カテゴリ:leisure( 46 )

ギリシャ旅行記4

9月19日(水) 3日目

この日から3日間、レンタカーを借りてザキントス島を探索することに。

イギリスで手配しておいたので、この日の朝9時ごろに現地の人がホテルまで持ってきてくれた。

ちょいと怪し気なおっさん。
約束の時間どおりにやってきた。
ホテルのロビーで書類作成。エディの運転免許や私のクレジットカード番号をチェック。
これはIDチェックみたいなもので、レンタカーを借りる時に必要だと言われていたから、渡した。
それからすべてカバーされる保険にも入った。念には念を入れて。これはエクストラ料金。現金で払った。この時十分なユーロを持っていたし、なるべくカードを使いたくなかったから。これがまた後程面倒なことになるんですけど。

さて、保険にも入ったし、サインもしてさてさてどんな車だと外へ。

ホテルの前には最新のトヨタウ゛ィッツ。ヨーロッパではヤリスっていうのでしょうか。
車内とボディーをチェックし, 中の整備の確認をざざっとして、はいどうぞと鍵を渡される。
それから忙しそうに相方の女性スタッフの待つ別の車へ乗り込み、慌ただしく帰っていった。

なんだか忙しそうだねーなんてのんきにエディと話す。
ギリシャは左ハンドル、右車線なのでイギリスとは逆。
車は右の垣根ギリギリに止めてあったから, とりあえずエディが乗り込みフロントの駐車場へ移動させる。

エディさん、左ハンドル初運転。
なかなか手こずっておりました。
イギリスは日本と同じ右ハンドルに左車線。しかもうちらの車はオートマだし。
今回借りたマニュアル車で左つーのは、なかなかの曲者。

まぁ初日だから遠出しないでぼちぼちねと、とりあえず部屋へ戻り出かける準備を始めました。

ザキントス島は、島の右半分は平地、左半分は山地となっております。

Argassiから少し北上した街Tsiliviにはステキな砂浜のビーチがあると聞いたので, まずはそこを目的地に出発!

海岸線沿いをひたすら走る。

見慣れない地名と、ギリシャ語表記の看板にちょっと戸惑いながらも, がんばって地図を読む。

平野だと思っていたけど, けっこう坂道がたくさん!
見晴らしがよくて時々車をよせては景色を楽しむ。
オリーブの林、乾燥した大地。ギリシャだー!!
f0091482_2037917.jpg

いくつか小さな村を抜け、ふと街が広がる。

なんか不釣合な看板やレストラン。フィッシュ&チップスの文字。
なんだか少し悲しくなる。
郊外はステキな村や景色が広がるのに、一歩大き目な街に入ればホリデーメーカー用の安っぽい店たち。
うちらもその一人なんだけど。。うーん。

気を取り直し、ビーチへの入り口を探す。

ありました。
車を止め、さっそく降りていく。
砂が暑い!目が痛い!! いいねー!!!
f0091482_20424447.jpg
おもわず足を浸す。。冷たくてきもちがいい。
f0091482_4314162.jpg

なんだかいつまでも眺めていたい色。
f0091482_20431138.jpg

かなり浅瀬で、エディもズボンをまくりけっこう遠くまで歩いていった。

車に戻り, このまま少し北上することに。
f0091482_20463378.jpg

助手席から窓の外を眺めていたら, 崖の下に見え隠れする、すんばらしいビーチ発見!!

エディに"あの場所へ行きたい!!"って叫んだら"OK!!"って。

エディのすごいところは,本当に連れていってくれるのです。
どうやって降りるのかしらーって思うけど, ちゃんと入り口見つけて連れていってくれました。
f0091482_20481942.jpg

ちょうどお昼時。おなかも空いてきたからここでピクニックしましょうと、ランチボックス片手に降りていく。
f0091482_444781.jpg

小さな入江。小石のビーチ。

すぐ裏手は急な岩のがけっぷち。自然の日陰となっていて,その下にビーチタオルを敷いてサンドイッチをほうばる。

とても静かで穏やかな時間の中、グリーンに輝く海を眺め。。至極の時。

おなかいっぱいになり、しばらく横になり空を眺める。海の小波を聞く。
f0091482_2050295.jpg
いつまでもこのまま寝そべっていたいけれど。。と, 惜しむ気持ちを抑え車へと戻る。
f0091482_20505546.jpg
名残惜しく このビーチに別れを告げて, さらに北上することに。
目指すは最北端!!!

