<   2007年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Christmas 2007

今年のクリスマスも、エディの父母のお宅へ招待を受けました!

クリスマスイブの12月24日、車いっぱいに荷物&プレゼントを詰込んでいざ出発!

彼らの家まで車で40分ほど。お天気が崩れて雨の中のドライブ。
それでもクリスマスソングのCDをかけながら、歌い踊りであっという間に到着(笑)

午後2時前に着いたのですが、ちょうど彼らはエデイの叔父& 叔母さんたちとランチ中でした。
私たちは勝手にお茶を入れ(笑), ケーキをつまみながら彼らの周りに座り, 会話に参加。
前日に作ったミンツパイを持っていったのですが, そこでもみなさんに大好評!

クリスマスイブはいつも通りディナーを頂き、ピアノをひいたり、テレビを見たり。

でもこの夜は、近所のパブでクリスマスキャロルを歌うとのこと。エディママ、毎年地元のミュージカルに参加するほど, 歌踊りが大好き。この日は風邪気味のエディ父の代わりに、私とエディが付いていくことに。

パブにはすでにたくさんの人がいて、ちょうどピアノに合わせて歌い始めたところ。
f0091482_424531.jpg
エディママ、ワインのせいか、いつもよりさらにハイテンション! 歌ってる皆さんを仕切り始め, 私は見てて面白かったけど、エディはかなり恥ずかしかったみたい(笑) 1時間ほど歌い飲んでの帰宅となりました。楽しかった!

翌日25日。クリスマスディ。曇り。

朝はゆっくり起床。朝食をいただいてのんびり。プレゼントを開ける前にエディのあばあちゃんに会いに行くことにしました。

毎年おばあちゃんも一緒にクリスマスを祝っていたのですが, 今年は体調を崩し断念。現在は日本でいう"老人ホーム" に住んでいます。
f0091482_434658.jpg
同じ村内なのですぐに会いにいけてよかったけど、やっぱりいないのは寂しいですね。

家へ戻り、コーヒーを飲みながらプレゼントを開けることに!!
f0091482_465284.jpg
これまた大騒ぎで、大量のプレゼントを一つづつ開けながらワイワイと盛り上がる!

エディの両親からLe Creusetのお鍋とか、出産のとき病院で着られるガウンとか、もうさすがです!っていうプレゼントを頂き嬉しかったー! エディからもたくさんのプレゼント。中でもあったかブーツのスリッパは, 妊婦の私に最適! だって足元見えないから、階段とか危ないなぁって思ってて。 これなら大丈夫!
f0091482_481922.jpg
さて、みんな大満足なプレゼント交換も終わり、いよいよクリスマスディナーの準備です。
今年も巨大なターキーが待ってました。エディママがメインの仕込み中、私たちは野菜の下準備を手伝いました。
f0091482_485691.jpg
ターキーもオーブンに入り、ちょうど空に晴れ間が見えてきたので,私とエディ、エディ兄の3人で近所の丘へ散歩へでかけることに。
f0091482_410360.jpg
f0091482_410567.jpg
さすがに長くは歩けないなぁと思ったので、私は途中で引き返すことに。雨上りで爽やかな,穏やかクリスマス。とても静かで、なんだか実家(日本)のお正月を思い出しました。
f0091482_4113882.jpg
f0091482_4121711.jpg
ターキーもおいしそうに焼き上がりました。
f0091482_4124736.jpg
午後3時半,いよいよクリスマスディナーです。
エディママよ、今年もすばらしかった!!!
いつもはエディ父、ターキーを薄くスライスするように切るのですが, この日は前日テレビで英人のシェフ,ジェイミーオリバーがやっていたように、ステーキみたく厚く切ることに。そうしたら全然パサパサしていなくて、ほんとにおいしかったです!

