<   2007年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Japan!!!

報告でっす!!

日本帰国決定ヽ(´▽`)/

ひやぁーあと、何週間?え?5週間をきっていますね。

今回は初めてエディ同伴で帰ります。
彼にとって初めての日本なので、気に入ってくれると嬉しいです。

あぁ、ここまでくるのに5年かかりました。
感慨深いです。

あとは彼の気が変わらないように、日本の素晴らしいところを吹き込みつつ、行く気満々のまま、飛行機に乗せなくては。

短い期間ですが、出来るだけ多くの人に会いたいし、会わせたいです。
こちらの日程が決まり次第、また報告しますね。

エディとなるべく話してあげてくださーい。

そういえば、昨日の夜、エディがボソッと言った日本語:

エディ: 「サキ、ダイスキ」

私:「 え?何?もう一回いってみ?」

エディ 「・・・サキ、バカダネ」

私 「・・・ムカッ。」

こんな程度の日本語しか話せ(言葉に出せ)ませんが、どうぞよろしく。


この後彼は、「マーチーコー・・・バカダネ」「ヒーローシー・・・スゴイネ」と、うちの両親の名前を呼びつつ、語尾を少し変えては一人日本語練習してました。
彼にとっては、日本人の名前も日本語に入るらしい。
日本帰る前に少し教えなくちゃね。
[PR]
by okunosaki | 2007-01-26 21:24 | leisure

Poorly

うぅ・・・。珍しく体調崩しました・・・。

火曜の夜からぐだぐだです。

昨日・今日と仕事も病欠。
こんなのイギリスに来て以来初めてだわ。

前回両親が来た時に置いていってくれた(ただ単に忘れたのか?)梅干を冷蔵庫内に見つけ、おかゆと共に頂きました。
やっぱ日本米です。
おいしい。

腹立つのが、普段まあまあ静かな上の住人が、こんな時に限って音楽ガンガン・歌声まで聞こえてくる・・・静かにしてくれ。
頭に響きます。

とりあえずおやすみー
[PR]
by okunosaki | 2007-01-26 05:42

In Harrogate

翌朝、ジェズの長男、ジョシュア君。サッカーの試合があるとかで、ジェズ・ひろみさん・ルークとハリーは揃ってサッカー観戦へ。
私たちはハロゲイトの街を探索することにしました。

小さいが、ちょっと高級感漂うシャレた町並み。ステキです。
ふと、ホテルの前に並ぶ車を見れば、BMW・ポルシェ・アスティンマーティン・・・すごい。

f0091482_21243023.jpg
昨夜ちらついた雪がまだ路上に残る中、歩くこと20分。



街の中心につきました。








まずはジェズオススメのお店「Bettys」へ。


f0091482_213759.jpg
イギリスの素朴なケーキも大好きですが、ここのケーキ・ブレッドはパリを思わせるような見た目も、もちろん味も絶品。
ここのティールームで、お茶を・・・と思いましたが、すでにテーブルは満席。30分待ちと言われ、時間のない私たち・・・渋々諦め、お土産を購入。
私はここのお店自慢のFat Rascal(ふっくらサクサクのフルーティなスコーンです。上にアーモンドとチェリーで顔のようになっていて、少し温めてからバターと一緒に頂くと最高でした!)と、杏のスコーン、Stem Ginger Cakeをエディのお土産に。


f0091482_2132456.jpg
名残惜しくもお店を去り、私たちはこの先にあるジャパニーズショップを訪れました。小さいながらもとてもかわいらしい外観。昨日のパーティの翌日なのに、このハロゲイトのお店だけはオープン。ショップ定員の鏡です。
私たちはちょっと店内を見学させてもらって、今度はコーヒーショップで一休み。