続く。。。
[PR]
by okunosaki | 2008-01-13 04:06 | leisure

ギリシャ旅行記3 Zakynthos town

f0091482_18553985.jpg

9月18日(火) 2日目

この日も素晴らしく晴れてます。
もうそれだけで、ミゼラブルなお天気のイギリスからきた私たちには最高のプレゼント。

昨夜は、とっても疲れていたにも関わらず、暑くて眠れず。。
体はまだまだこの気温に慣れないようで。

朝食付きのプランなので,ダイニングルームに行き、まずは紅茶を。
ギリシャにきたって、やっぱり習慣的にカップ オブ ティーっすかね。

紅茶を飲みながらふとまわりの席を見渡す。年齢層が高い。

ギリシャ、トルコ、スペインなど、比較的物価の安い国は、英人の若者に人気のホリデー国。連日連夜,街へ繰り出し、ナイトクラブやバーへ。そこで飲みまくる。

エディも10年位前に、トルコへ友達と行き、2週間 日の光を見ないホリデーを過ごしたそう。。
おばかだねぇ。
でも、若いうちにそんな経験もしといてよかったかも。
いまさらそんなホリデーに行かれても困っちゃうし(笑)

今回はそんな若者のいない街を選びましたよ。
ほどよくパブがあり、レストランのあるところ。

さて、今回の旅の目的。

日の光を楽しむ。
休息。

こんなもんだから、二日目はのんびり"何もしない"で過ごそうと。

これまた難しいのよ。
私は旅行にきたら,その土地のすてきな所を訪れたいわけで。
でも今回滞在している街自体,とても小さくて特別な観光名所でもなく。

とりあえず、午前中はアーガシを探索してみようとお散歩へ。

ホテルからちょっと坂を降ると,もうメインストリート。
そこから更に下っていくと,海岸沿いにでました。f0091482_18563164.jpg
ちいさなビーチがあり、想像していた真っ白の砂浜。。。とはかけ離れたもの。。

ちょっとがっかり。

ただ、レストランの数は、小さな田舎町にしたらたくさんあって, 大満足!
お店の前に出ているメニューをチェックしてみたり、中の雰囲気を覗いてみたり。

海沿いの一軒のレストランで昼食を取ることに。
頼んだのは代表的な地中海料理のムサカ。
写真取るのを忘れましたが、一見グラタンのような感じ。ホワイトソースの代わりにトマトソース?夏野菜のスライスにラムのミンチ肉とか挟まってる..のかな。おいしかったです。この旅行中、何ども頂きました。

しばらく街をうろつくも, 特に興味深いものもなく、暑さにのぼせてきたのでホテルへ引き返すことに。
f0091482_18575978.jpg
午後はお昼寝タイム。シエスタっすね。
3時を過ぎれば、灼熱(大げさな)な太陽も和らぎ程よい暖かさ。
ホテルのプールサイドで日光浴。そこでもエディさん、寝てます(笑)熟睡っす。

日も陰ってきたので、そろそろ着替えて夕食をとろうと。

この日1日アーガシにいて,私もちょっと飽きた(すでに?!)ので、この島のCapital city、ザンテシティーに行くことにしました。

隣町なので,車で10分ほど。
さっそくタクシーで街へと向かう。
f0091482_18594689.jpg
まずは街を見てみようということで、歩き出す。
アーガシと比べるととっても活気があって,お店もたくさん!
レセプションの人が言っていたけど、昼間はシエスタがあるから閉まっていて,夕方から開店する店の方が多いから,夜のほうが買い物するにはオススメだと。

