<   2011年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

お誕生日二つ。

この間、立て続けにお誕生日が。

まずはミリーのバレエ教室のお友達。
5歳になる子のバースディーパーティーにお呼ばれ。
招待状には、「プリンセス大歓迎☆」とあったので、ミリーもこの日張り切って朝からこの格好。

f0091482_135024.jpg


が、ふてくされております。。

なんせパーティーは午後3時半から。

まだ~?まだ~?と、ポニーテールも頑張って取らずにキープし続けるミリー。

やっと3時になったので、ミリーと二人で出発。(アリスはエディさんとお留守番。)

場所は車で20分くらい?かわいい村のヴィレッジホール。

合同バースディーパーティーなので、子供たちたっくさん!

エンターテイナーのおばさん、めっちゃアニメ声。イギリスじゃー珍しいなぁ。

f0091482_145458.jpg


最初はこのピエロのおばさん&知らない大勢のおにいちゃんおねえちゃん&保護者のお父さんたち(ミリーいまだに男の人苦手)にびびって私から離れず。。
やっと1時間近くたったらみんなに交じってゲームに参加できてました。

慣れた頃に、隣の部屋でお食事タイム。

f0091482_162432.jpg


ずらーーーっと並べられたテーブルにソーセージロールやピザ、フルーツやケーキなどたっくさん。
好きなものを取っていただきまーす。
ミリーは苺とブルーベリー、ハムサンドイッチをいただきましたー。

食事の後も、またピエロのおばさん進行でゲームやダンスが続きます。
この頃にはミリーも場になれて、お友達と仲良く参加できてましたよー。
巨大なパス ザ パーソル。ラッピングされた小包を、音楽が鳴っている間は隣の人に渡し続け、音楽が止まったときにその小包を持っていた子が、包み紙を一枚開きます。
たいてい飴やグミなどのお菓子が入っています。
最後の包みの中には素敵なプレゼントが☆
珍しく、この日ミリーもグミが当たりました!

f0091482_171330.jpg


親も参加でダンスしたり、場も盛り上がってきたところでケーキ登場。
今回のバースティーガールズ。
私立小学校へ通う子だからか?ケーキもポッシュ。
まるでミニウェディングケーキよ。かわいい☆

f0091482_174872.jpg


最後にお土産のプレゼントも頂いて、パーティー終了。
ミリーは最初怖くて近寄れなかったピエロのおばさんにも「Thank you~」なんてあいさつしてました。
このピエロ。なかなか面白かった。
進行も上手だし、さすがプロ。
ゲームの端々に、子供だけでなく、親が苦笑い赤面するような投げかけありで、みんな楽しんでたなぁ~。

それからエディのお母さんのお誕生日もありました。

f0091482_1482564.jpg


エディ母。祝67歳。
朝からケーキ焼いて大忙し。
シンプルキュートな苺ショート。ふわふわでおいしかったー。

それにしても、このお誕生日の前日。
電話でのエディ母。超機嫌悪。。。。

イギリス人にとって、カードを贈り合うのってもう文化です。
誕生日はもちろん、お礼だったり、体調くずした人へとか、出産した人などへ、とにかくすべてカード、カード、カード。。
義理母の年代の人にとったら、お誕生日のカードが家族から贈られてこないなんて大大問題!
なので私もしっかり彼女の誕生日等、ダイアリーに記して、忘れないようにしているんですが。

さて、義理母。
何を怒っているかって。
エディの真ん中のお兄さんから電話で、「ごめん、誕生日にはカード届かないかも」と連絡が入ったらしい。つまり、孫からもカード無し。(お兄さん二人子供います)
で、その怒りの矛先が義理兄の奥さん(といっても結婚はしてませんが)へ。
彼女が「(義理母の誕生日)いつだっけ?」って義理兄に聞いたとかなんとか。。
一瞬、もしやわざと?なんて思ってしまった私(苦笑)
義理兄家族と義理母たち、そんな仲良くないもんなー。。なんてね。。
嫁姑問題はいろいろこじれるとめんどくさそうです。
その点、外国人の嫁だから許されることもあるんだろうなぁーなんて思ったり。
よくわからなければ、英語わからんふりしたりできるし(笑)

あ、でも義理母のご機嫌、誕生日当日は良くなってましたよ。
なぜかって?
それはエディの一番上のお兄ちゃんから、人生で初めて、誕生日当日にバースディーカードが届いたから(笑)
でもそれはきっと、お兄ちゃんの新彼女がしっかり指示したんだよねって(笑)