おなかいっぱいで皆さん動きたくないほど食べ、そのあとはリビングに移動。のんびりリラックスしたクリスマスとなりました。
f0091482_4162617.jpg
いつしか私もこのクリスマスディナーをつくることができるのか。。
がんばらないとねー
[PR]
by okunosaki | 2007-12-29 07:51 | family

妊娠37週目

今日は今年最後のミッドワイフ検診。セールで賑わう街を抜け, 雨の中ようやくGPへたどり着きました。

いつも通り血圧、尿検査をして、どちらも異常なし。いぇい。

ベットで横になり, お腹の大きさを測ってもらうと、いい感じに育っておりました。37週目ということはもう臨月。赤ちゃんはいつ生まれてもいいわけで、私も最近ちょっとナーバスです。

実はクリスマス前の日曜日、ちょっと気になることがあって気弱になってたんです。
週末ということもありGPは閉まってるし、かといってクリスマスイブから3日間、エディの実家で過ごすから、こんな心配してちゃせっかくのクリスマスが楽しめない! ってなって。。
だんだん不安になってく私を見かねて、エディさん、日曜の夜10時に病院へ連れていってくれました。
この夜病院はとても忙しかったらしく、私たちのほかに, すでに何組か待合室におりミッドワイフを待っている様子。
やっと私の名前が呼ばれ, 個室の診察室へ。そこで待つこと15分。血圧を図り、またミッドワイフさんどこかへ。。。クリスマスだからか, 頭にトナカイの角のかぶりものしてました。
こんな感じでちょこっと検査してまた15分後の診察を繰り返し、結局異常なし。病院を出たのが夜中3時となりました。
異常なしでよかったけど、なんか一人で慌てちゃって悪かったなぁって。。

そういえばその時病院で、30分くらい赤ちゃんの心音を聞ける機械をお腹に張り付け、その心電図? はとってもいい感じで "ハッピー&ヘルシーベイビーね!" って褒められました。うれしかった。イギリスだとお産まであまり検診しないから、細かく診てもらえる機会が増えてよかったかな。

さて、今日の検診で、ミッドワイフが私のお腹の上から赤ちゃんのポジションチェックをしていたところ、なんだか ? 顔。
いつもより長めにチェックしてくれたけど, それがまた痛いいたい!
けっこうぐいぐいお腹を押されるから, お腹もすごく硬くなるし, 思わず "Please stop it!!"って!

助産婦さんがいうには、赤ちゃんは下向きのポジションっぽいけど、100%そうとは言えないから, もう一度スキャンして再確認した方がいいとのこと。彼女はその場で病院へ電話をして,アポイントとってくれました。
もし"さかご" だったら、お腹のそとから胎児を回して頭位にするか。。それか帝王切開。どちらも、どちらかといえば避けたいので、まぁとりあえずスキャンは来週月曜。大晦日に病院へいくことになろうとは。

4度目スキャン、どうぞいい結果となりますように。。
[PR]
by okunosaki | 2007-12-29 05:40 | family

昨日のチェスター

ギリシャ旅行話の間に割り込んで、昨日のこと。

やっとクリスマス休暇が始まったエディさん。
この終末土、日を使って、クリスマスプレゼントを買うとのこと。

毎年のことながら、ラストミニッツでございます。

普段の疲れと、午前中のドンよりお天気+小雨パラパラ。。。結局家を出るのが午後3時となってしまいました。

午前の天気がウソのように回復して,青空が見えたので, 私も一緒に歩いて街まで行くことに。

家から街のちょうど中間辺に、ディー川を望める大好きな場所があるんです。そこからの景色を眺めるのは、お散歩の特権!
f0091482_06394.jpg
午後3時ですが,この夕日。。思わず立ち止まって、この静かな時間を堪能。。
f0091482_05221.jpg

5時頃,ふと空を見上げている人に気が付き、私も見上げる。。

すっかり日の落ちた夜に, イルミネーションに負けないくらい輝いている月を発見!
なんだかちょっと得した気分。
f0091482_064464.jpg
この後エディと合流して, 家までまた歩いて帰りました。