月夜のきれいな晩でした。

イギリスでは5時半にはどこのお店も閉まっちゃうから、仕事帰りに買い物とかできないもの。
スーパーが開いているくらい。

とりあえずさーっとメインストリートを通りぬけ、海沿いのちょっと静かな通りへとでる。

そこで目に入った(呼び止められた)レストランで夕食を取ることに。
海からの風が気持ちいい。
食事自体はたいしたことなかった(正直いって)。でも、オープンテラスで頂く食事や、Tシャツ、素足にサンダルと、そんな小さなことがなんだか幸せに感じた。

この日は1日のんびり,ゆっくりできて充電完了。

翌3日目から車を借りて,ザキントス島探索です!
f0091482_191552.jpg
[PR]
by okunosaki | 2008-01-11 20:30 | leisure

ギリシャ旅行記2 Argassi

順番めちゃくちゃですが、折角書き出したギリシャ旅行記。赤ちゃんが生まれる前に書留めておきたい。。ということで続きです。

9月17日(月) 1日目

マンチェスター空港を飛び立ち, やっと飛行機の中で一息。
乗り込むまでにあまりにドタバタ過ぎて疲れちゃいました。

予定では空港で朝食取ってから飛行機に乗り込むわけだったけど,もちろんそんな余裕なし。

およそ3時間半のフライト。ザキントス島までの直行便で、予定到着時刻13:40。さっそく紅茶とサンドイッチを頼んで、朝食を。

そこで初めて気がついたことが!

おなかがぽこって。

おぉ? 確かに何かが動いた。エディにドキドキしながらおなかに手を置いてもらう。

そしたらまた ぽこっ て!!

エディも"おおおーー!!!"って。初めての胎動です。いやぁ、忘れられません。

なんか豆が飛び跳ねた感じ? ポップコーンがハジケタみたいな。。気圧の変化か、うちらの興奮が伝わったのか、とにかく素敵な瞬間でした。
f0091482_1852567.jpg
食事を取って, しばらくうとうとしていたら 外の景色に変化が。

雲がなくなり、下には青い海が広がっていました。
なんだか明らかに違う日の光にだんだんわくわく。

アナウンスがなり、いよいよ到着です。

小さな飛行機から, トラップで直接降り立つギリシャ。
あの重い夏の空気。なんか懐かしい。

ちいさな島の空港らしく, おんぼろな建物がメインターミナル。
私の日本のパスポートが珍しかったのか、全然関係ない質問されたりして。
EU圏内からの旅行者には入国スタンプがいらないけど、私には必要だからっていいつつ、そのスタンプが見つからない。人に聞いてやっとどこからか持ってくるも、押し慣れていないのか手間取ってた(笑)

無事荷物を受け取り, (何人かスーツケースがmissingだった人も。。)ホテルまでシャトルバスで移動。

今回私たちが滞在したのはザキントス島のArgassi(アーガシ)というちいさな街。
f0091482_2112469.jpg
そしてホテルはこちらKaterina Palace。エントランスに咲く、カラフルな花たちに心が弾む。
f0091482_18545860.jpg

チェックインを済ませ, お部屋はこちらです。と、ホテルマンの後についていく。

と、なんだかだんだん怪しい雰囲気に。

さっきまでの明るかった光が、だんだん薄暗くなり階下へ。。。おいおい、ちょっと待てと。

ここです。と渡された荷物とカギを手に,エディとしばし沈黙。。

まぁまぁまぁ。。。とりあえず中へね。もしかしてすごく見晴らしがいいかもー。なんてすでに期待薄な、力ない励ましの言葉をエディにかけながらカギを開ける。

真暗。

手探りでスイッチを見つけ, 明かりをつける。

お部屋自体は広くていい感じだけど、なんか寒々しい。。

せっかくのリゾートなのにーって、窓を開けるとおもいっきり日陰。

北向かい!
しかも1階だし。
向かいはただの建物でなーんもないし、景色も何もあったもんじゃない。
せっかくバルコニー付きの部屋を予約したのにこれじゃ意味がない。

ベットに座れば, "ギシッ!!!"って、ありえんくらいの大きな音はするわ, バスルームは黴臭いわ!

"もーーーーーーっ!!!絶対無理!!!"

二人でまたスーツケースもって、さっきのレセプションまで戻る。かなり最悪な気分。
クレーム&部屋チェンジ交渉。
このとき対応した女の子がこれまた態度悪っ!!

