<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

サッカー観戦

イギリスじゃ、フットボールですね。

行ってきました、先週の土曜日。
場所は地元、チェスタースタジアムですよー。

f0091482_7545364.jpg


この街に住んで7年?
あるのは知っていましたが、実際足を踏み入れたのは初めて。

昔、ここの付近に住んでいたので、ダービー戦(Chester vs Wrexham)とかあると、大声で叫びながら行き交う男たちを尻目に、熱くなっちゃってまぁまぁ。。なんて思っていましたが。

実はエディのお兄さんがサッカー選手。
もう37歳。選手としてはそろそろ。。。ですが、まだ現役でがんばってる義兄さん。
現在はExeterで、コーチ兼選手として所属。

実は実際彼がサッカーしてるところを、見たことなかったんですよね。
(テレビでは数回あるけど)
彼がPrestonにいた時、スタジアムまで行きましたがベンチだったし、 Blackpoolにいたときは、見に行ったけれどOFFでした。。まぁ、それぞれ試合の雰囲気とか楽しかったし、VIPの部屋?っていうのかな、ベンチの席じゃなくて、室内の観戦室?でゆっくりできたからそれもよかったんですけどね。

で、今回。現役として残り少ない?彼の試合。
しかも地元チェスターと対戦で、こっちへやってくるとあれば見逃す手はあるまい。

エディの両親ももちろん観戦したかっただろうけど、彼らは二人とも風邪気味。しかも翌月曜からカナリーアイランドへビーチホリデーへいくので、体調を気遣ってか今回はパス。
なので、うちらが行ける事になった!フリーチケット2枚を義兄からもらえたんです!
いぇい!

当日、これまたよく晴れて観戦日和。

スタジアムの近くに車を止めようとしたけど、路駐の車でいっぱい。

時間もなかったし、ミリーもいるし、それならとスタジアムの駐車場へ。

1台3ポンド。not bad.

駐車場入り口でチケット配ってるおじさんに、お金を渡しながら、どこでComplimentary ticket(優待券)をもらえるか聞きました。
(エディのお兄さんが、チケット売り場にうちらの券を預けておいてくれていたので。)

「兄が試合に出るんだよー」ってぽろっといったら、そのおじさん、
「なんだ、早く言いなよ。」っていって、お金返してくれました。
そのまま特別駐車場へご案内。
言ってみるもんだねー。らっきー。

ミリーをだっこして、いざスタジアム内へ。

プレストンなどから比べたら、とっても小さいけど、今回はミリーもいるしよかったです。このまばらな人加減が(笑)

f0091482_7561391.jpg


前半45分。
あまり動きのない試合運び。
太陽の光が暑いほどよく晴れていて、眩しかった!
ミリーも自分の影を指差しながら「あ!あ!」って。

f0091482_756469.jpg


休憩15分はさんで、後半戦。
フットボールのわからない私でも楽しめるゲームでしたよ。
無事に義兄のプレイもみれたし、よかった。
ミリーもいい子でよかった。
あきちゃうかなー、泣くかなーとかいろいろ心配したけれど、彼女なりに楽しんでいた様子(?)
椅子についている番号とか、立つとバタンって閉じる椅子に興味津々でした。

f0091482_758468.jpg


後半は雲がかかってきて急に寒くなりました。
ダディはお茶を。
ミリーはおやつのブレッドスティックを。

f0091482_7584438.jpg


ミリーさん。小指たってますけど(笑)

試合は0-0の引き分け。

義兄はその後メールで「つまらない試合でごめん!」って言ってましたー。
いやいや、意外に楽しかったです。

でも今度はもう少し暖かいときに行きたいかな。
[PR]
by okunosaki | 2009-02-23 07:59 | leisure

バレンタイン2009

今年のバレンタインは。。。

これ見よがしに、どーーーん!と、もらったバラの花束画像でも載せたいところですが。


なんにもなかったですねぇ。。

ちょっと寂しい気もしますけど、こんなもんでしょうか。

いやいや、そんなんじゃいけないはず!

