カテゴリ:work( 18 )

Christmas Party

今更ですが、クリスマスパーティが開かれました。

私の勤める「The Japanese Shop」は、Chester, York,Harrogateそしてhead officeと4つのブランチがあります。

繁盛期のクリスマスシーズンは、パーティを開くなんて到底無理。

ということで、こんな時期になりました。

HarrogateはChesterから車で約2時間半北東へいった街。

お店をいつもより30分早めに閉め、チェスタースタッフ7人は、ロイドさんの運転の下ノンストップでハロゲイトへ。
道に迷うこともなく、無事にオーナー夫妻宅へ到着。着いたのは夜の7時半。素晴らしい。

オーナーのジェズさんと奥さんのヒロミさんに迎えられ、3人の可愛い息子さん達とも早速打ち解け、一緒に遊びつつ、飲みつつ、ほかのお店のスタッフを待つこと2時間。 

普段、メールや電話口でしか知らなかったほかのお店のスタッフと挨拶して、驚いたり驚かせたり。結構イメージ通りだったかな。みなさんと一通りお話できた頃タクシー到着。
今夜のメイン会場へ。

スタッフ総勢21人で、HarrogateのCrchid Restaurantへ。

ちょっとPoshなオリエンタルレストラン。

ブッフェスタイルの今夜のパーティメニューは:

Starters

Salt and Cilli Squid
Chargrilled Chicken Satay with a warm peanut sauce
Crispy Tiger Prawns with a Lemon Sauce

Mains

Sweet & Sour Pork
Steamed Seabass fillets with ginger,spring onion and a touch of soy
Red Duck Curry
Phad Thai Jay
Egg Fried Rice

Mango Sorbet with Sliced Tropical Fruit

でございました。

とってもおいしくて大満足。
アットホームな雰囲気の今回のパーティ。みなさんに会えてよかった。

12時を過ぎた頃お開きとなり、名残惜しくもそれぞれ解散。
チェスタースタッフは全員、ジェズの家で今夜はお泊り。

彼らの家へ戻り、3時頃まで話してたカナ。

続きは明日。おやすみー
[PR]
by okunosaki | 2007-01-20 21:43 | work

Promotion

今日、うちの店のオーナーがHead officeからやってきて、面談がありました。

その結果、私、昇進しましたヽ(´▽`)/

へへーい。ちょこっとだけお給料UP。嬉しいわ。
責任もちょっと増えるけど、クリスマス明けの静かなこの時期は、マネージメントを学ぶいいチャンス。Senior Sales として新たな一歩です。

年明けからいい感じ♪
この調子で順調に行くことを願います。
[PR]
by okunosaki | 2007-01-12 07:56 | work

Pass the buck

最近、私の働くお店で困ったことが。

オフィス兼休憩所として使っている部屋の天井?パイプ?の水漏れ。

店の2階がパブになっていて、どうやらそこのシンクが詰まっているらしく、ビールやらなんやら変なにおいの茶色い水が、ポタポタ ポタポタ・・・。

前日その漏れ部分にバケツを置き、次の朝はいっぱいになっているほどのひどさ。

今日で何日目かしら・・・。

うちのマネージャーが上の人らと話をしたが、今だ修理にくる気配なし。

信じられません。

こんな時、つい「日本なら・・・」と考えてしまう私。

イギリスで、修理・補修は期待できませんよ。
彼らはお金をぼったくるか、仕事をボイコットするかですから。

まともなプロフェッショナルエンジニアを見たこと・聞いた事ありません。

だからこの国はDIYが発達しているんでしょうけど、お風呂のバスタブ自分で設置できますか?電気の配線、水道の配管、みなさん知っていますか?私は見たこともなければ、修理できる自信もありません。でも、この国では、業者に頼むより、結構みんな個人でやっていますよ。

と、話を戻すと、2階のパブのマネージャー曰く、「大家に聞かないと配管がわからない」と。なので修理工にはきてもらったが、まだ直しきれていないとのこと。

あぁ、そうやって、結局誰がこのパイプを修理する責任があるとかでまずタライマワシにされ、それから修理する人がやってきて・・・と。

補修工事はいつになるのやら。

なんなら私が漏れ口にセメントでも塗ろうかしら。
[PR]
by okunosaki | 2007-01-10 05:46 | work

Christmas Party

f0091482_1523539.jpg


うちの店のマネージャーのシャロン、初登場。迫力あります。働き者です。
f0091482_154505.jpg週末バイトのナオコちゃんと、留学研修中のユウコちゃん。二人ともかわいらしいねぇ。黒人ビンスさんは、シャロンの旦那さん。コンゴ出身。いつも笑顔が眩しいっす。

この日はチェスターにあるフレンチレストラン・セ・ジュールでクリスマスパーティーをしました。

おいしい食事と、楽しい仲間とステキな時間を過ごしましたよ。
[PR]
by okunosaki | 2006-12-09 01:55 | work

The Japanese Shop

最近やけに忙しい。クリスマスが近いせいか、私の働く店も商売繁盛、いいことです。
去年の今ごろに比べて12%も売上アップしたそうですよ。
オーナーもうちらの働きっぷりに満足でしょう。「大入袋」なるものの存在を教えなくては。

