<   2008年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

40th Wedding Anniversary (1)

先週土曜26日から2泊3日で, エディのお兄さん家族が住むブリストルBristolへ。

エディ父母の結婚40周年記念を祝おうと家族集合だったんです。

チェスターからブリストルまで車で3時間半くらいでしょうか。
夕方ごろ彼らの家に着く予定だったので、ゆっくり出発。

午前中はミリーの相手をしながら, ランチボックス(サンドウィッチやサラダなど)を作ったり, 荷作りしたり。
で、12時ごろ予定通り出発!

世間は夏休み、しかも週末。モーターウェイは混んでるかなぁと思ったけれどかなり順調。
久しぶりの南下! なんだか空気が違います(笑)

最初、エディの両親の車1台で一緒にブリストルへ行こうと言われましたが, 無理でーすとお断り。
プッシュチェアーとかで荷物がいっぱいだし。
それにうちらだけの方が、もしミリーがぐずったりしたらサービスエリアとかで気にせず休憩できるしね。

なのでエディの両親とは、ブリストル手前のサービスで待ち合わせ。

モーターウェイに乗ってしばらくたって, エディが "もしかしたらMum&Dadに会うかもねー" なんて。

そんな時、私の携帯にメッセージ。エディママから。
"私たちはnear Telfordよ。あなたたちは今どこ?"

って、うちらはnear staffordじゃん。こりゃほんとに会うかな?

と思って、ノースウェールズと交わる分岐点を通り過ぎ、ふとビュンと横を通り過ぎていった車。。。
ヒャーーー!
レズリーさん (エディ父) じゃぁ、あーりませんか。
彼のローバーです。間違いありません(笑)

もうびっくりっすよ。噂をすれば!

さっそくエディママの携帯へ電話してみる。
エディは車を横に並ぶように走らせ、彼らも気がつき手を振る(笑)

次のサービスに寄ってピクニックしましょうという話になりました。

こういう偶然ってあるんですねぇ。
まぁ、同じ時間帯に同じ場所に向かっていたわけですが, まさか高速の上で会うとは。

さて、無事にサービスへ寄り、駐車場の一番端っこへ車を停める。
レズリーさんの得意技なんです。
駐車場での鉄則。空いていようがいまいが, 建物から一番遠いとおーーーい場所に駐車すること(笑)
最近エディもそうするようになってきて困ってます(苦笑)

それから何年も会っていなかったかのような挨拶を交わし(笑)、木陰にブランケットを敷いてピクニック。
私たちも持ってきたサンドウィッチやマフィン、果物などを出し、かれらもランチを広げる。
f0091482_22114347.jpg

エディママ、サラダボールごと持参です。
"ドレッシングないの?" というエディ父に、"はいどーぞ。"
どんっ!っ と置かれたmassiveオリーブオイルのボトル。
何リットル入りだよ?!つーほどでかいボトル持参。さすがです(笑)
f0091482_22162452.jpg

それにしてもすばらしいお天気。
ミリーにはちょっとこのサングラスでかいね。赤ちゃん用買おうかね。
f0091482_22222350.jpg

そのプラスティックのお皿は食べられませんよ。


無事にエディ兄の家に到着。

ミリーの従姉弟たち、ホリーとマックスがさっそくお出迎え。
ガーデンで遊びつつ,そのまままったり。

明日はブリストルの街へ行くとのこと。
私たちは彼らの家に泊まらせてもらいました。
f0091482_530338.jpg


ミリーさん。初めての車に挑戦。お座りもだんだん上手になってきました。
f0091482_5323861.jpg


[PR]
by okunosaki | 2008-07-31 05:53 | family

悩み色々

昨夜、食後のデザートにスフレチーズケーキを焼いたんです。

で、焼きたてより翌日ひんやり冷やした方がおいしいと思いつつも, せっかくだからエディさんに一切れどーぞ(ハート)ってな感じでサーブしたら,

"It's OK"

だ-と-YO!