うちのエディさん。見た目やわそうですが、実際かなり短気でけんかっぱやい。

この受け付けの態度に, かなりぴきっときとりましたので, 私が代わって交渉。
すぐにマネージャーらしき女性(感じ良し)が対応してくれて,すぐ近くの部屋へ案内されました。

そこの部屋はさっきと同じようだけど、雰囲気があたたかい。。
バルコニーにでると、2階だからもっとプライベートだし、裏手の山がみえていい感じ。

さっきよりだいぶましだし、疲れもあってここでOKとしました。
怒りがおさまらないエディさん。おなかも空いていたようです。食べ物与えたらちょっと治まってきた(笑)
ホテルの部屋へ着くまでが大変だったから, 彼はお昼寝。私は散歩へ。

その午後&夜は、ホテルの近辺探索して軽く近くのレストランで夕食とっておやすみ。

写真はホテル前の海辺の夕焼けです。
f0091482_19192195.jpg

[PR]
by okunosaki | 2008-01-08 22:24 | leisure

Holiday in Greece

9月17日から24日まで,ギリシャにある島の一つ、ザキントス(ギリシャ語Zakynthos, 英語Zanteザンテ)に行ってきました。

エディと出会って数年。。うちら英国内はいろいろ旅行しましたが, 海外へ行ったことはなし。
3月に日本へ帰りましたが、それは私にとっては里帰り。どこか行きたいなぁと思いつつ, なかなか。。。

そんな中私の妊娠がわかって、いよいよ二人だけの生活が期限付きとなり, こりゃ行けるうちに行っとかないと! ってことで早速有給休暇をブッキング。

じゃぁどこへいこう?

今年のイギリスの夏はほんと寒かった。
夏らしい日......ほとんど記憶にありません。
ならばどこか暖かい国。。イギリスから遠くなく、 ビーチがあって、 二人とも行ったことない場所。

アドバイスを聞いてみようと寄った旅行代理店。
さすがプロ。さっそくいくつかパンフレットを持ってきてくれて案を。

そこで一目惚れした1枚の写真。

青い海。断崖絶壁の小さな入り江に真っ白な砂浜。そこにぽつんと取り残された難破船。。。

あぁ。。この景色をこの目で見たい!!って考えただけでどきどき。

さっそくそのパンフを持ち帰り, エディに提案。

ギリシャには私は母と。
エディもロードス島など行ったことはあるが、この島はない。
条件にすべて当てはまった。。決定!!!

フライト+ホテルをネットで予約して、レンタカー借りて, ギリシャだから水着もいるってエディに言われたけど、私は妊婦だし、水着なんて。。。と思いながらもビキニ購入(笑) これまた買っといてよかった! あまりに暑くて毎日来てましたよTシャツの下に!

さて、旅行当日。9月17日。

フライトはマンチェスター空港から午前8時。最低2時間前にはチェックインしたいから、家を出るのは5時。。

なんてこれから起こる状況を知っていたら午前3時に家を出てましたけどね。

さて、小雨の降る中、無事駐車場に車を預け、吐く息白く空港に着いてみてびっくり。

9月だからホリデーの人も減るはず! っていうのがすでに間違い。

チェックインするのも長ーーーーい行列。

やっとこスーツケース預けてチェックインし、さて早めに出発ロビーに入ろう。。って、その入る前にすでにまた長ーーーーーーーーーい列。

ワタクシ、これまで何度かいろんな空港を利用しましたが、あれだけ混雑してストレスフルな状況は初めて!

出発時刻まであと30分!っていうときでさえ、まだまだ出国コントロールの入り口まで長い列。。。さすがに私たちイライラするし、焦るし、空港の人にうちらのフライト時刻伝えても"ここで並んでて"しか言われないし!

モニターチェックしてたら、ザキントス行きのゲートそろそろ閉まりまーす!って出てるし!!

