<   2006年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

Newcastle

さて、Wedding partyの翌朝。B&Bを早めにチェック・アウトして、二日酔いのエディさんの運転の下、私たちはお隣の街、ニューカッスルへ行ってきました。

この街は今回で2度目。前回は一昨年3月、街は雪で埋もれていました。しかも、エディのお友達と共にコメディクラブというのに連れて行かされ(コメディアンによる舞台でのトークショー)、英語は早いわ、強い北部訛り(ジョーディアクセント)がさらに追い討ちをかけチンプンカンプン・・・。
いやぁー嫌な思い出です(笑)
ほんとに悔しさと、悲しさと、情けなさと、羨ましさと。みなが笑っているのに私は笑えない。
エディに「何て言ったノー?」なんていちいち聞けないしさー。
まぁね。そういうことがあってもっと勉強しなくちゃって思えるんだろうけど。

さてさて、エディは最初の大学はここだったので、懐かしさいっぱいの模様。
彼の案内の元街をふらふら。
f0091482_15294210.jpg

素敵なショッピングモールを見つけました。Posh!!
f0091482_140189.jpg

これがタイン川へ架かる有名な橋。この橋はオーストラリア・シドニーにあるシドニー・ハーバー・ブリッジのモデルとなりました。それにしても寒かった・・・。もうすぐ5月だというのにこの日の気温は約10度。
f0091482_14305.jpg

ニューカッスル・ユナイテッドのフットボールスタジアムには大きなシーラ選手(Alan Shearer)の垂れ幕が。彼も引退だー。残念。

お昼を食べて、チェスターへ帰ることに。
帰りもまたこんな景色でしたよ。
f0091482_15174759.jpg

[PR]
by okunosaki | 2006-04-29 14:00 | leisure

Wedding 2

f0091482_17402812.jpg

ここが披露宴会場となったゴルフクラブ。広々していて清々しい場所でした。

f0091482_17471274.jpg

招待客は100人弱くらいかな。座席表を見たときに、自分の名前が見つからなかった・・・。よく見たらMrs.Edwardsになってた。まだまだ見慣れないものです。

f0091482_17492942.jpg

食事の後、会場はダンスホールへ早変わり。ファーストダンスを踊るサラとマーク。これもトラディショナルなんだって。

f0091482_1753963.jpg

子供たちも一緒に踊るオドル・・・

本当に楽しい、幸せいっぱいの一日でした。
いっぱい笑って、食べて、飲んで、踊って・・・。
久しぶりにこんなクタクタになるまで遊んだな。
[PR]
by okunosaki | 2006-04-28 17:38 | friends

Wedding 1

エディの幼馴染、マークの結婚式に私たちは招かれました。
ここ半年で3度目のイギリスでの挙式。
結婚ラッシュだぁねぇ。

教会で挙式後、ゴルフクラブで披露宴。
典型的なイギリス人カップルの結婚式スタイルです。

その式の行われる教会が、北部イングランドNewCastleの郊外とあって、家を8時ごろ出て、一路車を北へ走らせる。

f0091482_18545519.jpg

こんななーんにもないところをひたすら走りぬく。これもまた絶景でしたけど。一本道が見えますか?そこを走ってきました。

f0091482_12343436.jpg

これが挙式の行われたSt.Oswin's Church in Wylam. 挙式は午後2時から。中の様子が伝えられないのが残念。

f0091482_14135129.jpg

式を終えたマークとサラ。そのご両親と共に教会の前で。

f0091482_14153461.jpg

無事式が済み、これから一同披露宴会場へ移動です。
[PR]
by okunosaki | 2006-04-28 14:05 | friends

Paper work

国際結婚。

いろいろメンドクサイなぁとは思っていたが、こんなにも次々と手続きが必要だとは思わなかった。

でもまぁ、一番肝心&問題のビザは一応完了したので、あと2年間はほっとける。Hurray!