体も温まり、ジェズの家へと戻りました。

しばらくして試合から帰ってきた皆さんとお別れを言い、私たちは一路チェスターへ。

素晴らしい晴れ間とカントリーサイドが広がったと思ったら、途中土砂降りの嵐となり、またチェスター付近で青空という、めちゃくちゃなお天気の中無事にチェスター到着。

久しぶりのミニ旅行楽しかった!いい息抜きとなりました☆
[PR]
by okunosaki | 2007-01-21 18:02 | work

Christmas Party

今更ですが、クリスマスパーティが開かれました。

私の勤める「The Japanese Shop」は、Chester, York,Harrogateそしてhead officeと4つのブランチがあります。

繁盛期のクリスマスシーズンは、パーティを開くなんて到底無理。

ということで、こんな時期になりました。

HarrogateはChesterから車で約2時間半北東へいった街。

お店をいつもより30分早めに閉め、チェスタースタッフ7人は、ロイドさんの運転の下ノンストップでハロゲイトへ。
道に迷うこともなく、無事にオーナー夫妻宅へ到着。着いたのは夜の7時半。素晴らしい。

オーナーのジェズさんと奥さんのヒロミさんに迎えられ、3人の可愛い息子さん達とも早速打ち解け、一緒に遊びつつ、飲みつつ、ほかのお店のスタッフを待つこと2時間。 

普段、メールや電話口でしか知らなかったほかのお店のスタッフと挨拶して、驚いたり驚かせたり。結構イメージ通りだったかな。みなさんと一通りお話できた頃タクシー到着。
今夜のメイン会場へ。

スタッフ総勢21人で、HarrogateのCrchid Restaurantへ。

ちょっとPoshなオリエンタルレストラン。

ブッフェスタイルの今夜のパーティメニューは:

Starters

Salt and Cilli Squid
Chargrilled Chicken Satay with a warm peanut sauce
Crispy Tiger Prawns with a Lemon Sauce

Mains

Sweet & Sour Pork
Steamed Seabass fillets with ginger,spring onion and a touch of soy
Red Duck Curry
Phad Thai Jay
Egg Fried Rice

Mango Sorbet with Sliced Tropical Fruit

でございました。

とってもおいしくて大満足。
アットホームな雰囲気の今回のパーティ。みなさんに会えてよかった。

12時を過ぎた頃お開きとなり、名残惜しくもそれぞれ解散。
チェスタースタッフは全員、ジェズの家で今夜はお泊り。

彼らの家へ戻り、3時頃まで話してたカナ。

続きは明日。おやすみー
[PR]
by okunosaki | 2007-01-20 21:43 | work

Eyebrow

さっきエディとテレビを見ていました。

ふと、彼が顔を近づけてきたので、「おっ♪」と思ったら、ごつんと、彼の「眉毛」が私のおでこにぶつかりました。

眉毛かよっ!

なんで眉毛がぶつかるんだって、おもいっきり笑った。

いやぁ、顔の作りが違うのはうすうす気が付いていましたが、たまにこうも違うと気づく時はうけますね。

違うこと書こうと、ブログ開いた矢先の出来事だったので、思わず載せてしまったよ。
[PR]
by okunosaki | 2007-01-20 07:10 | Eddie

Party!

この日は仕事が終わって急いで帰宅。

Runcornに住むお友達の家へと直行しました。

そのお友達、ヒロシさんは昔学校で友達になった数少ない日本人。奥さんのアルドーナさんは日本語も堪能な英語の先生です。

ヒロシさんは元料理人ということあって、毎回素晴らしい料理でもてなしてくれます。最近キッチンの改装が終わり、そのお披露目を兼ねての今回の招待。

ところがみごと道に迷い、結局アルドーナさんに途中迎えにきてもらうというハプニング。

着いてみると、いつもの仲間がすでにドリンク片手に団欒してました。

久しぶりに会ったみんなと、ヒロシさん特製の料理の数々!(この日はデジカメ忘れて写真ナシ。残念!)
それから、2歳になるマリア・スティーブのbabyオリバー。このコがまたかわいい!!
いやぁん。ほんとにかわいいんです。

結局この日は夜中2時ごろまで飲んだり食べたり、ゲームしたり。久しぶりに「UNO」しました。あと、イギリスやスペインのトランプとか。

この日のパーティは、心がほわっとするような、ほんとにステキな集まりでした。今度はいつ会えるかな。
[PR]
by okunosaki | 2007-01-13 23:22 | friends