今度はクリスマスカード、書かなくちゃナー。

あ、こちらはおまけ。

最近ミリーがはまっているもの。
お絵かき。
で、こちら私。

f0091482_1485287.jpg


笑顔でよろしい☆

で、こちらダディー。

f0091482_1491595.jpg


あ、毛が。。
でも、実際より多めに書いてあって、エディよろこんでた(笑)
そしてなぜかイヤリングしてます。実際はしてませんよ、もちろん。

で、こちらアリス。

f0091482_1493947.jpg


ほっぺのあたり、特徴つかんでるぞ!もちもち。

この調子でがんばってください◎
[PR]
by okunosaki | 2011-11-26 01:08 | family

ぶーつーけーらーれーたー

いつかやられるだろうなぁ~と思ってました。

私の車のサイドミラー。
がっつり壊れましたー。

f0091482_241667.jpg


あ~あ。
今朝、明るいところでみたら、さらにショックー。。

昨夜7時ごろ、玄関のドアがノックされ、エディがでました。

「あーきっと隣のおじさんかなー明日からホリデーだし」なんて思ってたら、いつまでたっても帰ってこない。いつものデカ声もきこえない。やけに静か~。。

そしたらエディが、「車の保険証どこ?」って。
ドアのところには80代くらいの小さいおばあちゃんが。
私の車にぶつけたらしい。。

彼女の住所みたらすぐ近所。
旦那さんのお見舞いに、病院へ行った帰り道だったらしい。

私の車、普段家の前の道路に駐車してます。
敷地内にはエディの車、1台分しか置けないから。
結構広い道路なんですよ。
事故当時、対向車なしの状態だったらしいし。
どうやったらぶつけられるんだ?

とにかく、その日はお互い情報交換してあとは保険会社に任せることに。

翌朝、朝からレンタカー会社、保険会社、ガレージとの連絡など大忙し。
といってもエディが全部電話してくれたけど、彼も初めてのケース。
どうしていいかわからない。
だから彼のお父さんとも連絡取りつつ、とにかくバタバタ。

レンタカー借りるのに、車の保険証、カード、私とエディの免許証と、免許取ったときの紙Counterpart Driving Licenceも必要って。
このカウンターパートのライセンスの紙、住所変更しなきゃって思って、いつもと違うところに保管してたし。
そんなの急に言われても~!と、そんなときに限って、ファイルの中に紛れて出てこない!

しかもこの朝、アリスが朝9時20分にカウンテスでドクターアポイントあって。

仕方なく、エディに仕事遅れるように手配してもらって、ミリーは家で留守番。
私はアリス連れて病院へ。

さっさと診察終えて帰ってみると、エディがライセンスの紙を探し出してくれてた。ほっ。。

で、コートも脱ぐ暇なくレンタカー会社の人がきて、エディにとりあえず車取ってきてもらって。

帰ってきてからもまたひと悶着。

レンタカー、借り賃はもちろん相手の保険会社からでますが、なぜかうちらがデポジット50ポンドと、1日6ポンドの保険代払うことに。
エディも仕事に行かないといけないから言われたとおりにカードきってきちゃったけど、よくよく考えたらおかしなこと。
うちらは被害者だし、迷惑かけられたほう。一銭も払いたくないわ。

翌日、つまり今日、ガレージの人が来てやっと私の車を引き取ってくれた。
部品の入荷次第だけど、早ければ2,3日で修理してくれるらしい。

エディが相手の保険会社に電話したら、レンタカーにかかる保険代金はおりないって言われたって。

はぁ?!!

普通相手の保険会社が全部負担するでしょ?

レンタカー会社に連絡取ったら、やっぱり普通は保険会社もちだと。初めて客が払うって聞いたって。

わたしゃエディに、ちゃんとマネージャーと話して!って。窓口の女の子と話しても埒が明かないっていうか。
これで月曜から金曜まで借りたら6ポンド×5日=30ポンドでしょ。払うわけないし。

もう、ほんとめんどくさいわーーー
まぁ、ミラーだけだから、すぐに直ってくることを祈って。。

うち、実家が車やさんだから、こんなとき、つくづく日本だったら「おとーさーん」って電話して全て解決なのに~。と、朝からぼやいてみましたよ。。
[PR]
by okunosaki | 2011-11-22 02:13 | family