でも最近、尾てい骨が軋むように痛くて。。。この時も、途中何度か立ち止まってはまた歩き出しの繰り返し。気がつけば妊娠10ヶ月。臨月ですね。
満月の日は出産率高いらしいから, この月のパワーのせいで痛むのかな。。
[PR]
by okunosaki | 2007-12-24 00:08 | chester

Holiday in Greece

9月17日から24日まで,ギリシャにある島の一つ、ザキントス(ギリシャ語Zakynthos, 英語Zanteザンテ)に行ってきました。

エディと出会って数年。。うちら英国内はいろいろ旅行しましたが, 海外へ行ったことはなし。
3月に日本へ帰りましたが、それは私にとっては里帰り。どこか行きたいなぁと思いつつ, なかなか。。。

そんな中私の妊娠がわかって、いよいよ二人だけの生活が期限付きとなり, こりゃ行けるうちに行っとかないと! ってことで早速有給休暇をブッキング。

じゃぁどこへいこう?

今年のイギリスの夏はほんと寒かった。
夏らしい日......ほとんど記憶にありません。
ならばどこか暖かい国。。イギリスから遠くなく、 ビーチがあって、 二人とも行ったことない場所。

アドバイスを聞いてみようと寄った旅行代理店。
さすがプロ。さっそくいくつかパンフレットを持ってきてくれて案を。

そこで一目惚れした1枚の写真。

青い海。断崖絶壁の小さな入り江に真っ白な砂浜。そこにぽつんと取り残された難破船。。。

あぁ。。この景色をこの目で見たい!!って考えただけでどきどき。

さっそくそのパンフを持ち帰り, エディに提案。

ギリシャには私は母と。
エディもロードス島など行ったことはあるが、この島はない。
条件にすべて当てはまった。。決定!!!

フライト+ホテルをネットで予約して、レンタカー借りて, ギリシャだから水着もいるってエディに言われたけど、私は妊婦だし、水着なんて。。。と思いながらもビキニ購入(笑) これまた買っといてよかった! あまりに暑くて毎日来てましたよTシャツの下に!

さて、旅行当日。9月17日。

フライトはマンチェスター空港から午前8時。最低2時間前にはチェックインしたいから、家を出るのは5時。。

なんてこれから起こる状況を知っていたら午前3時に家を出てましたけどね。

さて、小雨の降る中、無事駐車場に車を預け、吐く息白く空港に着いてみてびっくり。

9月だからホリデーの人も減るはず! っていうのがすでに間違い。

チェックインするのも長ーーーーい行列。

やっとこスーツケース預けてチェックインし、さて早めに出発ロビーに入ろう。。って、その入る前にすでにまた長ーーーーーーーーーい列。

ワタクシ、これまで何度かいろんな空港を利用しましたが、あれだけ混雑してストレスフルな状況は初めて!

出発時刻まであと30分!っていうときでさえ、まだまだ出国コントロールの入り口まで長い列。。。さすがに私たちイライラするし、焦るし、空港の人にうちらのフライト時刻伝えても"ここで並んでて"しか言われないし!

モニターチェックしてたら、ザキントス行きのゲートそろそろ閉まりまーす!って出てるし!!

もう、エディはFワード連発で怒ってるし,もうこれ以上無理!!!って時に半分叫んで係の人呼び止めて、すぐ横のドアから中に入れてもらって,それからは走って出発ゲートへ向かう始末。。