もう、エディはFワード連発で怒ってるし,もうこれ以上無理!!!って時に半分叫んで係の人呼び止めて、すぐ横のドアから中に入れてもらって,それからは走って出発ゲートへ向かう始末。。

あのー。。この時私, 妊娠6〜7ヶ月。さすがに全力疾走できません。
しかもそんな時に限って一番遠いゲートだったりするのよねぇ。

エディは "先に行って飛行機止めとく!"って言ってまたたく間に走り去り, 私は小走りで頑張りました。

ほんともう少しで乗り遅れるところだった!!
ぎりぎりセーフです。

ほっと一息つく間もないまま飛行機は動き出しました。

さてさて, どんな旅になるのか。。。

私もエディもすでに疲れ切り。。かなり不安でした。

写真はマンチェスター上空。雲でぎっしり覆われています。。
f0091482_7525168.jpg

[PR]
by okunosaki | 2007-12-23 07:53 | leisure

せっかくだから。。

パソコンを開く機会が増えたこのごろ。

やっとWindows Vistaの画面に慣れて、写真の整理を始めました。

この夏に行ったギリシャ旅行のこと、そういえばまだブログに載せてなかったなぁと思い、忘れないうちに記録に留めておこうと思います。

よろしかったら、季節外れですがご覧になってねぇ。
[PR]
by okunosaki | 2007-12-22 20:50 | leisure

Manchester

今週は、私もエディも有給休暇をとったので、南イングランドのブライトンで数日のんびり過ごそうと計画していたものの・・・ずーっと天気が悪く、そのせいかあまり気分も乗らず、結局キャンセル。エディのおばあちゃんも入院してしまったし、今週は家探しに専念&体を休めようということに。

エディと街をぶらつくも、やっぱり飽きてきた。

気になる物件も見つけて見に行ったものの、Yes!!という決め手にはならず。
難航しております。

なので今日は雨にもかかわらず、エディとマンチェスターへ行ってきました。

前から気になっていた、日本食レストラン「ワガママ」wagamama。
ここでランチをしようと出かけたのだ。

車で40分くらいかな。いつもは電車で行っていたので、車でこんなに近いとは思わなかった。
f0091482_0191328.jpg


無事に到着し、さっそくレストランを探しに街へと歩き出す。
雨はどんどんひどくなってくし、「ワガママ」の場所もよく分からないまま勘を頼りに歩き回る。

で、ほんとに偶然、運良く見つかった(笑)

さっそく中へと入る。なかなかPoshな入り口で、階段で下へとおりていくと、ありました。

席へ着き、すぐにウェイトレスさんが注文を取りにきてくれた。

エディはチキンカツカレー、私は焼きうどん。あと餃子も頼んでみた。

お客さんと店員さんを、さっと見回したところ日本人らしき人がいなかったので、どうかなぁとちょっと不安になったけど、出てきたお料理はどれもおいしかったです☆エディはチキンカツカレーをとても気に入ってました。あと餃子もおいしいって。よかった。
デザートのわさび風味のチョコレートケーキもおいしかった。また食べ過ぎた。

で、お腹いっぱいになり,眠くなり、雨もひどくなってきたから、食材だけ買って帰ることに。
雨の中チャイナタウンへ移動。
f0091482_0195988.jpg

f0091482_0202797.jpg
中国食品店を見つけ、中へ入って最初に目にしたのがこのお菓子。
お餅だーっと思ったら、読み仮名「モキ」になってるし∵ゞ(>ε<)ぶっ
思わずカメラでぱちり。笑いながらなのでぶれた。印刷する前にチェックしないのかねぇ。

エディが、お昼に食べた餃子をたいそう気に入っていたので、ここで冷凍餃子を購入。(私は昔、2時間もかけて、餃子の皮から作ってあげたのに、その皮を残されたからもう2度と作るまいと心に決めた。すっごくおいしかったのよ!!それなのに・・・)
そのほかにも納豆や米、豆腐などを買って、満足な買い物となりました。

この日の夕食は、ご飯にお豆腐とキャベツのお味噌汁、納豆、餃子と簡単にしておいしい食事となりました。エディは床に正座をして、お茶碗もって、結婚式の時に頂いた自分の名前入りお箸を使い、納豆食べてました。それを見ながら私は、なんだか微笑ましくて思わず笑いそうになりましたがこらえました。
写真、とればよかったー(● ̄∇ ̄●)
[PR]
by okunosaki | 2007-07-14 05:45 | leisure

