カテゴリ:chester( 22 )

歴史れきし

街まで歩く道すがら, Dee川を望む大好きな場所がある。

幾度と通り過ぎて、普段気がつきもしなかったこの塔。

あるとき何気なく近づいてみたら、ギョッっとしたのでご紹介。
f0091482_6153870.jpg


TO THE MEMORY OF
GEORGE MARSH

WHO WAS BURNT TO DEATH
NEAR THIS SPOT FOR THE TRUTHS SAKE

APRIL 24th 1555

ですってよ。

焼き殺されたってことですわよね?

だからてっきり"魔女狩り"か?って思いました。1555年っていえば真っ最中だし。
で、調べました。
今はネットでなんでもわかるのね。
彼は宗教上のいざこざで処刑されたようです。

調べたついでに、すぐ近くにある碑もチェックしたら、そこは病院跡でペストで亡くなられた方の共同墓地でした。

まだまだ知らないことだらけ。

この塔の近くにある教会。
最近また、プレイグループに通い出しました。
たくさんおもちゃがあるし、ミリーもほかの子供たちから刺激を受けるみたいで楽しそう。
f0091482_616919.jpg


この日はキッチンエリアでよく遊んでいました。

写真の左下、ミリーの頭とそっくり!って思ったらお人形でしたわ(笑)
こっちの人形はリアルだからねぇ。
f0091482_61631100.jpg

[PR]
by okunosaki | 2009-01-23 06:20 | chester

夏祭り

ミリーと私、毎週火曜日は日本人の子供たち(4歳くらいまで)が集うプレイグループに参加しているんですけど、先週そこで夏祭りが行われました!

当日、日本からお届け物が.
f0091482_510539.jpg
中身は。。。ミリーに甚平!
さっそく着せてみました。
あらすてき。
ちょっと大きいですが、よく似合ってます。
サイズ110ですが、これは日本の子だと何歳用なんでしょうかねぇ?

私にも浴衣を送ってくれたので、久しぶりに着ることに。
急いでアイロンかけて,焼いたチーズケーキも準備して。

お祭は午後1時から3時まで。

会場ではお食事や、ゲーム、バザーなどのほかに、フェイスペインティングや美容師さんによる髪結コーナーまで。
私も子供たちのあとに髪をアップにしてもらいました。
f0091482_5112178.jpg
さすがプロ!すてきです。

残念ながら今回はエディはお仕事で参加できなかったけど、前年は時間を遅めに開催したため、お父さん方も仕事帰りに寄ったりして参加されたそうです。
2時間はあっという間で,忙しかった。
ミリーはいろんなお母さんたちが面倒みてくれて、私も助かりました!
一人で相手していると、楽しくてもやっぱり息が詰まる時が。
こういう会があると、ほんと気分転換にもなるしよかった。
もし、お祭の様子が気になる方、こちらをクリック!
写真つきでちょっと紹介されてます。

今回は送り迎えをしてくれたエディの父。
ミリーの甚平、とっても気に入ってましたー!

また来年,楽しみだね。
f0091482_512136.jpg

[PR]
by okunosaki | 2008-09-01 20:34 | chester

お呼ばれ

この間、ミリーさんはお友達のお誕生日会に出かけました。

イギリスでは、こういったホールなどを借りてお誕生日パーティーをするんですね。すごいわ。
日本でもそうなのかな?

今回は、毎週火曜日に参加している"日本人のプレイグループ"(クリックするとブログへ飛びます)のお友達からの招待。
いつも使っている馴染みのホールで。
みんなドレスアップして、顔にはペインティングしてもらってる子も!

子供たちのディナープレートには,ママたちの手作りパンやビスケットなど。
別のテーブルには、大人たちへ飲み物やブッフェ式のお料理も用意されていて、ほんと素晴らしい!

さっそくミリーをバウンシングチェアーに乗せて, 私とエディはお料理をいただこうと彼女から離れました。
そこへ、保護者のお父さんが, なぜかテレタビーズの紫のやつ, f0091482_21185454.jpgこの一番右のね。
このキグルミをきてたわけですよ。
それでミリーに近づいて、ちょこっとご挨拶。。
ミリーさん泣きました(笑)大泣きです。
普段あんまり泣かない子だから、ちょっとびっくり。でもなぜかうちら笑ってしまった(笑)そっかー、こういうのが怖いのかと,ちょっとミリーの個がでてきたことに嬉笑い?
その後もこの紫のものが近づくと顔を引つらせてました(笑)顔がびびってるし。
f0091482_21361569.jpg

それにしても腕がむっちむちです。すごいっすよ。
おっと、よだれでお口が光ってますぜ姐さん!
f0091482_2057234.jpg

楽しかったねェ。ミリーも大きくなったらこんなパーティーできるかな。
マミー頑張るわ!(汗)
[PR]
by okunosaki | 2008-07-09 20:58 | chester

hot hot hot!

