いてみたけれど、しばらく赤い顔してひくひくめそめそしてました。

ミリーのいる部屋の向かいの教室が、付き添いの人用の控え室となっているので、私はそこでアリスと遊びながら、たまにガラス戸からミリーをチェックしたり、校舎内をアリスを連れて歩いたりと、心落ち着かぬ3時間をすごしましたよ。。

クラスを終えたミリーは、涙もすっかり乾き、まっさきに持参したリュックサックを開けて、「ぷれぜんとー」って言いながらこの日書いたあんぱんまんの絵を渡してくれました。

ぎゅっと抱きしめてよくがんばった、えらい!と褒めてあげたけど、「マミー、I don't like here..」と。。
まだまだ先は長そうだけど、今日いらしてた先輩ママたちと話したときに、うちの子もそうだったけど、今は大好きよーなんておっしゃってたし。
初日でくじけてどうする私。
来週もがんばって連れて行くぞー。
安全運転でまたがんばるぞー。

そうそう、エディは一緒に行ったけど、結局車で一人で過ごしてたし、文句言うだけなので、今度から家でアリスの面倒みててもらおっと☆
[PR]
by okunosaki | 2012-04-22 04:32 | Mil

2012 里帰り記ー出発編ー

エディとさきほど、「あれ?うちら本当に日本行ってた??」って会話するほど、すでに日常生活に戻り、まるで遠い思い出になりつつある今回の里帰り。

忘れないように、本当に行ってきた足跡残すために記事アップしやす。

今回はミリーのイースターホリデーに合わせて、2週間とちょっとの滞在。
イギリス時間の3月29日(木)、朝9時半に家を出る。
まずはマンチェスター空港へ。車で45分くらい。

チェックインを済ませ、ゲートに向かうぜ~。

f0091482_652936.jpg


飛行機乗る前に少々時間があったので、持参したサンドイッチなどでランチ食べて、機内へ乗り込む。

今回もKLMにお世話になりました。
なので、マンチェスターから飛行機で1時間ちょっと、まずはオランダのアムステルダムへ。

f0091482_652989.jpg


ちっちゃな飛行機、2列づつの席でまるでバスのよう。

このあと、アリスが大泣き。。
午後1時半の便だったので、いつもはお昼寝の時間。
直陸間際でようやく寝ました。。あ~うるさかった。
ミリーはお絵かきしたり、お菓子食べたり、いい子だったから助かったなー。

はい。そして、今度はオランダから成田へ。11時間の旅。
オランダ時間で午後5時半ごろの便。
大きめ飛行機、といっても、思ったよりも小さくて、機内狭かったなー。。
飛び立って最初の4時間は大変だった。
二人にとったら、全てが目新しいものだらけ。
とにかくじっとなんてしてられない!
近くにいた1歳児のよちよち歩きの赤ちゃんとも友達になり、その子のところへ行ったり来たり。
食事が運ばれてきてもまったく食べず。あっちへうろちょろ。こっちへうろちょろ。。

そしてぱたっと電池が切れたかのように、突然二人が寝た。。

こんな風に。

f0091482_66717.jpg


アリスちゃん。たまに前の座席の下へころころ寝返り打っていなくなるもんだから、私もおちおち寝てられない。たまに頭ぶつけてかわいそうだけど、この床の上じゃないと寝ないもんだから、結局こんな風に寝かせておきました。。
この状態で、成田まで寝続けた二人。
おかげで少し休めたけれど、ミリーがアリスの上に落ちないかとか、いろいろ気が張っていたせいか私はまったく眠れず。。

まぁ、無事に成田空港へ到着し、今度は実家のある群馬まで、高速バスの旅です。

f0091482_661361.jpg


二人、すこしぼーっとしてますが、機内で寝たから前回よりましかな。
ここからはバスで約2時間半。
あと少しです。

このころになると、カメラを向ければこんな顔ばかりのミリー。

f0091482_665347.jpg


壊れかけてました。
一人で変な顔しては爆笑して、また変な顔やポーズ作って、一人でうけてました。。

無事に群馬に着いて、父親にバス停まで迎えに来てもらって、実際家に着いたのは30日(土)の午後5時ごろ。。

アーーーーーーーー長かった。。。。
こうやって書くと簡単だけど、いやぁ。。大変だな、子連れの旅路は。。って感じっすよ。。

よくがんばった、二人とも。(そしてうちらも。)
こどもたち、家について夕食何食べたい?って聞いたら「なっとう!!」とのことで、もりもり納豆ごはん食べてましたよ。

つづきはまた。
[PR]
by okunosaki | 2012-04-20 06:34 | Holiday