わたしゃがっかりでしたよ。

おいしくできたのにさー。私的に。

どうやら甘さが足りなかったらしい。
ならばと粉砂糖をふりかけてあげたら,あら、見た目にもおされ。
なのに"かわらん"って言われてno moreっすよ。

砂糖とバターたっぷりのケーキに慣れたイギリス人の舌にゃー、この繊細な味などわからんのよーっ!(まぁ、あれはあれで美味しいんだけど)
まぁ仕方ない。

なので今日そのケーキを持ってお友達のお家へ。
日本人のみなさまに食べていただいたら好評。安心。


ミリーの離乳食、あいかわらず。。あまり進んでおりませぬ。
でもゆっくり本物の味を食べていこうね。

イギリス人って、乳児/幼児にチョコレートやジュースを気にせず与えるそうで(噂ですが)。。
そんなことうちのミリーにさせたくないわ。
でも9月から仕事復帰を決めたので、週1、半日義母にミリーの子守をお願いするんです。
3人育てたお義母さんですが。。。わたくし不安でいっぱい。

だってね、荒いんです。扱いが。

よだれが出てるわ!っていって, タオルでごしごしこするし。
カーシートにいれるわね!っていって、頭をごつってぶつけるし。
暑いわ!!っていって, 勝手に服脱がして裸にするし。
泣けば"マミー!!"っていって渡してくるし。
ちょっとくらい。。っていって、彼女の飲んでいる白ワインを飲ませるし。

ありえない。

たった5時間。されど5時間。

仕事復帰, やめるかな(苦笑)

最近ちょっと心配してるのがミリーのヘアー。
伸びません。ちっとも伸びません。
なのでちょっと想像。

f0091482_1725945.jpg
林家ぺー風。
f0091482_17254293.jpg
いや、こんなだったり。
f0091482_17261556.jpg
こんな風になっちゃったらそれも困るね(笑)
[PR]
by okunosaki | 2008-07-19 06:47 | family

Funeral

先週の金曜日。

朝から雨。

この日はエディのおばあちゃん(グラン)のお葬式でした。

いつもきちんとお化粧をして、真っ白な髪をくるくるっと巻いて、きれいにマニキュアをして。
ほんと"典型的なイギリスのおばあちゃん"でした。まるでクイーンだねってみんなに茶化され,その度にフフってキュートな笑みを浮かべて。

93歳のグラン。
35年前にダンナさまを亡くしてからは独り暮らし。
でも, 周りにたっくさんのお友達が住んでいるから寂しいことはないって。
倒れる前日も、バス旅行で出掛けて。ちょっと疲れが出たようで。
その夜熱を出しそれから起き上がれなくなった。
半年前のこと。

毎晩お友達とテレビをみたり、ダンスをしたり、お酒を嗜んだり。
それができなくなったグランは, 会う度に小さく, 弱弱しくなっていって。

ミリーが生まれてからは、できる限り会わせてあげたけど, だんだんミリーを抱っこする力もなくなってきたとき、あー、もうそろそろだなぁ。って。

いろんな病院を転々とし、最終的には彼女が一番幸せな時を過ごした村へかえってきた。

食事も取れなくなって、大好きなチョコレートもいらないって言うようになって。

エディの両親は敢えてチューブをつけないでほしいってお願いした。
彼女が食べたくないんだから, そっとしておいてと。

末っ子のエディはおばあちゃんっこで、いつもグランにだっこされてたって。
まるまるしていたグランが枯れ技のようになってしまって、"もう僕の知っているグランじゃない"って。
最後は眠るように息を引き取ったって知らせを聞いた時、ほっとしたって。
もうこれ以上痛くもないし、苦しくもない。
upsetしていない自分はおかしいか?って私に聞いた。
おかしくないよって。

突然の知らせなら、悲しみも悔しさも驚きもすべてごっちゃになるだろうけど、長い間見守ってきて, 見守り切ったからいいんじゃないって。


お葬式は午後2時から。

お昼ごろ、エディの実家に親族が集まり軽く昼食。
エディの叔母夫婦に従姉妹二人。とてもちいさな家族なのです。

いつもはクリスマスに集まるメンバーだから, なんだか不思議な感じ。

大往生したグランの人生を祝おう!と、エディの父が乾杯して、みなで楽しく食事を取る。
これからお葬式っていう感じはなく、まるでお誕生日パーティー。

食事を終え、では教会へ行きましょうとそれぞれ車へ乗り込む。

教会へ着いたのは2時10分前。

朝から降っていた雨は止み、どんより寒々しい空。

午後2時。教会の鐘が鳴る。

エディと彼の兄たち。それから従姉妹のダンナさんと若者二人。計6人でグランの棺を運ぶ。
その後ろに, エディの両親、叔母夫婦、従姉妹たちと、私, ミリーで教会へと入る。