教育係

f0091482_614440.jpg


最近いろんなことが出来るようになってきた1歳9ヶ月のアリス。

特に、この間ハーフタームのお休みの時に、たくさんミリーと遊んだら、さらに成長した様子。
遊び仲間が出来たミリーも容赦なく(笑)、アリス相手にBossyぶりを発揮。

f0091482_622194.jpg


ミリーは面倒見がいいというか、世話焼きすぎるというか。。
最近はアリスに、「Say Sorry」「Say Please」「 Say Thank you」って、口がすっぱくなるほどいってます(笑)
それで、アリスちゃんも「そーりー」とか、「ぷいーず」とか「たんきゅ」って言われたとおりに言うから、またかわいい(笑)

アリスに、「ありがとうは?」って日本語でいうと、「たんきゅ」って言ったので、ありがとうの意味はわかっているよう。

ミリーが最近よくする「先生ごっこ」。「I'm teacher!」とかいって、アリス相手に「ここに座れ」「本を読むから聞くように」「ダンスの時間です」「お片づけの時間デース」などなど。お姉ちゃんぶってます。
おままごともしますねー。こっちではmums&dadsっていうのね。ミリーが言ってました。
そうすると、かならずミリーがお母さん役。で、アリスはいつも赤ちゃん役。
私とエディが入るときは、私は犬だったり猫だったり(笑)エディはお父さん。

それからこの間、ミリーと一緒に粘土を作りました。
こっちで売ってるPlay doughはすぐにぼろぼろになっちゃうし、床に散らばってかなり汚れるから、ムキーーーーってなってゴミ箱へ。。
それ以来遊んでなかったけど、ネットで調べて小麦粉、塩、水、油、それからクリームターターっていう膨らし粉みたいのを買って来て、お鍋で火にかけて。
赤い食紅入れたら、かわいいピンク色の粘土の出来上がり。
ミリーもアリスも飽きることなく遊んでました。
冷蔵庫で2週間以上持つらしいので、また堅くなってきたら作ればいいし。
いいレシピ見つけた。

そういえば、今日、近所のスーパーのベーカリーで冷や汗かきました。。

食パンを買おうと思って、切れてない一塊のパンを手に取ったんですね。
ベーカリーの人に頼むと、機械でスライスしてくれるので、さて、聞こうかとパンを手に取ったところ。

ミリーが「Excuse meeeeee!!!」って棚の後ろからでてきたベーカリーのおばさんに声をかけたの。
きっと私の代わりに呼び止めてくれたのね。

そしたら、そのおばさんが、

「WHAT?(睨)「何よ!」って。

めずらしく感じ悪い言い方されて、私もびっくり。
私はとりあえず「切ってください」とパンを手渡し、一言ミリーにささやいた。

「Whatなんて言わないで、pardonって言えばいいのねぇ」って。。

そしたらなんと、ミリー。

「Excuse me lady! you shouldn't say WHAT, YOU SHOULD SAY PARDOoooN!!!!」
って、叫びましたよーーー。やーーめーーてーーー(大汗)

慌ててミリーの口を覆った私(苦笑)
そしてそういうのは、心の中で言いましょう。。と誓った私。
幸いにもおばさんはパンをスライスするために中に入っていったので、聞いてなかったと思いますが。。

いやぁ。。子供に下手のこといえないなぁと思った今日この頃。
(でもちょっとすっきりしたりして)

口が達者になってきたミリーさん。
たまに「今の、聞き間違い?」っていう汚い言葉も出てきたりして。
それに最近、スカウサー(リバプール訛り)っぽくなってきて、語尾、上がってます。。
どうかなーやっぱなんか嫌だなぁ。。
ミリーのことをなんでもまねしたがるアリスもいるし、これからいろいろ気をつけなくちゃ。
[PR]
by okunosaki | 2011-11-15 06:02 | Mil&Ali

イギリスの小学校

この間生まれたかと思っていたのに、ミリーは来年9月から小学校です。

すでに来年度の小学校受付が開始されていて、うちらも先日インターネットでオンラインアプライをしました。

もちろん書類でも受け付けるようですが、最近はネットが主流のようですねー。

日本の学校は学区の中から決められるのかな?
役所から入学願書とか送られてくるの?