Bodnant Garden

ここ数週間、みごとに雨ばかりのイギリス。

昨日の土曜日は久しぶりに晴天で,気持ちのいい一日でした。

で、今日は日曜。せっかくのお休みなのでどこか行きたいと思い立ち、エディと北ウェールズにある「the national trust」所有の「Bodnant Garden」(ボドナントガーデン)へ行ってきました。

チェスターから車で1時間弱。いつも通りちょっとのんびり午前中過ごし、やっとお昼頃出発。

車を走らせたとたん・・・雨がぽつぽつ・・・。

まぁ、移動中だし、ついた頃止めばいいねぇとドンヨリ雨雲を見つめながら海沿いを走る。
f0091482_20173897.jpg


そろそろガーデンの近くの街、Conwyが近づいてきた。
雨は相変わらず降ったり止んだり・・。

お腹も空いてきたので、初めて見つけたパブに寄ろうと話していたところ、発見!!

近くのbayが見渡せる素敵なロケーションで、ちょっと期待しつつ中へ入る。

そこで私たちが注文したのは、サンデーディナーではなく、バーガー&チップス!めちゃくちゃお腹空いていたのです(笑)

で、注文して間もなく運ばれてきたのがコレ!!
f0091482_20181092.jpg
さすがの私も食べきれず・・・でもすごくおいしかった!

ボドナントガーデンに到着。雨のせいか、日曜日にしては人が少なめ。静かでよかった。私の誕生日プレゼントとして、エディの両親から1年間のナショナルトラストのフリーパスチケットが贈られていたので、(もちろんエディの分も。)さっそくそのカードを見せて中へと入る。
f0091482_204317100.jpg
緑がほんとに濃くて、歩いているだけで癒される。
f0091482_20435986.jpg
バラとか他のお花は、時期的に遅かったようだけど、大好きな紫陽花が満開で、庭のところどころに咲いていた。庭というより、森っすね(*´∇`*)
f0091482_20442947.jpg
はすの花をじっくり見たのは初めてかも。すごく綺麗ですがすがしい。
f0091482_2045747.jpg
この後ろに写ってる巨大な家に、この庭の持ち主が住んでます。
f0091482_20454397.jpg
そして、これが庭からの眺め。だんだんお天気も回復してきて、青空が見えました。(これも一時的でしたけど)遠くに望めるのがスノードニア国立公園。

たくさん新鮮な空気を吸ってリフレッシュしましたよヽ(´▽`)/
[PR]
by okunosaki | 2007-07-08 22:31 | leisure

10/03/07

さて、滞在10日目。今回帰国のメイン行事がやってきました。

これで3度目になる私たちの結婚パーティー。

2006年3月6日にイギリスで結婚しましたが、それも15日間という超最短で指輪も会場もドレスも決め、結局時間があわずうちの両親は不参加となってしまいました。
なんて親不孝な娘でしょうか。
でも一応、両親も賛成してくれたので、あのような形の結婚式となってしまいました。

その3ヵ月後、エディの実家で第2回結婚パーティー。
この日は、私の両親もはるばる日本からきてくれました☆
じつはこのときが、エディと私の両親初対面!

ほんと、順番めちゃくちゃでごめんなさい(笑)

素晴らしい天候に恵まれ、汗ばむ中振袖をきましたね。
暑かった。イギリスの6月なのに暑かった。
イギリス国内といわず、ヨーロッパからも友達がたくさん集ってくれて、とても楽しいパーティーとなりました。

そして今回3回目。
やっと、やっと日本でパーティーです!!