さて、最近新たな問題は、婚姻届だ。
イギリスで入籍したので、そのことを日本大使館(正式には在ロンドン日本国総領事館)へ申し出しないといけない。

昔、私の知り合いの日本人(女性)が、イギリス人(男性)と英国で結婚した。彼女はすぐには大使館へ申請せず、数年後子供が生まれた時初めて報告。彼女曰く、「もし離婚成立なんてことになったら、日本の戸籍上、私は未婚だから戸籍に傷がつかない」からだそうです。
たしかに、私は先月エディと結婚しましたが、日本の戸籍に変更はない。だって、役場に婚姻届をだしてないもの。
重婚だって簡単にできそうだ。まぁ、しませんけど(笑)

そんなわけで、けっこう昔は彼女のように婚姻届を出さない人が多かったせいか、最近大使館が戸籍法なるものを設定。婚姻成立の日から3ヶ月以内に婚姻届を提出しないといけなくなった。

でも、こういう情報ってなかなか個人に入りづらい。ホームページをチェックしたり、大使館へ直接電話するも時間が限られてるし、常にビジー状態でオペレーターに繋がらないし。
やきもきしながらも大使館から必要書類を送ってもらうことに成功。

私の場合:
「外国の法律に基づいて婚姻が成立した場合」なので・・・
1.婚姻届(所定の用紙) 2通
2.婚姻証明書(Certified Copy of Marriage Certtificate) 2通
3.2の和訳文 2通
4.戸籍謄(抄)本 2通
5.双方の旅券原本
6.外国人配偶者の旅券の和訳文 2通

というのが大まかな必要書類。
この他にもエディの出生証明書が必要だったから、彼の生まれた町役場みたいなところと連絡とってコピーを送ってもらったり、私の母親に頼んで、役場から戸籍抄本とって来てもらったり(いつもありがとう)。 
日本から送ると1週間くらいかかるから、こういった書類集めはホントに時間がかかるのです。なので3ヶ月という期間ははっきり言って短い。
もし私がフルタイムで働いていたら更に難しかったはず。
英語の書類にはそれぞれ和訳文を添付しないといけないし。

昨日はこれらの書類を床に並べ、はぁぁ・・とため息。

ちなみに、もし戸籍上の氏を外国人配偶者の氏に変更する場合、変更届も6ヶ月以内に提出しないといけない。日本のように、婚姻届を出したら、旦那の籍に入る→苗字が変わる・・訳ではない。夫婦別姓のカップルは当たり前のようにいる。
もともと、イギリスには戸籍が無いから、その辺はよくわからない。

私の場合、日本へ婚姻届を提出したら、私が戸籍主になる。エディは私の扶養家族。外国人は戸籍主にはなれないからだ。

なんだか勉強しなくちゃいけないことが山ほど・・。
複雑ですね。

頑張って、来週には婚姻届を出して、少しづつ整理していくぞ。(o_ _)oパタッ  
[PR]
by okunosaki | 2006-04-26 21:36 | visa

Mexican dinner

6時ごろ、仕事を終え家に帰ると、何やらいい香り。

エディさんが今夜の夕食を作って待っていてくれた。
素晴らしい。よく出来た夫だ。

ちなみに今夜はメキシカンでした。

f0091482_21302989.jpg
好きなだけチリとチーズ・サワークリームなどを巻きマキ。彼の作るアボガドサラダが大好きだ。シンプルにオリーブオイルとレモン、塩・胡椒の味付けなのだが絶品。夏になると無性に食べたくなる。

この日の夕食時、リバプールvsチェルシーの試合がテレビで放送されてて、エディは落ち着いてご飯を食べるどころじゃなかった。そんなにstressfulなら見なきゃいいのに・・・って訳にもいかないらしい。
とりあえずリバプールが勝ってよかった。ご機嫌エディさんでした。
[PR]
by okunosaki | 2006-04-22 21:11 | food

French Market

仕事が3時に終わった。
久しぶりに街をふらついて帰ろうと歩いていたら、タウンホールの辺りが賑わしい。

フレンチマーケットが開かれていたよ。

f0091482_2041387.jpg




f0091482_20432640.jpg

ここのオリーブつまみ食いしました。おいしかった。粒が大きくて食べ応え十分。種無しの方が後々困らなくて私は好き。






チーズ・ハム・野菜・果物・Sweetsなどなどたくさんお店が並んでました。
フランス雑貨とかあればもっとよかったのに。never mind.