Starry night

今夜は珍しく、ピアノコンサートに出かけました。

ベルリンをベースにヨーロッパで活躍するコンサートピアニスト・Sam Haywood

曲目は
Franz Xaver Mozart
Polonaise Melancholique,Op.22 No.1
Polonaise de Bal, Op.26 No.1
Clara Schumann
Romance, Op.11 No.1,in E flat minor
Robert Schumann
Romance, Op.28 No.2,in F sharp
Julius Isserlis
Ballade No.2 in E flat minor
Johann Nepomuk Hummel
Variations "la Monferine"
Franz Schubert
Sonata in B flat major, D960

今回は彼のソロコンサート。エディのお父さんが中心となって活動しているRuthin Music Club主催でした。

とてもステキなコンサートでした。改めてピアノの美しさにうっとり。

帰りは強風で雲が吹き飛ばされたのか、素晴らしい星空が広がっていました。

久しぶりに夜の空を見上げたなぁ。
こんな風に晴れた夜空もいいね。
[PR]
by okunosaki | 2007-01-12 08:19 | music

Promotion

今日、うちの店のオーナーがHead officeからやってきて、面談がありました。

その結果、私、昇進しましたヽ(´▽`)/

へへーい。ちょこっとだけお給料UP。嬉しいわ。
責任もちょっと増えるけど、クリスマス明けの静かなこの時期は、マネージメントを学ぶいいチャンス。Senior Sales として新たな一歩です。

年明けからいい感じ♪
この調子で順調に行くことを願います。
[PR]
by okunosaki | 2007-01-12 07:56 | work

It's obscene!!

さっきテレビを見ていたら、ディビッド・ベッカムの話題がのぼっていた。

どうやらリアル・マドリッドからLAのチームに移籍するらしい。

なぜアメリカに??

私はアメリカにサッカーのプロリーグがあることすら知らなかった。

で、その移籍金を聞いてびっくり。

金額がでかすぎて、よくわからん。

で、1週間の給料が約£500.000

え?1週間で?思わず日本円に換算してみた。

結果、2度びっくりの約1億1500万円也。

は??

これはないだろ。

世界には、一日1ポンドにも満たない生活をしている人がどれほど多くいることか。ねぇ。
[PR]
by okunosaki | 2007-01-12 07:40

Pass the buck

最近、私の働くお店で困ったことが。

オフィス兼休憩所として使っている部屋の天井?パイプ?の水漏れ。

店の2階がパブになっていて、どうやらそこのシンクが詰まっているらしく、ビールやらなんやら変なにおいの茶色い水が、ポタポタ ポタポタ・・・。

前日その漏れ部分にバケツを置き、次の朝はいっぱいになっているほどのひどさ。

今日で何日目かしら・・・。

うちのマネージャーが上の人らと話をしたが、今だ修理にくる気配なし。

信じられません。

こんな時、つい「日本なら・・・」と考えてしまう私。

イギリスで、修理・補修は期待できませんよ。
彼らはお金をぼったくるか、仕事をボイコットするかですから。

まともなプロフェッショナルエンジニアを見たこと・聞いた事ありません。

だからこの国はDIYが発達しているんでしょうけど、お風呂のバスタブ自分で設置できますか?電気の配線、水道の配管、みなさん知っていますか?私は見たこともなければ、修理できる自信もありません。でも、この国では、業者に頼むより、結構みんな個人でやっていますよ。

と、話を戻すと、2階のパブのマネージャー曰く、「大家に聞かないと配管がわからない」と。なので修理工にはきてもらったが、まだ直しきれていないとのこと。

あぁ、そうやって、結局誰がこのパイプを修理する責任があるとかでまずタライマワシにされ、それから修理する人がやってきて・・・と。

補修工事はいつになるのやら。

なんなら私が漏れ口にセメントでも塗ろうかしら。
[PR]
by okunosaki | 2007-01-10 05:46 | work