まだまだイギリスの桜は咲いてまーす。
f0091482_2311780.jpg

先週から、すっかり夏らしくなりました!
連日25度くらいなってるんじゃないかな。あっちーです。
毎日天気がいいので、ここぞとばかりに外へ出かけていまして、さすがに足が疲れた。。
先日、エディの両親がホリデー先のインドから戻ってきたので、今日は久しぶりにうちへ遊びにきました。
簡単なお昼を作り,お庭でランチ。

ミリーは珍しく午前中お昼寝しなかったので、彼らが来たころちょっとぐずぐず。。(昨夜は10時から朝7時半まで寝てくれました!最長記録!!)
まぁ、あれだけ寝れば眠くないなと。

エディのお母さんが、インドで買ってきた洋服をミリーに着せようとしたら、すっごい泣いた!(笑)
ただでさえ眠くて機嫌が悪いのに,そのうえむりやり来ていた服を脱がされ,サイズの合わないベスト?(一瞬チャイナ服かと思った(苦笑))を着せられ、可哀想なミリー。頑張ってください。

かれらがお昼を食べている間、今しかない!と、ミリーをベットへ連れていき。。寝かし付け成功!よかった。これで安心よ。
まぁ、それでもちょこちょこ部屋へ覗きに行くエディのママ。どうぞ抱き上げないでください。(前は"だっこしたいわ!"って言って普通に抱き上げてましたから。寝てても関係なし。さすがグランマ。泣けば"マミー!大変よ!"ですから)

さて、そんな楽しい再会を終え、嵐のように去っていきましたので、ひとりワタクシ, パソコンに向かってる次第でございます。
f0091482_22594092.jpg

先週末は、ひょんなことから出会ったお友達が、チェスターへ遊びに来てくれました。久しぶりに会う彼女との話は尽きぬもので、ミリーが寝付いてから、私もちょこっとお酒も頂きつつ、久しぶりの夜更し。楽しかった。

翌日も彼女らをチェスターへ案内したり、楽しい散歩。晴れてよかった。

彼らに別れを告げたあとは、急いでお出かけ準備。この夜は友達のうちでディナーに呼ばれてまして、泊りです。
f0091482_23535942.jpg

ここでもミリーさん。とてもいい子でいてくれたので、私たちとても楽しめました。
ディナー中もおとなしく座っていてくれたし、眠たそうにぐずってきたので、ベットへ連れていくとひとりで寝てくれました。すばらしい。
彼女が寝たあとは、Wiiでもりあがり、エディはゲームとか好きじゃないけど、"日本へ行ったら買おう"という程気に入った様子。本気で買うのかな?確かに日本で買った方が安いよね。買うか?

この陽気、いつまで続くかな?今年こそバーベキューしたいねぇ。
f0091482_23323427.jpg


[PR]
by okunosaki | 2008-05-08 23:02 | chester

ハウスバウンド状態

ほんとよく降るわ。。雨、雨、雨。。ここんとこ、毎日にわか雨ばかりで家を出るのも躊躇しちゃいます。

プッシュチェアーを押しながら, 傘をさすのは至難の技。
むしろ危険です。かといって濡れたくはない。レインコートを買うべきか。。
それにしてもどうしてイギリス人は傘をささないんでしょうか。
これは渡英当初からの疑問。

前に見た若い男の子。土砂降りの中,ふつーに歩きながらたばこ吸ってました。
雨に濡れてもたばこって吸えるのね。消えないんだね。

ほかにもびしっとスーツをきたビジネスマン。びしょ濡れですけど、そのまま仕事に行くのかい?

お昼のサンドウィッチをほおばりながら,やはり雨の中歩く人。濡れたパンはまずいだろう。。おなかに入れば一緒なのか?