あーーーほんとに嬉しかったよ。
こんな機会がなければ、親戚のおじさん・おばさん・いとこたちに会えないもの。
それに長年ずーーーーっと会いたかった地元の友達についに再会しちゃったりして。
ほんとうに貴重な機会を与えてもらいました。

この場を借りて、父ヒロシ・母マチコさんへ一言。
私たちの代わりの会場探してくれたり、話し合いにいってくれたりしてどうもありがとうね(● ̄∇ ̄●)

さて、この日は1時に会場となるレストランへ。

本当に「本日はお日柄もよく・・・」という言葉をついいいたくなっちゃうような、穏やかな日で。

さっそく私たちの控え室に通してもらってメイクの開始です。

人に化粧水とかつけてもらうって気持ちいいんだねぇ。

なんだかお姫様になったような気分でございました。

お肌の調子もあまりよくなかったにも関わらず、ファンデーションなしで、綺麗に仕上げてもらいました。さすがプロです。

私がメイクしている間は、エディさん、ソファにて本に没頭。げらげら一人で爆笑してました。

髭ぐらいそりなよって思いましたが、まぁ、彼がいいならいいか。

ゲストのみなさんも到着しているようなので、階下にいってみますと、久しぶりに会う親戚・お友達の顔がーー!!

なんだかちょっと照れくさかったけど、やっぱり嬉しかったー。ほんとに嬉しかった!!
f0091482_2264310.jpg

明るい内に外で記念撮影。ちょっと肌寒かったけど、やんわり風が出ていて気持ちよかった。
f0091482_2272082.jpg
父ヒロシの司会・進行でささっとスピーチを終え、突如乾杯をお願いしたにも関わらず、快く引き受けてくれた大学時代のお友達たち。どうもありがとうね。
f0091482_227509.jpg
どうして楽しい時間は、あっという間に過ぎてしまうのでしょうかね。
頭の中ですっかり「2時間」というのをどこかに置き忘れたらしく、「時間です」といわれた時、かなりパニクリました(笑)

エディはかなりご機嫌斜めで、「まさかこんなにすぐに終わるとは思わなかった。イギリスなら一晩中貸切で、夜中まで飲み続ける」と、かなりご立腹でしたが、ここは日本。イギリスじゃございません。
規則は規則ですから。

さて、すっかり2次会のことなど思いもつかず、なにも予定を立てておりませんでした。この盛り上がったゲストたちをどうしようかと悩んだところ、さすが私のお友達。ささっと2次会のメンバーをまとめ、このままレストランで2次会突入することに。

みなさん、至らぬ主催者でごめんなさい。

どうも気を使わせてすみませんでした
f0091482_22112557.jpg

どうもありがとうね。
f0091482_2282913.jpg

[PR]
by okunosaki | 2007-03-19 22:08 | leisure

09/03/07

東京2日目。渋谷のスタバでコーヒーを飲みつつ、今日のプランを。
すごいね、朝からたくさんの人です。一気にあのスクランブル交差点をわたる人たちを見るのはちょっとした壮観。しばらくヒューマンウォッチングしちゃいました。
f0091482_21581425.jpg
イギリスではあまり高層ビルが見当たらないので、かなり興味津々のエディさん。ならばと新宿の都庁へ行ってみる事に。
私も行ったことなかったので、ドキドキ。
すごいね。ビルだらけ。
駅の構内もかなり歩きました。
しかもたくさんお店もあるわ、大学まであるわ、なんだか私もカルチャーショック。
f0091482_21503254.jpg
都庁って展望室まであるんだね。
せっかくなので登ってみることに。
一気にエレベーターで45階へ。あっという間に登りきり、耳がきーんとなるわ、エレベーター内、誰もしゃべらないからちょっと緊張した空気が流れるわ、なんだか居心地悪いぞ。
でも眺めは最高でしたわ。これなら高いお金払って東京タワーへ上るよりいいわーと思ってしまった。

十分高いところは味わったので、お腹もすいたし昼食をとることに。
都庁の地下にあるレストランへ。
エディはレストランの外にある、蝋で出来たお料理の数々をみて毎回驚く。たまにラーメンとかお箸が宙に浮いちゃってるでしょ?あれって、うちらから見てもおかしいけど、外国の人が見たらさぞかし面白いんだろうね。
お昼の定食ってほんとお得ですねぇ。エディは、マグロ丼に挑戦したかったみたいだけど、どうも勇気が足らなくて、結局ハンバーグ定食に。私がマグロを頼みました。
やっぱりおいしいねー☆お刺身最高!
エディも私のお刺身ちょっと食べておいしいと言っていた。
あまり食べられないけど、(まだ恐がってる)味は好きらしい。