パイプオルガンの音に導かれ、教会にはたくさんの人がすでに座ってグランを待っていた。

牧師のスピーチ、Hymn(讚美歌)を3曲、従姉妹のスピーチ, それからグランの息子(エディの父)による、彼女の93年間の歴史スピーチ。

1時間以上に及んだこのサービスの間、ミリー、がんばりました。
ときどき声をあげたものの, 無事に最後までグランのサービスを見届け終えることができました。

パイプオルガンの音とともに, また男たちが棺を持ち, その後ろに親族、それから参列者が続き向いの墓地へと向かう。

教会の鐘が鳴り響き, perfect funereal weatherの中、墓地からノースウェールズの丘を見下ろす。

ついた場所はグランのダンナさまのお墓。
同じ場所へ穴が掘られ、牧師のスピーチの後, 男たちがゆっくりグランの棺をその穴へ下ろしていく。

それからお花を投入れ、最後のお別れ。


この後は, グランの住んでいたフラットの隣のホールへ戻る。
みなでお茶とケーキ、サンドイッチをいただきながら楽しくおしゃべり。
お葬式だけど, パーティー大好きだったグランらしいお葬式でいいよねってみんなで話した。

今ごろダンナさんと会ってるかな?
35年も離れていたら, 積もる話もあるだろうね, グラン。
[PR]
by okunosaki | 2008-07-14 22:27 | family

離乳食&寝返り

生後6ヶ月ということで、先週からようやく離乳食を開始しました。
最初はおかゆがいいというので、さっそく日本米を炊き10倍がゆをつくってみました。

日本から来たお友達から、小さなすり鉢セットをおみやげいただいたので、さっそくそれを使って離乳食づくりです。
けっこう楽しい。
というか、小さいからおままごと気分ですよね。

おかゆはおいしそうに食べてくれましたよ。
ひと安心。
これから徐々に食べる量を増やしていけばいいんですよね?
どれくらいあげたらいいのか分からないのです。

それから別の日に,人参とじゃがいもを挑戦させましたが、いまいち。
ごはんほど、食は進みませんでした。

さて、今日もお昼時, おかゆを食べさせようと作っている最中, ふと思いついたのがイギリスで売っている離乳食。f0091482_22442644.jpg
この間、試供品のセットバックをもらってその中にオムツとか洗剤、離乳食もあったんです。

で、ものは試しでその中のうちの"Cow&Gate"社の"baby balance fruity breakfast"つーのを食べさせてみることに。
ステージ1で4ヶ月からOKって書いてあるし、大丈夫だろうと。
作り方は簡単。この袋に入ってる粉(リンゴ、バナナ、オレンジ、スキムミルクパウダーなどのほか、カルシウム、鉄分なども含まれる)を、湯冷ましで溶いて飲ませるようだ。

おかゆが出来るまでちょっと時間があるからあるから, これをほんの少し食べさせてみた。

最初は離乳食用スプーンで1/3。

なんだこれは?って顔でとりあえず舐めてるミリー。
不味くはなさそうだ。

ではもう一口。

食べた。ちょっとこぼしたけど。

もう少し食べるかな?って,スプーンを口に持っていくんだけど、口を開けつつ顔を振る。。

なんだろな。

と、突然すごい勢いでミリーがスクリームして顔を擦りつけてきた!!

なんだなんだと抱き上げてみると, 口の周りがまっか!!
ぶわーーっと唇もほっぺもあごも腫れてきて、彼女も痒そうに手で擦ってる!!
ひぇーーーー!!!
もうびっくりっすよ。

私パニック。

彼女をだっこしてそのままキッチンへ。
タオル片手に蛇口をひねりすぐに水で洗い落とそうとするも、ミリーは痒くて泣き暴れるわ、私も片手で抱き上げ、もう片方の手で水をすくいミリーの口元を洗おうと必至。

パニくってましたから(笑)