ちなみに私が今働いているお店がこちら。 「The Japanese shop」
f0091482_2247573.jpg



f0091482_22505872.jpgアルバイトのLloydさん。


f0091482_22514675.jpg
もう、土曜日なんて、人がいっぱいで身動きできないほどですよ。
ほんと疲れちゃう。
でもとても遣り甲斐を感じる日々で、一緒に働いてる人たちもいい子達ばかりなのでよかった。
ここ何週間か、エディが夕食作ってくれているので助かってます。
彼のほうが早く終わるのもあるけど、一日働いてるのは同じ。とても感謝してます。

お互い助け合い、支えあえるっていいねぇ。

彼の料理の腕も上がっているのでさらに嬉しい( ̄ー ̄)ニヤリ
[PR]
by okunosaki | 2006-11-27 04:56 | work

Translation

私の働くお店にはほんといろんなお客様がやってきます。

昨日、一人の若者がやってきて、私にいくつかの英語を日本語に直してみたが、これでいいのかと聞いてきました。
なぜ日本語が知りたいのか聞いたら、その言葉の刺青(Tatoo)をいれたいらしい。
彼の渡してきた単語がこちら:

・Japanese  日本語:)
・Lost      無くなった
・Serching   捜索
・Broken    壊される
・Hope     ?

うぅーん。なぜ「日本語」と刺青したいのだろうか。
「無くなった」と書かれても「何が?」ってつっこみたくなる。

とりあえず、その場で修正可能な単語は書いてあげたけど、彼はその上、パソコンのプリントアウトした角張った字体ではなく、書道のような書体でこれらの日本語がほしいといいだした。

そこで私は、自分のパソコンならできるかも・・・と提案したら、近くで私たちの会話を聞いていたうちのボス、シャロンが、「お金とりなさい」と。

そうね。自分の家に帰って、「仕事」するわけですもんね。
でもさー、いいづらいのよねぇ。
いくらだかも考えてなかったし。

そこで私、勇気をだして、「5単語なんで、5ポンドいいですかー?( ̄ー ̄)」って聞きました。

そしたら青年、「もちろん(汗」ってポケット探って5ポンドくれました。
なんだか申し訳ない気もしたけど、よくよく考えればシャロンが正論かも。
チップもらったと思えば嬉しい収入かな。

さっそく家に帰ってエディに報告したら、私のしたことは正しい、しかも、お店に広告出せとまでいわれた。いいアイデアかも。下手に間違った漢字を刺青して、漢字圏の人らに笑われるよりマシよね。
私もいろんな面白い刺青してる人みたけど、笑った後に切なくなるもんね。

で、その夜、作った言葉を添付して彼にメール送信。

今日の午後、彼が店にやってきました。
お礼のチョコレートボックスと共に。

いやぁ、ほっとしました。
パソコンが違うと、表示される文字も違うから、正直うまくいかないと思ってました。
やってみるもんですね。

新しいビジネスの匂いが・・・ふふ
[PR]
by okunosaki | 2006-11-22 07:43 | work

Food Festival

働いてるレストランの隣は、チェスター裁判所。
そこの正面駐車場に、最近Marquee(大テント)が作られていた。

気になっていたとき、うちのマネージャーから、私にそのmarqueeにヘルプに入ってほしいとの事。
おもしろそうだったので、もちろんOK。
こういうイベント大好きだ。

Chester Food and Drink Festival Gala Awards Dinner

f0091482_754380.jpg

パーティが始まる前・・・。私の担当したテーブル。




f0091482_785895.jpg

Cheshierのレストランから各部門ごとノミネートされ、それぞれ表彰されてました。








約300人のパーティー。チケットお一人様£55(約11000円)也。
タキシード・イブニングドレスでみなさんよく食べ、飲んでました。
このあと、バンドが入ってディスコパーティ。
踊りまくってました。

12時くらいに早々とこの日の給料が手渡された。
ナゼ仕事が終わる前に支払われる?
「思ったよりも少ない」と、文句言ったら5ポンドくれた。
まぁ、くれないより良いかしら。

結局この日、家に帰ったのは夜中の1時半。
片付けの途中だったけど、スタッフがぼちぼち帰り始めたから、私もどさくさにまぎれてhead off. もう、お給料もらったもん。
戦利品として会場を飾っていたお花をたくさんもらってきた。

人間、もまれるとたくましくなります。
[PR]
by okunosaki | 2006-04-18 19:41 | work

Waitress

先日、前に働いていたレストランから仕事復帰できないか?と電話があった。

素晴らしいタイミング。
ビザも取れて一安心、さて、そろそろ仕事始めなくては・・・と思っていたところだったので、もちろん快く承諾。さっそくこの金曜日、ランチタイムから入りました。

久しぶりのスタッフとの再会。
前回、複雑なビザ状況下でのwork rotaでみんなに迷惑・心配をかけてしまったから、ちょっと気まずいかな・・・と思ったのもほんの取り越し苦労。すんなり受け入れられました。

ある意味、ほっとした。
自分の居場所があること、何かに所属することによって得られる安堵感というのか。
とにかく、社会復帰一日目。
麗らかな小春日和。気持ち良くスタートできた。

f0091482_0104413.jpg
一階はこんな感じ。Chesterではちょっとposhなイタリアンレストラン。
もとは教会だったのを改装。レストランになる前は銀行だったらしい。




f0091482_0154923.jpg
2階はバーとなっております。
食事を終えて、こちらでお酒を楽しんだり、煙草を燻らせたり・・・。
[PR]
by okunosaki | 2006-04-14 23:29 | work