イギリスの私たちの住む地域では、行きたい小学校3校希望が出せます。

オープンディっていう、学校見学ができる日もアリ。
事前に見学申し込みをして、小1時間ほど校内や生徒の様子を見ることができます。
どこの学校も校長先生などが案内してくれました。
最後にお茶やそこの学校給食に出されるビスケットやケーキを振舞ってくれたところも。
先生に直接質問とか出来るし、父親も結構参加されてました。

日本の小学校にくらべると一つ一つの規模が小さいなぁ。
全校生徒数300人超えると大きいなぁって印象です。
ワタシが通った小学校は、当時町に1つしかなかったから全校生徒1200人以上。
マンモス校の上、小学生の足では4,50分かかりました。

まぁだからこそ、体力・忍耐力ついたんだろうけど、やっぱり遠かったなぁって大人になった今でも思う。

こちらの学校は、基本保護者が送り迎え。何歳ごろから一人でも通っていいのかな?

毎日のことだから、なるべく近い学校がいいわー。

エディといろいろ話した結果、3校絞っていよいよ申し込む。

先ずはチェスターの役所のホームページから、うちらの住所など登録。

登録されるとe-mailで確認メールが送られてきて、それからやっと小学校へのアプライができる。

アプライするためのページへ行き、質問に答えながら、希望の学校をクリック。さらになぜそこの学校に決めたか理由をクリックするページも。(距離だとか宗教、兄弟姉妹が通っているなど)

それを希望3校分行い、最後にsubmit(送信ボタン)をして無事終了。

受付締め切りは1月15日。で、その結果は4月23日(だったっけ?)にわかるそうだ。

まぁとりあえず、締め切り前にちゃんと申し込めてよかった。
あとは希望するところに入れればいいなぁと祈るのみ。
今回は学区じゃないところを第一にしたから心配なんだよなー。。
第一希望の学校は家から0.2マイル(約300m)しかないのに、そこは学区外。
ちなみに学区内の学校は0.7マイル。(約1キロ強)
まぁ、それでもそう遠くはないけど、なんだか納得行かないなー。
どうか希望が通りますように!!

あ、話は変わって、先週末はボンファイヤーナイト。
イギリス各地で花火大会がありましたねー。
土曜日にチェスターホースレース場でも花火大会やっていて、6時半ごろ家族で出かけたけれど、会場内に入るのに長ーーい行列&アリスは車内で寝ちゃったし。。ということで、結局スーパーで手持ち花火をいくつか買って帰宅。
ミリー、初めての花火。
最初は怖がっていたものの、二ついっぺんに持ってみたり、くるくる回して模様をかいてみたり。
とっても楽しんでました☆

f0091482_5293136.jpg


近所であがる打ち上げ花火を見ても今年は泣かなかったし、成長してました。

でもやっぱりアリスは怖かったみたいで、音が鳴ると私にしがみついて震えてました。
来年はどうかなー。花火大会、いけるかなー。
[PR]
by okunosaki | 2011-11-09 04:56 | Mil

義兄と犬の週末

今朝もアリスは6時おき。。
いつになったら冬時間に慣れてくれるのかしら。

寒いなぁとカーテンを開けてびっくり。
霜が下りていて、あたり一面真っ白。車の窓ガラスも凍ってました。
そりゃ寒いわけだ。

そんな今朝とはうって変わって、昨日は穏やかな秋晴れだったイギリス。

ノースウェールズにある、エディさんの実家のほうへ一日お邪魔してきました。
今回はいつもよりちょっと楽しみなことが。

南イングランド、ブライトンに住むエディのお兄さん。
新しい彼女と、一緒に飼っている犬も連れて、この週末実家へきていました。

ミリーも数日前から楽しみにしていて、「わんちゃんに会ったら、ストローク(なでなで)するのー」って張り切ってました☆

予定通り午前11時に実家に到着。
義兄たちは犬の散歩で外出中。

ミリーは気が気でありません。

なんてったって、動物全般苦手なミリー。
かなりドキドキです。
犬をなでなでする。と言ってはいるものの、実は怖くてしかたありません。
はたして大丈夫か?!と周りが心配しているなか。。

わんちゃんお散歩から帰ってきました!

いきなり現れたワンちゃんにかなりびびったミリー。

「NoOOOOooooooo!!!!」っと叫びまくり、ソファーに飛び乗りエディの後ろに隠れる始末。。

だめだこりゃ。

逆にアリスは泣くだろうなぁって思っていたけど、果敢にもしっぽを触ろうとしたり、興味津々。

だけど。

アリスが持っていたお菓子をこのワンちゃんがぱくっと食べてしまい。。

泣き崩れるアリス。

私に駆け寄り顔をうずめて悔し泣き。。。

出だし不調。ははは。。これから挽回できるのか。

さて、お昼をみんなで食べた後は、村の公園へおでかけ。

f0091482_2257840.jpg


この子が今回主役の「コーディー君」3歳。
レスキュー犬だそうで、かなりの運動量を強いられるらしく、一日中運動させても足りないくらいだとか。

広い敷地だから走りたい放題。
ボールを投げたら猛ダッシュで翔りまわって、止まりません!