そのままミリーをリビングへ連れ戻し, 今度はお湯とコットン持ってきて顔をふいてあげた。

口の周りが真っ赤に腫れ上がって、まるで赤ひげだよ。
痒くてもがくミリーの両腕をがっしり押さえて, ごめんねぇごめんねぇってだっこして。

いやぁおそろしいね。かぶれって。
すごい勢いで出たもんだからびびったよ。

1時間もしたら赤みも腫れもひいて、痒みもだいぶ治まったみたい。
よかったよ。こわかったよー。

一体何に反応したんだろう。

これから離乳食でいろいろ試させるけど、今回みたいに反応するかも!と思うとこわいわ。

今は落ち着いて、いつもの場所で寝返りの練習中。
f0091482_22473833.jpg

よいしょー!って思わず私も力が入る一瞬。
もう少しなんだけどねー。

f0091482_22514146.jpg

[PR]
by okunosaki | 2008-07-10 22:55 | family

お呼ばれ

この間、ミリーさんはお友達のお誕生日会に出かけました。

イギリスでは、こういったホールなどを借りてお誕生日パーティーをするんですね。すごいわ。
日本でもそうなのかな?

今回は、毎週火曜日に参加している"日本人のプレイグループ"(クリックするとブログへ飛びます)のお友達からの招待。
いつも使っている馴染みのホールで。
みんなドレスアップして、顔にはペインティングしてもらってる子も!

子供たちのディナープレートには,ママたちの手作りパンやビスケットなど。
別のテーブルには、大人たちへ飲み物やブッフェ式のお料理も用意されていて、ほんと素晴らしい!

さっそくミリーをバウンシングチェアーに乗せて, 私とエディはお料理をいただこうと彼女から離れました。
そこへ、保護者のお父さんが, なぜかテレタビーズの紫のやつ, f0091482_21185454.jpgこの一番右のね。
このキグルミをきてたわけですよ。
それでミリーに近づいて、ちょこっとご挨拶。。
ミリーさん泣きました(笑)大泣きです。
普段あんまり泣かない子だから、ちょっとびっくり。でもなぜかうちら笑ってしまった(笑)そっかー、こういうのが怖いのかと,ちょっとミリーの個がでてきたことに嬉笑い?
その後もこの紫のものが近づくと顔を引つらせてました(笑)顔がびびってるし。
f0091482_21361569.jpg

それにしても腕がむっちむちです。すごいっすよ。
おっと、よだれでお口が光ってますぜ姐さん!
f0091482_2057234.jpg

楽しかったねェ。ミリーも大きくなったらこんなパーティーできるかな。
マミー頑張るわ!(汗)
[PR]
by okunosaki | 2008-07-09 20:58 | chester

里帰り日記4 "日光編"

だらだら更新ですが、私の記録としてまたちょっと日本旅行記を。

今回の帰省中、ワタシク誕生日を迎えましてね。
次の世代に突入したわけです。
で、当日は日光へ。渋いね。

道すがら立ち寄った草木ダム。関東の水がめですよ。
f0091482_453967.jpg

エディはダムを見たことないんだって。
なんか007に出てきそうだ!って興奮してた(笑)
ほんといいお天気でまぶしかった。緑がすごいわ。
f0091482_551267.jpg

無事に日光東照宮へ。
私も今回で3度目なので運転していてもけっこう余裕が。
だけど途中, カーナビに騙されて足尾の街へ迷い込んだけどね(汗)

さっそく境内へ。

ここの並木通り大好きです。
f0091482_574146.jpg

小学生の団体さんが多かった。
あと、韓国人の団体さんも。

おじさんが親切に撮ってくれた貴重な3ショット。
私、不意討ちで微妙な笑顔ですが記念に載っせまーす。
f0091482_2215439.jpg

さすが世界遺産だね。何度見てもすばらしいなぁと。

ちょうどこの写真を撮ってもらった前には"目ざる、言わざる,聞かざる"のおさるさんたちが。
エディはこれがオリジナルだとは知らなかったみたいで、教えたら感心してましたよ。
それから野生のサルが見たいと言うので、いろは坂から中禅寺湖に行ってみることに。

車に乗り込んだ途端、雨がぽつぽつ。。
雲行きが怪しいけれど、まぁせっかくだからと走り出す。
途中かなりの本降りに。

いろは坂の途中には, 日光市を見下ろすビューポイントもあるけれど、それどころじゃない。

前回は坂の途中にお猿さんがひょっこり! なんてこともあったけど、今回はこの雨じゃねぇ。残念ながら会えず。

どうにか中禅寺湖に到着。でも車から降りることは不可能。
そとは土砂降り。雷までなりだす始末。
湖水にはぽつりぽつりと釣りをしているボートが浮かび,心配になる。

そのうちガツンと何かぶつかる音がするかと思ったら,ひょうが降ってきた。

ひょうの降る中,車内にいたことないと思う。
とにかくすごい音で、エディと会話もできない。つーか、お互い固まってた(笑)窓も割れるんじゃないかとヒヤヒヤ(汗)