イギリスだと、カップルがお互いにカードやプレゼントを交換したりします。
お友達も「バラの花束もらったよー」なんて言ってて、やっぱりちょっと羨ましいなぁなんて。

13日はエディのお父さんのお誕生日。
なのでお祝いも兼ねて、翌日14日から彼の実家へ一泊旅行。
先週末も三人で友達の家に泊まりで遊びに行ったので、めずらしく2週連続外泊続き。

ミリーのねんねトレーニングがうまくいったおかげかな。

バレンタインは、家でちょっと素敵なディナーを作ってまったりしようねーなんて話していたんだけど。
ずーーっと前に、この週末がバレンタインだなんて忘れていた頃、彼の両親から「クリスマス以来遊びに来てないじゃない!来なさいよー」って誘いを受けていたんですよねー。
YESと言ったらしい。エディが。
そしてそれをしっかり覚えている義母。
毎日のように携帯に「週末楽しみにしてるわ!!」ってメールが入るし。
断れまい。。

なのでゆっくりしてきました。
なーーんにもしない週末もまたよし。
おいしいごはんを作ってもらえたし(笑)
ミリーの面倒も見てもらえたし。

エディは今年のバレンタイン、カードすら買ってこなかったこと、とても悪いと思っていて、日曜日の夕食はおいしいディナーを作ってくれました。(私とミリーはカードを用意しましたよー。)

来年はスィートなことしてくださーい。(って、ここで言ってもだめだけどねー)

仕事探しもぼちぼち。
あまりやる気はありませんが(苦笑)
だって、産休から復帰して、パートタイムで働いていたころより、失業手当てのほうがお金もらえるんだもーん(笑)
一応いくつか当てはあるんですけど、それは後ほど。

相変わらず、ミリーをつれて歩きまわってますよ。
今日のイギリスはちょっとマイルドで、少し春めいた感じ。
火曜日恒例の日本人トドラーグループにも、もちろん徒歩でいってまいりました。

今日のミリーさん。

すべり台に興味津々。
ちょっと高いかなー

f0091482_6494174.jpg


ふふ、のぼるのむずかしいねー

f0091482_659151.jpg


おっと、みぞに あしをとられた!

f0091482_702198.jpg


まだまだれんしゅうしないとね。

最近は赤ちゃんコーナーにとどまらず、ハイハイしてホールを動き回るから目が離せません。いっぱい小さな子がいるし、みんな夢中で走り回っているからね。
トランポリンもお気に入り。すぐに上って遊んでます。
ふわふわ動く感覚が楽しいのかな。
大きくなったもんだわー。
[PR]
by okunosaki | 2009-02-18 07:00 | family

歩いた!!

ミリーさん、本格的に歩き始めました!

クリスマス前に、一歩踏み出すまでいった彼女。
しかしそれ以来、はいはいの技術進歩が目覚しく、歩くことに興味がなくなったかのようでした。

が!

お誕生日にたくさん膨らませた風船が一役買いました。

ソファに掴り立ちしながら、その風船をぽんと蹴り上げたミリーさん。

見ていたときは、あら、まぐれで当たったのかな?と思ったけれど、どうやら彼女が蹴りたかったみたい。
ダディーが蹴っていたのをみていたのかな。

その後、その風船を追いかけるようにさらに数歩、補助なしで歩きました。

何度も一人で立ち上がっては、風船をぽーんと蹴り上げ。
きゃっきゃと笑い声を上げながら何度も何度も!

歩く感覚をつかんだらしく、調子のいいときは部屋の端から端までよちよちと、歩きとおせるまでに!

ここ2,3日でかなり上手に歩けるようになりました。
子供の成長力ってすごい!

f0091482_77460.jpg


よろよろと。。。

f0091482_7111771.jpg


OOOPS!
あぶにゃい あぶにゃい。もうすこしで ころぶところだったわ。

f0091482_7143186.jpg


さて、ほんも ゆかに ばらまいたし、 あとはなにしようかなー

f0091482_716615.jpg


よし、そふぁーに のぼってやるわー!


休む暇なく、いたずら三昧の一日。すごいパワーです。

お昼寝は1時間くらい。もう少し長く寝てくれるといいなぁ(苦笑)
エディが帰ってくるのが待ち遠しいです。ミリーの遊び相手になってくれるからね。

ミリーもダディーが帰ってくるのが待ち遠しいのかなー。
毎朝、この窓からいってらっしゃーい。
夕方はここから、ダディーの帰りをチェックしてまーす。

f0091482_7203945.jpg

[PR]
by okunosaki | 2009-02-07 06:40 | family

Jobseeker's allowance(また長いよ)

失業保険手当て、やっと申請完了しました。。

つーか、なんて遅いんだわたし。

これは申請した日から貰えるらしく、みなさん失業が決まった時点でさっそく申し込むようですけれど、どうも横着な私。

ネットで申請できると聞いて、さっそくやったのが先週月曜日。
これまだ膨大な質問に答え、入力中にエラー発生すること数回。
何度も切れながら、二日かけてようやくすべて終え、送信。

で、そのさらに2日後、やっとジョブセンター(日本のハローワーク?)の人から電話があり、さらに書類等のチェックが。
でも運悪く、その日は働いていたお店の片付け、箱詰め作業を手伝いにいっていて、手元に資料がなかった。。持ち運べばよかった。。