f0091482_22595730.jpg


日は出ていたものの、空気は冷たくすっかり冬です。

f0091482_2323182.jpg


いつもはプッシュチェアーで寝んねのアリスですが、この日は頑張ってました~。

f0091482_2361072.jpg


公園の中を流れる小川にザブーンと飛び込んで水浴びするコーディー。
犬は寒くないのかな。。
枝を投げ入れると、一生懸命口でくわえて持ってきて、また投げ入れて。。
ミリーもだんだん打ち解けてきましたよ。

f0091482_23134392.jpg


公園にある池にはいろんな鳥が。
アリスは動物好きですねー。
この日は白鳥もいました☆

このあと、隣の敷地にあるすべり台やらブランコやらで遊んで、こどもたちも疲れた様子。

義兄たちはまだまだ犬を運動させるため、車で別のところへ移動。

うちらは一旦帰宅。
子供たちを義両親に預け、私とエディで近所の牧草地へお散歩。

最近運動不足だったので、いい機会。
しっかり家から長靴持参したし、このお天気は今年最後かもだし、逃す手はなし。

f0091482_23152676.jpg


さすがに午後3時半を過ぎると薄暗くなってくるし、短いコースで。。と歩き出しましたが、歩き出すと、あっち行って見よう、こっちのほうがいいかも。。と、ぬかるんだ道をひたすら歩く。

f0091482_2319739.jpg


牧草地の真ん中で、もちろん回りには人っ子一人いなくって。

聞こえるのは鳥の声や羊がバーバー鳴いている声のみ。

やっぱりうちらは田舎が好きだなーって。

f0091482_2321777.jpg


このあと、ここ最近で一番恐ろしい体験を。

次の牧草地に、牛が放牧されてまして。

もちろん乳牛なんですが、それが20数頭草を食んでました。

で、うちらが柵の中に入ってしばらくいきますと、牛たちの視線を感じるんですよねぇ。。

じーーーーーーーっと見ていてくれるだけならまだしも、この牛の団体。。
ゾロゾロゾロ。。。と私たちの方向に集団移動、始めました。

ヒェーーー。。。こーーわーーいーーー。。

とにかくここの地を突き抜けないと、道路にでられない。。

なるべく牛から離れるように、牧草地の端っこを早足で歩き出しましたが、それに合わせて牛たちもだんだん早足で近づいてくるしーーー!!

そのうちリーダー格の茶色の牛が、ジャンプしながら一歩抜き出て、さらに近づくしー!!

アタシ、本気でやばいんじゃないかとちょっと震えがきちゃいましたよ。。

エディはよし、向こうの牧草地へ逃げよう!って言って、フェンスに近づいたら小さな小川が。。

なんだよー。。

焦ってるし、ぬかるんでるし、思ったより幅が広くてわたしゃ飛べず。。
エディは向こう岸へ飛んだけど、私がいけないからまた戻ってきてくれて。

牛って大きいね。
一頭でも近づいてきたらこわいけど、それが集団になると、マジでこわいね。
ドドドドドって足音もするし。

とにかく彼らが少し離れた隙に、うちらは牧場を走りぬけ、長靴はもちろん牛の糞まみれ(笑)
とにかくゲート目がけてダッシュ!

柵を超えてようやく一安心。。

と、そこで初めて人に会った。
ここのファームのおじさん。
「だいじょうぶか~?」って(笑)
おもいっきり見られてたよなー。うちらが慌てふためいてたの(笑)

とにかく無事でよかった~。
今度からは羊のいるファールドだけ歩こう。。

f0091482_2328583.jpg


気が付けば日もだいぶ落ちて、月も見え始め。。

f0091482_23324784.jpg


ようやく義両親の家に着くと、ミリーとアリスがビックスマイルでお出迎え~☆

このころには、ミリーはすこーしコーディーを触れるようになったし、だいぶ慣れてきた様子。

この後みんなでおいしい夕食を頂いて、帰路へつきました。

帰りの車の中で、エディがミリーに「犬ほしい?」って聞いたら、即答「NO」だって(笑)
エディさんがっかり。
彼はいつか犬を飼うのが夢だから。今回誰よりもコーディーと遊んで楽しかったのは彼だし。
夢はいつ叶うだろうか~。。
[PR]
by okunosaki | 2011-11-07 23:07 | family