あのー。。この時私, 妊娠6〜7ヶ月。さすがに全力疾走できません。
しかもそんな時に限って一番遠いゲートだったりするのよねぇ。

エディは "先に行って飛行機止めとく!"って言ってまたたく間に走り去り, 私は小走りで頑張りました。

ほんともう少しで乗り遅れるところだった!!
ぎりぎりセーフです。

ほっと一息つく間もないまま飛行機は動き出しました。

さてさて, どんな旅になるのか。。。

私もエディもすでに疲れ切り。。かなり不安でした。

写真はマンチェスター上空。雲でぎっしり覆われています。。
f0091482_7525168.jpg

[PR]
by okunosaki | 2007-12-23 07:53 | leisure

せっかくだから。。

パソコンを開く機会が増えたこのごろ。

やっとWindows Vistaの画面に慣れて、写真の整理を始めました。

この夏に行ったギリシャ旅行のこと、そういえばまだブログに載せてなかったなぁと思い、忘れないうちに記録に留めておこうと思います。

よろしかったら、季節外れですがご覧になってねぇ。
[PR]
by okunosaki | 2007-12-22 20:50 | leisure

Health visitor

今朝10時ごろ、私の携帯がなりました。

誰かしらねぇと出てみると,知らない女性の声。
電話は、前にミッドワイフが話していたヘルスビジターさんからでした。

ヘルスビジターって、日本でいう保険婦さん。赤ちゃんが生まれてから母子共にお世話になる人です。

彼女が、赤ちゃんが生まれる前にお宅訪問をしたいから、今日12時ごろ空いてる?って。
12時って2時間後じゃないですか!。。。まぁ、今日は何も予定はないし、2時間あれば部屋を片付けられるなって思って、イエスと。

see you laterって電話を切り、急いでエディに報告。

たまたま今日はエディさん、週に一度のstudy dayということで、家でお仕事中。なにやら書類に囲まれ、忙しそうに書いたり調べたり。ヘルスビジターに会っておくのはいい機会だから,ちょうどよかったねぇなんて。ちょっとそわそわしてましたけど。

イギリスでは、赤ちゃんが生まれてまもなく家につれて帰り、(普通分娩なら2、3日で退院だそうだ。中には6時間で!なんて強者も)その最初の数日間は毎日保険婦さんが自宅に様子を見にきてくれるそうです。助産婦さんも別で毎日来てくれるみたい。もし何も問題なく大丈夫そうなら、2日に1回、4日に。。と徐々に日にちが開いていくと。

こういったサービスって,日本でもあるの?
とにかく,私の家族が近くにいないぶん、とても心強く思いました。

彼女が現れたのは12時半ごろかな。電話の声からだと、30代前半かなー?と思ってましたが,50代くらいの小柄な女性でした。エディがいるとは思わなかったらしく、ちょっと驚いた様子。
私はこれから二人がお世話になる人だし,エディがいてくれた方がよかったと思ったのだけど,意外な反応にちょっと戸惑いました。

エディも何か感づいたらしく,"席外しましょうか?"と聞いていましたが, "いいのよー"なんて返事が。

そのままお互いに自己紹介。ソファに座り雑談から。エディも隣のダイニングから会話に参加。

彼女から今回の私の妊娠生活について質問されたり、これからの育児に対して心配ごとは?など話している中で、"パートナーから暴力を受けたことがあるか?"など、ちょっとどきっとする質問もありました。

"あー、だからエディがいるのでちょっと困った顔されたんだな"と、ここで納得。
もちろん答えはNO!なので、"私がしてるかもー"なんて冗談言ったり。

ここで思い出したのが、この間読んでた雑誌の記事。ドメスティックバイオレンスって、妊娠中が一番多いらしいのです。私的には"なんで??"って思うけど,世の中にはかわいそうな人たちがたくさんいるわけで,望んで子供ができたわけでなかったり,その子供は本当に自分の子か?とか、精神的にも金銭的にも不安になる人もたくさんいるわけで。