通り雨だったようで、さっと雲が引け,さっきの嵐がウソのようにおさまる。。

湖水の上も、アスファルトからもモヤが立ちこめ、辺は一瞬にして幻想的な景色へと。
入道雲が青い空にまぶしく浮かび、雨に濡れた木々も道路もキラキラしている。

なんだかキツネに抓まれたようだわ。
写真も撮りそびれた(笑)
この時、ひょうの音にびびったミリーさん。うんちしちゃってました。私たちも景色を楽しむ前にオムツ替えのほうに集中(笑)新米っすから。

さて、雨も上がったし、次の目的地、華厳の滝へ。

道すがら、さっきの嵐に遭遇したのか,すぶぬれの遠足中の小学生を数人見かけた。
かわいそうにねぇ。
さっきの嵐で気温も下がり、寒そうに歩いてる。
ほんの数分、室内にいればよかったのにねぇ。集合時間が近かったのかな。要らぬ心配まで。

この日は確か月曜日。
週末は込み合うはずであろう周辺の店や駐車場はがらあき。

目的地へつき、さっそく滝の入り口へ。

駐車場からも滝は見下ろせるけれど、せっかく来たのだからと、専用エレベーターで下まで降りてみることに。

プッシュチェアーは使えないとのことで、端によせて預かってもらう。

ミリーをだっこして、やたら広いエレベーター内へ。
観光客より、係の人のほうが多いくらいだ。
100mほど一気に下がる。

到着してドアが開くと、ぶるっと身震いするほど寒い。なんだか鍾乳洞を思い出させた。
話す息も白かった!エディとあわててミリーに上着を着せる。

すごいねぇと濡れてる足元に気をつけながら,さらに下へと降りていく。
私も初めての滝なのでちょっとどきどき。
なんか"水"に惹かれるのよね。
f0091482_5504571.jpg

すごい轟音と水しぶき。
真夏なら気持ちいいだろうねぇ。マイナスイオンいっぱいだよ。
ここの反対側の景色も絶景。
日本の山は、深いよね。なんかこわい。

さっきの嵐のせいか,水嵩も増していたのかすごい迫力。

上から見る滝はこんな感じ。
f0091482_5531141.jpg

[PR]
by okunosaki | 2008-07-06 21:42 | Holiday

いつのまにやら。。

最近またネットできなくなって更新できなかったうちに、ミリーさん。。6ヶ月になりました!
f0091482_2385454.jpg

早いよね。ほんと早いです。

彼女は生まれて2ヶ月で出産時の倍の体重となり、首はすわるわ、スマイルするわ、なんだか成長の早さに驚きの毎日でしたが、ここのところそんな成長は穏やかに。。。
見た感じ,そんなに変化はありません。
髪の毛はあいかわらず薄いし(笑)

あ、でもとうとう歯が生えはじめました!!
下の歯茎から、白い透明な米粒みたいなのがみえるんですよ。

ここ数週間、やたらとよだれの量が増え、手を頻繁に口の中にいれるもんだから"そろそろ歯がはえてくるねー"とみんなに言われてました。
本によると, ほっぺが赤くなったりおしりが赤くなったり、(よだれや尿が酸性にかわるんだって)夜中起きるようになったり。。
いろいろ書いてあるんだけど、どれもあてはまる。。

うーん、成長してるのね。
いつもころがして、、いや、遊ばせておくプレイマットがあるんですけど、そこにぶらさがっているぬいぐるみとかすごい勢いでひっぱったり。
2ヶ月前は上手に遊べなかったものが、今は掴めるようになったから遊びの幅が広がったのねぇ。
f0091482_23253729.jpg

手がだんだん使えるようになったのはすごく嬉しい。
けど、その半面,なんでも口にいれようとするし,物をつかんだ後の加減がわからないから顔におもいっきりぶつけちゃったり。顔もひっかくしねぇ。
これで動き回るようになったら。。ふぅ。ほんとに目が離せないわね。

まだ寝返りしないんですよね。体が重いのかな。
[PR]
by okunosaki | 2008-07-04 23:26 | family