話がそれました(笑)

そんなこんなで先週は、お天気が悪かったから家に閉じこもりがち。ちょっともやもや。。
部屋でつまらんテレビをぼーーっとみているより、ちょっとくらい天気が悪くても外に出た方が100倍マシ!
ということで、今週はなるべく外に出ようと忙しくミリーと歩き回ってます。
f0091482_0224041.jpg


雨の中、カナル沿いを歩いて街へ行くと、白鳥が片足上げてぼーっと立ってました。
白鳥ってでかくて怖いのよねぇ。
とくにこの辺にいる白鳥はやけに人間慣れしてるから寄ってくるし。。
遠くから見守りつつさっさと通り抜ける。

昨日のお昼は、今週末インドへ旅立つ義両親が、しばらく会えなくなるから(といっても2週間)ミリーに会いたい!とのことで、家に遊びにきました。
その後、ジャパニーズトドラークラブへ送ってくれました。私は久々に友達に会えて楽しかった!

今日は朝からチェスターの図書館へ。
午前10時15分からと11時15分から、singing timeがあります。
今回初めてミリーを連れて10時からのに参加してみました。
まだ全然歌えないけど、なんか楽しかった。
これから徐々に歌を覚えていこう。
それでミリーがもう少し大きくなって歌えるようになったら,一緒に遊ぼう。

せっかく雨の降っていない日だもの。もう少し街にいようとふらふら。
そこで、前にピアノを弾いていた教会を思い出す。
おじいちゃんが亡くなって以来、思い出すと悲しくなるから1度も足を踏み入れてなかった。

ミリーを連れて,ちょっと行きにくい場所だけど、あの時お世話になったアニー&ロニー夫妻がいるかなぁと、ちょっと覗いてみることにした。

教会の中は、あの時と変わらず穏やかな雰囲気で、懐かしくなった。

ピアノの上にはおじいちゃんの写真と彼への追悼の言葉が飾られてあった。

ほんとにたくさんの人に愛され,慕われていたおじいちゃん。
みなが彼に会いにこの教会へやってきていたのだ。

私がピアノの前でこの写真を見ていたら、見覚えのある老女が話しかけてきた。
"しばらくね、元気だった? まぁ、あなたの赤ちゃん?!みなで噂していたのよ、あのジャパニーズレイディーは元気な赤ちゃんを産んだのかしらー?ってね!"って。
それから"ピアノ、弾いてくれる?"って言って、どこからか鍵をみつけてピアノを開けてくれた。

そこまでしてくれたので、じゃぁちょっとだけ。。
と、私が弾けるのはたいしたものじゃないし、間違ってばかりで恥ずかしかったけど、弾き終わったらお茶を飲んでいたおじーちゃん,おばーちゃんたちみんなが拍手してくれた。
なんかこんなで申し訳ないなぁと思ったけど素直に嬉しかった。

結局ちょっとだけ。。のつもりでいたら、お茶を出してくれたり、ジュースを持ってきてくれたり,2時間くらいいたかな。

それに会いたかったアニー&ロニー夫妻にも会えました。
ミリーを紹介して、だっこしてもらって。
二人とも変わらずすてきで優しいご夫婦。
"これはイギリスのトラディショナルなの。"といって、50ペンスコインをミリーに握らせ、それを私にくれました。"シルバーを握らせるとラッキーなのよ"って。

おもいきって来てみてよかったなぁと思った。
まだちょっとエモーショナルになるけど、きっともう大丈夫だ。

明日も晴れるといいなぁ。
f0091482_0212144.jpg


[PR]
by okunosaki | 2008-04-17 01:54 | chester

昨日のチェスター

ギリシャ旅行話の間に割り込んで、昨日のこと。

やっとクリスマス休暇が始まったエディさん。
この終末土、日を使って、クリスマスプレゼントを買うとのこと。

毎年のことながら、ラストミニッツでございます。

普段の疲れと、午前中のドンよりお天気+小雨パラパラ。。。結局家を出るのが午後3時となってしまいました。

午前の天気がウソのように回復して,青空が見えたので, 私も一緒に歩いて街まで行くことに。

家から街のちょうど中間辺に、ディー川を望める大好きな場所があるんです。そこからの景色を眺めるのは、お散歩の特権!
f0091482_06394.jpg
午後3時ですが,この夕日。。思わず立ち止まって、この静かな時間を堪能。。
f0091482_05221.jpg

5時頃,ふと空を見上げている人に気が付き、私も見上げる。。

すっかり日の落ちた夜に, イルミネーションに負けないくらい輝いている月を発見!
なんだかちょっと得した気分。
f0091482_064464.jpg
この後エディと合流して, 家までまた歩いて帰りました。