エディも仕事柄いろいろな家族のケースをみていて、ときおり彼からそんな話も聞いていたので、今の自分の幸せな状況を改めて認識させられた時間でした。

ヘルスビジターさんとの初対面も1時間ほどで終了。聞きたかったことも聞けたし、クリスマス前に来てもらえてよかった。

この間は出産のために必要な物をバックに詰めました。赤ちゃんのオムツとか,洋服を詰めながら,あとちょっとで会えるんだなぁ。。なんて。不安ももちろんあるけど、楽しみで仕方ない今日このごろ。
[PR]
by okunosaki | 2007-12-20 06:56 | family

walking

チェスターに、日本人のママ達が作ったトドラークラブというのがあります。
4才以下の子供たちに、日本の文化などを遊びを通じて学ばせようという、仲良し会なんです。

語学学校の時のお友達が何人かママとなり、前からこの会のことは彼女たちから聞いていました。仕事の休みとなかなかあわず、やっと産休の今がチャンスということで、12月から私も遊びに行っています。
先週はクリスマス会も行われ、たくさんの子供たちのパワーに圧倒され,来年の今頃は自分も子供とここにいるんだなーなんて、ちょっと考えてはニヤついたり(笑)いやぁ、まだまだ実感がねぇ。

さて、その会が開かれている教会まで、家からだとけっこう距離が。
でも毎回歩いて行ってますよ。だって先輩ママさんに"歩くことが一番の安産対策!!"と言われましたから。

この日も霜がおり、とっても寒い日でした。
でも、雨は降っていないし、コート、手袋、イヤーマフ、ブーツと完全装備で出発。
f0091482_5513332.jpg

いつもはチェスターの街を抜け、ウィンドウショッピングなんかしながら向かうのですが、この日は道をかえ川沿いを行くことに。
f0091482_5523446.jpg

グロブナーパークを通っていると、ふと目に止まった花。。こんな時期にとよく見たら,これって桜です。。か?
f0091482_5533974.jpg

それからさらに歩いていると、目の端にちょこちょこ動くものが。。リスかな。。っとよくみると,ロビンじゃないですかー!日本名だとコマドリっていうのかな?イギリスじゃクリスマスの鳥ってイメージなんですけど。クリスマスカードとかによくデザインされてるし。丸くてかわいい!この子、私がカメラ用意するまで動かずジーッとしててくれて、撮り終えると,"じゃ!"って感じでまたピョコピョコ行っちゃいました。
f0091482_5543190.jpg

夏は人で溢れかえってるディー川沿いも、冬場はひっそり。鴨や白鳥がゆっくり静かに泳いでいました。
f0091482_5562447.jpg

橋の向こうに見える教会まであと少し。ゆっくり歩いて1時間の道のりでした。
[PR]
by okunosaki | 2007-12-19 05:56 | chester

Christmas tree

12月に入ってから、ちょこちょこ家の中にクリスマスデコレーションを飾り出したけど。。なにか物足りない。

やっぱりツリーは必須でしょ!つーことで,今年は大きなツリーを買おうと決意!

湖水地方出身のエディさん。小さい時は庭にある、たくさんのモミの木の中からその年のクリスマスツリーを選んで、根を切り、おうちに運んで飾り付けをしたそう。クリスマスは煖炉を囲んで、生まれた時から一緒に育った愛犬ベラ(ブラックラブラドール)と一緒にプレゼントを開け。。その本物の樅ノ木の香りが忘れられない。。なんておとぎ話のような話を彼からされると,"いやー、日本人のクリスマスとやっぱ違うなー"なんて考えちゃいました。

私が小さかったころは,両親に好きなおもちゃを買ってもらったり、クリスマスケーキを食べたり。(どこの部分を食べるかで兄弟とけんかしながら(笑))だから,サンタさんなんかまったく信じてないクールな(寂しいかな?はは)子供でしたね。ツリーも家にはなかったなー。庭には何本か樅ノ木があって、これに飾り付けしたらすごいのに!なんて想像したり。裏庭に当時(さき10才くらい)自分の背丈ほどの樅の木見つけて、手芸用の綿とかリボン乗っけてみたり(笑)自己満足。でも翌朝には風で飛ばされ、ぽつんと残された綿が虚しかったり。。空っ風群馬、子供には厳しい仕打ちです。