しかたなく、またこちらからジョブセンターに電話をかけ直すも、まったく通じず。。
しかも携帯からなので料金かかるし。
けっきょく2日かけつづけたけど、無理。。

で、雪の降る中、今週月曜日、やっとジョブセンターへ足を運ぶことに。

最初から出向いていればよかったわ。
ばかなわたし。

そこで待ち受けていたのは、また新たな試練。。

ジョブセンターの人に、これまでのいきさつ(ネット申請と電話のこと)を伝えたけど、結局彼らは、
「ここの電話番号に外から電話して」
って。一枚の紙切れを渡された。

「外から電話するってどういうこと?」

っていったら、「そと(どこかの)の公衆電話から電話かけて」

っていわれた。
いやいや、おっさん。
外は雪。そして私はバギーに赤ちゃん連れ。電話ボックスには入れません。
なんとかしてくれ、と頼んだら、しょうがなく奥のデスクの電話を使わせてくれた。

ラッキー。

かわいそうな子連れのアジアン女性。ミリーの笑顔もヘルプしたのでしょう。

渡された電話番号へかけるけど、音声案内と、自分の住んでいるポストコード(郵便番号)を言うと、その音声を判断して私の住む地域のジョブセンターへつながるようだ。

で、そこでつながった人に事情を説明。
でも私のネットでの情報はないとのこと。

またちがう番号を教えられかけなおす。
そしてそこでもまた説明。
で、その人、たった一言、「だから?so?」

かっちーん。

なにそれ。
こっちが聞きたいわ!

つーか、どうなってるのよ、なんでそんなに難しいの?こんな単純な申請が!?

いや、単純じゃないのか。単純じゃいけないよなー

なんていろいろ考えながら、あきらめてつつ、さっきデスクを使わせてくれたおじさんにありがとうを言いにいくと、またちがうアドバイスが。

仕方なく、一般のひとたちが仕事探しのために使える電話を使わせてもらって、また違うところへかけてみる。

そこで出たのが、スコットランド訛りの女性。
でーたーよー。

わかんない。

ほんと何言ってるのかわからん。いらいら。

私があまりに聞き返すから、そのスコティッシュ女もいらいら。
最後に「もういいわ、何語話すの、あんた?!」って感じで聞かれたから、ジャパニーズっていったら、どこかに転送され、そこに出たのが怪しげな日本語を話す男。

明らかに日本人じゃないけど、ちょっと話せますって感じ。
やたら「あのー、あのー」を繰り返して、肝心の箇所の日本語は聞き取れない。

いらいら。

その人に、英語で話してくれたらわかるから!っていったら、今度は軽いスコットランド訛りの若い女性に代わって、今度は違うアドバイス。

事情はわかったから、今度はこっちの番号にかけてごらんって。

その番号。一番初めにかけたんですけど。

で、その人、「ポストコードは言わないで、絶対言わないで!」

??ポストコード言わなくていいの?
だったらそういう機能、つけるなって!

しかも、また受付の人に頼んで、デスクから電話をかけるようにっていわれた。いろいろ個人情報をきかれることになるからって。

しかたなく、またまた事情を話して、さっきのおじさんに頼んで電話を貸してもらう。
なんだか最後はおじさん、いい人になってきて、すんなりデスクに通してくれましたよ。

今度はポストコードを聞かれたとき、ただ沈黙。
しばらくするとどこかに通じたもよう。

でたのは若いかんじのいい男の人。
すっごくクリアな英語。
なんてわかりやすい!
しかも、私の英語も一度も聞き返すことなく、すべて聞き取ってくれる!
すてき。

この人からまたたくさん質問をされ、その合間に世間話までする始末。
いい人にあたった。
どうやら彼の奥さん、日本人。しかも娘さんもいて。この間大阪行ったんだよーとか。
どおりで私の英語を聞き取れるわけだわ(笑)

もうそろそろというときに、いままでいい子でいてくれたミリー、とうとう飽きたのが騒ぎ出した。

どうにか面接のアポをとり、それが翌日の午前中。

ということで、翌火曜日、朝からジョブセンターにまた行ってきて、どうにか申請完了しました。
面接も待ち時間が長くて、ミリーも飽きちゃって大変だったけど、彼女もがんばりました。

また来週、サインしにいって、それからは毎2週ごと、サインと、就職活動報告をしないといけません。。

早く仕事見つかるといいなぁ。
とりあえず、いくつかCV送ってみまーす。
[PR]
by okunosaki | 2009-02-05 07:35 | work