でも最近、尾てい骨が軋むように痛くて。。。この時も、途中何度か立ち止まってはまた歩き出しの繰り返し。気がつけば妊娠10ヶ月。臨月ですね。
満月の日は出産率高いらしいから, この月のパワーのせいで痛むのかな。。
[PR]
by okunosaki | 2007-12-24 00:08 | chester

walking

チェスターに、日本人のママ達が作ったトドラークラブというのがあります。
4才以下の子供たちに、日本の文化などを遊びを通じて学ばせようという、仲良し会なんです。

語学学校の時のお友達が何人かママとなり、前からこの会のことは彼女たちから聞いていました。仕事の休みとなかなかあわず、やっと産休の今がチャンスということで、12月から私も遊びに行っています。
先週はクリスマス会も行われ、たくさんの子供たちのパワーに圧倒され,来年の今頃は自分も子供とここにいるんだなーなんて、ちょっと考えてはニヤついたり(笑)いやぁ、まだまだ実感がねぇ。

さて、その会が開かれている教会まで、家からだとけっこう距離が。
でも毎回歩いて行ってますよ。だって先輩ママさんに"歩くことが一番の安産対策!!"と言われましたから。

この日も霜がおり、とっても寒い日でした。
でも、雨は降っていないし、コート、手袋、イヤーマフ、ブーツと完全装備で出発。
f0091482_5513332.jpg

いつもはチェスターの街を抜け、ウィンドウショッピングなんかしながら向かうのですが、この日は道をかえ川沿いを行くことに。
f0091482_5523446.jpg

グロブナーパークを通っていると、ふと目に止まった花。。こんな時期にとよく見たら,これって桜です。。か?
f0091482_5533974.jpg

それからさらに歩いていると、目の端にちょこちょこ動くものが。。リスかな。。っとよくみると,ロビンじゃないですかー!日本名だとコマドリっていうのかな?イギリスじゃクリスマスの鳥ってイメージなんですけど。クリスマスカードとかによくデザインされてるし。丸くてかわいい!この子、私がカメラ用意するまで動かずジーッとしててくれて、撮り終えると,"じゃ!"って感じでまたピョコピョコ行っちゃいました。
f0091482_5543190.jpg

夏は人で溢れかえってるディー川沿いも、冬場はひっそり。鴨や白鳥がゆっくり静かに泳いでいました。
f0091482_5562447.jpg

橋の向こうに見える教会まであと少し。ゆっくり歩いて1時間の道のりでした。
[PR]
by okunosaki | 2007-12-19 05:56 | chester

Horse racing

今朝、あまりにもいいお天気だったので、ベットから起き出さずにはいられませんでしたヽ(´▽`)/

ここ数年で最悪の夏だといわれているイギリス。各地で洪水の被害がでたり、ほんとに雨ばかり。

それが最近、やっとやっと晴れの日が続き・・・今日も晴れ!よかった!

つーことで、さっそく朝食を食べ、エディと車に乗り込みちょこっとドライブ。

新しいパソコンでもみるかーと、Costcoというお店へ。
最近日本でも見かける人もいるかと思うけど、卸売りのお店といいましょうか、一般の人も会費を払いメンバーとなれば、買い物ができるのです。店自体は倉庫みたいで、何もかも単位がでかい。でもって、電化製品とか本とか、結構何でも置いてあるので面白いです。

行っては見たものの、あまりぱっとするものもなく、そのままチェスターへ帰りました。

その帰り道、道がやけに混んでいるなーと思ったら、今日はチェスター競馬の日でした。観光バスで乗り込む人たちの姿も。

家に帰り車を置いて、散歩がてら街をふらつくことに。
毎週日曜日は、タウンホール前の広場にマーケットがでています。
今日はそれにプラスでスポーツのイベントが開かれていました。
私たちが通った時は、小さな男の子達がフェンシングに挑戦。かわいらしかった。
f0091482_20512937.jpg

お腹がすいてきたので、サンドイッチを買って大聖堂の庭で食べて、それからアイス片手に街をまたふらふら。

そのまま競馬場の方へ行ってみることに。
f0091482_20522281.jpg

今日の競馬はファミリーのためらしく、競馬場の中央の芝生には、移動遊園地が設置されていました。
その隣では車で乗り込んだ人たちがピクニックやバーベキューを楽しむ姿が。