でもエディは、めちゃくちゃ信じてたらしいっすけど。サンタクロース。
サンタさん(英ではFather Christmasと呼びます)のために,ミンツパイとシェリーを一杯、トナカイさんにはニンジンをクリスマスツリーの下に用意して。。。翌朝起きてくると,ツリーの下にはたくさんのプレゼントが!!!そして、お皿には食べかけのミンツパイ(少し食べこぼしてある(笑))と、飲みかけのシェリー。人参は消えてるらしい。にくい演出です。Well Done, Eddie's Mum&Dadです。

でもそれも友達の"サンタはいない"の一言でthe end。かわいそうです。

さて、話は戻ってクリスマスツリー。

今年はリアルクリスマスツリーを購入する!ってエディに言われて大喜びの私。さっそくどこで買うのがいいかエディの父に電話したところ。。。速攻うちらのアイデア却下されました。。

もう、こんなことなら電話しなきゃよかったと本気で後悔。

まぁ、確かにエディ父のいう通り、ぱらぱら樅は落ちるし、泥で部屋は汚れるし、クリスマス後のツリーの処置で困ると。。なんだかマイナス点ばかり並びましたので,うちらも弱気に。。

とりあえず木を見に行こうと出かけまして。
けっこう高くてびっくり。
そして、その日は不運にも雨が降っており、これを持って帰って乾かすのに大変。。車の上に縛って持って帰るか?とか悩んだ末に。。やっぱりリアル樅ノ木は今年は断念することに。はぁ。。残念だけど、そのかわり、2メートル弱のスリムで素敵なクリスマスツリーを買ってきました。
f0091482_20115111.jpg
こちらの小さいのは去年購入したもの。90センチほどだけど、大切な第1号。実際のライトはもっとクリームがかっていて柔らかい光です。
f0091482_20171837.jpg
こちらがニューツリー。ぱたぱたっと飾り付けしたわりに,よくできました。まだプレゼントが買い終わってないので,これからツリーの下に置かれるはず!今日はこれから街へショッピングです。では!
[PR]
by okunosaki | 2007-12-18 19:31 | family

mince pie

ミンツパイって、イギリスの伝統的なクリスマススウィーツなんです。

初めて食べた時はミンツってなんだろう?ミンチの牛肉が入ってるパイかな?とかよくわからないまま食べたんで,一口食べて"甘い!!"と。それから、まさか中にドライフルーツが入ってるとは思わなかったから(私はドライフルーツ苦手でして。。。)思わず"ウェゲェ"ってなったのを覚えています(笑)

それがエディのお母さんの作ったミンツパイをクリスマスの時にいただいて,もう大感激!!!めちゃくちゃうまい!!!パイの生地、ペイストリーっていうんですけど、それがまたサクサクで甘くなく、中のミンツミート(ドライフルーツとナッツ)の甘さとちょうどよく混ざり合って。。。もう絶品なんです。ほかのお店のミンツパイもたくさん試しましたが(M&Sとかテスコとか、ベイカリーの)どれもいまいち。甘すぎるのかな。

とにかく毎年クリスマスシーズンになると、彼女のミンツパイが食べれるーってかなり楽しみでありました。

で、先週日曜,エディの実家にサンデーディナーに招かれまして,私たちはワインを手土産に向かったわけです。
おいしい夕食後に出されたのが彼女のミンツパイ。また大感激。

そこで一言,"私も作りたい!"と。そしたら来週チェスターに用事があるから,材料持って教えに来てくれるとのこと。

で、火曜日の夕方に,エディの父&母が家へやってきました。
秤りからボール、すべての材料を抱えてやってきてくれました。

彼女も嫁いだ時はなにも作れなかったし、このペイストリーはエディのおばあちゃんから教わったんだそうです。だから、次のMrs Edwardsに教えられて嬉しいわ!って言われました。