お腹もいっぱいになり、そろそろ帰ろうかと、浅草へ戻ることにした。

電車の切符を買おうとしていたら、ちょうど父親から電話が。
どうやら弟が東京にいるらしい。
はて、ナゼに?と思ったら、この日はパーティー前日。
彼も仕事の休みをとって群馬へ里帰り中とのこと。
すっかり次の日うちらの結婚パーティーだと忘れていた(笑)

不思議な感じがしたが、浅草駅で弟と待ち合わせることに。

彼はまだエディと会っていないから、突然「義理兄」と言われても焦るかもーっとちょっとおもしろかった。

巨大な荷物と共に現れた弟。

エディを紹介する前に、二人とも握手をかわし挨拶していた!すばらしい。
思ったよりもすんなり打ち解け、コーヒーを飲みつつ、話は弾む。
f0091482_21513422.jpg
帰りの電車ですでに仲良くなっていた二人。ちょっと安心しましたよ。
家に帰り、久しぶりに家族が揃った夕食。なんだかお正月みたいで心が暖かくなりました。
[PR]
by okunosaki | 2007-03-18 21:07 | leisure

08/03/07

滞在8日目。今日はエディが楽しみにしていた東京観光へ。

電車で1時間半。まずは定番の浅草へやってきました。

浅草仲見世通りで人形焼をつまみ、意外にエディさん、気に入った模様。

3個くらい購入し、ぱくつきながら浅草寺へ。

f0091482_21442198.jpg
煙にむせながら御参りをすませ、ここでも神社の荘厳さに感動していた様子。お天気がとてもよくて気持ちの良い日でよかった!
f0091482_21454485.jpg
それから電車で上野へ。この日一番のメインは上野動物園。動物園へと続く道は、ちらほら桜が咲き始めていました。
まぁ、東京の動物園なのになんてリーズナブル!入園料600円を払い、さっそくお目当てパンダを見にいきました。
はて・・・いないと思ったら、寝てました。背中をチラッとみて終了。まぁ、仕方ないよね。もともと活発な動物じゃないし。

その後くまなく見て周り、動物好きのエディさん、大大満足でした。特にホッキョクグマとライオンが良かったみたい。あとカバ。

気が付いたら午後ほとんどを動物園で過ごしてしまった。
うっすら日が落ちてきて、私たちは東京タワーから夜景を見ることに。
f0091482_21462245.jpg
タワーに着いた時は明るかった街も、だんだんと黄昏色に染まってゆき、なんだかちょっと切ない気分になった。
特別展望台へ行こうと列に並んでいたら、運悪く私たちの前でエレベーターの調子が悪いとかで足止め。
30分近く何度も修理のおじさんが上へ行ったりきたり・・・。うちらもウンザリしてきて、諦めかけたその時再開。
やっとこ特別展望台へ。いつのまにか星空が見え、「これが東京の夜景かぁ・・」と感動するも、今度は下りエレベーターの長蛇の列にウンザリ・・。
前回来た時は昼間だったせいかしらんけど、がらがらでこんなもんかぁとちょっとがっかりしたけど、この日はかなり混んでました。ビルの中にあるお店もリニューアルされたのか、綺麗でちょっとした再観光地になってました。
f0091482_21484199.jpg
8時に友達と待ち合わせの渋谷ハチ公前へ。
話に聞くハチ公前で待ち合わせなんて。駅内にでかでかと「ハチ公前」と表示されていて、迷うことなく行けました。夜の渋谷なんて、一度しか行ったことないからちょっとびびってました(笑)
エディも、「サキの友達はどうやって僕らを見つけるんだ?」と、あまりの人の多さにびびってました。
ちゃんと無事に見つけてもらい(笑)、私たちは彼女たちオススメのお店へ。
おいしいワインを頂きながら、変わらぬクレイジーさ、笑わせていただきました!どうもありがとうございました!!
[PR]
by okunosaki | 2007-03-18 20:59 | leisure