入場料は10ポンド。屋根つきの少しPoshな建物への入場は20ポンド。

でもこの競馬場は低い塀でグルッと囲まれているので、中の様子が見たければこうやって塀から眺めるだけでも楽しめます。
f0091482_205324.jpg

私たちが着いた時は、残念ながらまだ馬は走ってなかったです。レースは1時間に1回とか、けっこうレース間の休憩が長いから、今回は馬を見ずに街へと引き返しました。

カフェでお茶してたら、けたたましいサイレンが。何事かと思ったら消防車でした。はしご車が2台も止まってました。
f0091482_20534670.jpg

特別なことをすることなく、のんびり日曜が過ぎていき・・・。これもお天気がよかったからこそ。あと何回こんな日曜が過ごせるかしら・・・。そろそろ秋空っぽくなってきましたよ。雲が高いです。
[PR]
by okunosaki | 2007-08-06 06:58 | chester

Hospital

朝一で病院へ行きました。

といっても、ただ血液検査を受けにいっただけ。

いままで幸いにも病院へ行く機会もなく、今日初めていったわけですが・・・あまりの暗さにへこみました。
なんだか建物自体も古くて汚いし、設備も病室も全て古い。
たまたまそういう落ちぶれた病棟だったのか分からないけど、正直ちょっとショックでした。

とりあえず受け付けのお姉さんに「血液検査受けにきたんですけどー」と言うと、「(指をさしつつ)じゃー廊下にでて2つ目のドアをノックしてください」って言われました。

いきなりそこの部屋に行って、ノックするのか?と驚きつつも、2つ目のドアを探して歩くと、確かにドアの上に「Blood Test」と書かれた張り紙が・・・。

なんか普通に手書きだし。なんだか簡易診療所みたいだわぁと思いながら、とりあえずノックすると、看護婦さんが出てきて、対応してくれた。

1分ほど待つともう呼ばれて、その小さな部屋に通されると、いきなり注射針がお待ちかね。

消毒もせず、縛り上げた腕からあっという間に4本、血液とられて終了。

痛かった。

荒々しい採血でした。でも私の取りづらい腕から1発で命中してくれてありがとうでした。

日本とまったく違う対応で驚きました。

日本のように、保険証出してー問診表書いてー待ちくたびれてー診察料払ってーっていうのが全部無かった。

血液検査でも無料。私はこのままバスに乗って帰りましたよ。

あまりにも広い敷地で、20分くらい駐車場で迷子になりましたが(笑)、それ以外はなんてあっさりな初病院体験だったのでしょうか。気が抜けました。
[PR]
by okunosaki | 2007-07-04 23:16 | chester

Roman Festival

最近お天気の悪いイギリス。毎日雨です。そこら中で洪水の被害まで。温暖化の影響ですかね。

せっかくの休みの日曜なのに・・・と思ったら、朝から青空(*´∇`*)

すっきり晴れた空をみると、心も晴々ですね。

エディとゆっくり朝食、テレビを見ていたら、いつのまにかお昼ごろになってしまって、慌ててお出かけ準備。
のんびりしていたら、典型的なイギリスの空。もうどんより曇ってます。

傘を持って出かけたら、突然土砂降り。1分間くらい。
っで、止みました(笑)
こんなことを何度か繰り返す嫌な空です。

チェスターの街は1週間くらいヨーロピアンマーケットがでていて、いつものフランス・スペイン・ドイツのほかに、ハンガリーやポーランドの料理の屋台とか出てて面白かった。

ちょっとお買い物して、それからお昼を食べようと、目的のお店まで歩いていると、チェスターにある古代遺跡の跡地で、なにやら催し物が・・・。
f0091482_18423714.jpg
中に入ってみると、向こうの方ではお姉さん達が踊り、
f0091482_18432780.jpg
ロマン時代の人々が集い、(カメラを向けたら並んでくれました)
f0091482_18441388.jpg
子供達も走り回り、
f0091482_1844449.jpg
この兵士の集団は、このあと街へ行進していきました。
f0091482_18451411.jpg
このあとお昼を食べていたら、また外は土砂降り。あの青空はどこに行ったのか。開いていた窓から雨が吹き込み、窓辺にあったランプがショートして電球が吹き飛んだ!すっごいびびった( ̄□ ̄;)!!

このあとまた買い物して、おうちに帰り、久しぶりにパウンドケーキを焼いてみました。おいしいねぇ。自分で作るとさらにおいしい気がするわ(笑)
[PR]
by okunosaki | 2007-07-01 23:39 | chester