いやー、嫁姑って感じねぇ。いやいや。まさかいつか彼女とこうやって台所に立つとは思わなかったけど、可愛がってもらって幸せですわ。

さてさて、そんなわけで,いろいろ秘伝(?)を教わり,1時間ほどのお料理教室は終了。たくさん褒めていただき,焼き上りを待つ前に彼らは帰路へ。

エディが帰ってくる時間を見計らって、焼いてみました。

エディからもたくさん褒めてもらって大満足! "Mumのよりおいしいっ!!"とまで言ってくれました。さすがエディさん。ありがとう(笑)

さっそく私も材料とかRolling pinを購入して,今度は自分ひとりで作ってみました。感覚を忘れないように復習を兼ねて。

仕事をしてた時はこんなゆっくりお菓子づくりとかできなかったし,やっと自分の時間が。。。なんてちょっと考えたりして。幸せですな。金曜の朝、さっそく焼いてみました。上手にできたから,お店の子たちに差入れました。
f0091482_21223978.jpg

この日は1日霧がかっていてとても寒かった。それでも歩いて街まで。
午後3時半でもこの暗さですよ。
f0091482_2127324.jpg

無事にお菓子を届けて,(途中前方不注意で電灯にぶつかった。。箱がダメージを受けただけで中身は無事でよかった。もちろん私も無事よ(笑))それからちょっとクリスマスショッピング。チェスターにあるショッピングモール。
f0091482_213106.jpg

クリスマスまであと10日!ワォ!
[PR]
by okunosaki | 2007-12-15 20:53 | food

christmas party

昨夜は私の職場のクリスマスパーティーがありました。

場所はチェスタータウンホールのお隣。新しく改装されたレストラン" the Corch house".

最近お天気がよくて気持ちいいけど、寒い!!!!!雪でも降るんじゃないかなっていう、空気が凍る感じっていえばわかるかな。

この日パーティーは7時から。私は6時前にお店へいって,ほかのスタッフと合流。店からこのレストランまでは徒歩2分って近いけど,それでもお腹が張るほどの寒さ。

でも、チェスターのクリスマスイルミネーションを眺めながら歩き出すと、ちょっとわくわく。この時期の街はほんとかわいくて、きらきらしてます。派手さはないけど、それがいいのです。

f0091482_23484334.jpg


タウンホールの前に、クリスマスツリー発見。思わず歩を止め、みんなでパチリ。顔が凍ってます(笑)
このツリーの左に見えるチェダー朝の建物が、今回お食事したレストランです。
f0091482_23511057.jpg

ほほほ。お腹が。。。お店の人も気をきかせてクッション持ってきてくれたり。優しいねぇ。
みんなで席についてクラッカーを鳴らし、クラウンなんかかぶっちゃってね。隣の席でもおばちゃんたちのグループがクリスマスパーティーしてて,みなさんかぶってましたよ。クリスマスソングも大合唱したりして、かわいい。

今年はお店のスタッフのみの小規模パーティーだったけど、これもまたよし。日本から研修を予て2カ月間頑張ったShioriちゃんのお別れ会にもなりました。お疲れさま&ありがとうね!

ここのレストランは改装以来初めていきましたが,ほんとにおいしかった!オススメです!もしチェスターにお越しの際は是非。

スターターはサーモンムース(Salmon and lime mousse on crisp lettuce leaves and served with toasted brioche)。
メインはseabass(Fillet of seabass on bubble and squeak and served with a lemon and dill cream sauce)をいただきました。
デザートはチーズケーキ。(Cranberry and mint cheesecake with a white chocolate sauce)これまたイギリスでいただくケーキにしては珍しく凝ってて、かわいくデコレーションされてて。
大満足でございました。
f0091482_23522118.jpg


今年みんなで集まるのも今回が最後かな。でも、参加できてよかった!
[PR]
by okunosaki | 2007-12-13 23:52 | work