クロワッサンを買いたかったけどすでに完売していた。残念(o_ _)oパタッ
替わりにレモンタルトとアップルパイを購入。
夕食後のデザートで頂きました。おいしかった!!
[PR]
by okunosaki | 2006-04-21 20:03 | food

Food Festival

働いてるレストランの隣は、チェスター裁判所。
そこの正面駐車場に、最近Marquee(大テント)が作られていた。

気になっていたとき、うちのマネージャーから、私にそのmarqueeにヘルプに入ってほしいとの事。
おもしろそうだったので、もちろんOK。
こういうイベント大好きだ。

Chester Food and Drink Festival Gala Awards Dinner

f0091482_754380.jpg

パーティが始まる前・・・。私の担当したテーブル。




f0091482_785895.jpg

Cheshierのレストランから各部門ごとノミネートされ、それぞれ表彰されてました。








約300人のパーティー。チケットお一人様£55(約11000円)也。
タキシード・イブニングドレスでみなさんよく食べ、飲んでました。
このあと、バンドが入ってディスコパーティ。
踊りまくってました。

12時くらいに早々とこの日の給料が手渡された。
ナゼ仕事が終わる前に支払われる?
「思ったよりも少ない」と、文句言ったら5ポンドくれた。
まぁ、くれないより良いかしら。

結局この日、家に帰ったのは夜中の1時半。
片付けの途中だったけど、スタッフがぼちぼち帰り始めたから、私もどさくさにまぎれてhead off. もう、お給料もらったもん。
戦利品として会場を飾っていたお花をたくさんもらってきた。

人間、もまれるとたくましくなります。
[PR]
by okunosaki | 2006-04-18 19:41 | work

extra pics

チェスター大聖堂のサクラをチラッと見に行った日。
エディとスーパーへ買い物に行く途中でした。
で、このブログをエディに見せたら、「僕が載ってない」と。
あの時撮った写真が載ってない・・、と。

ふくれっ面されたので、載せることにしました(笑)

f0091482_6304488.jpg

私の帽子を被ってる。お気に入りらしい。
[PR]
by okunosaki | 2006-04-15 22:17 | family

Spring day

f0091482_22173714.jpg


やっと春らしく暖かな日がきた。
ここはチェスター大聖堂。桜が満開でした。
今年も綺麗に咲いていて嬉しかった。

イギリスの桜はなかなか散らない。
気温が低いせいか?
日本の桜のような儚いイメージは湧かないけど、これはこれで、ちょっと得した気分。

桜に魅せられるのはナゼだろう。
ココロガカキタテラレルのはナゼだろう。
[PR]
by okunosaki | 2006-04-15 22:12 | nature

Waitress

先日、前に働いていたレストランから仕事復帰できないか?と電話があった。

素晴らしいタイミング。
ビザも取れて一安心、さて、そろそろ仕事始めなくては・・・と思っていたところだったので、もちろん快く承諾。さっそくこの金曜日、ランチタイムから入りました。

久しぶりのスタッフとの再会。
前回、複雑なビザ状況下でのwork rotaでみんなに迷惑・心配をかけてしまったから、ちょっと気まずいかな・・・と思ったのもほんの取り越し苦労。すんなり受け入れられました。

ある意味、ほっとした。
自分の居場所があること、何かに所属することによって得られる安堵感というのか。
とにかく、社会復帰一日目。
麗らかな小春日和。気持ち良くスタートできた。

f0091482_0104413.jpg
一階はこんな感じ。Chesterではちょっとposhなイタリアンレストラン。
もとは教会だったのを改装。レストランになる前は銀行だったらしい。




f0091482_0154923.jpg
2階はバーとなっております。
食事を終えて、こちらでお酒を楽しんだり、煙草を燻らせたり・・・。
[PR]
by okunosaki | 2006-04-14 23:29 | work