ハウスバウンド状態

ほんとよく降るわ。。雨、雨、雨。。ここんとこ、毎日にわか雨ばかりで家を出るのも躊躇しちゃいます。

プッシュチェアーを押しながら, 傘をさすのは至難の技。
むしろ危険です。かといって濡れたくはない。レインコートを買うべきか。。
それにしてもどうしてイギリス人は傘をささないんでしょうか。
これは渡英当初からの疑問。

前に見た若い男の子。土砂降りの中,ふつーに歩きながらたばこ吸ってました。
雨に濡れてもたばこって吸えるのね。消えないんだね。

ほかにもびしっとスーツをきたビジネスマン。びしょ濡れですけど、そのまま仕事に行くのかい?

お昼のサンドウィッチをほおばりながら,やはり雨の中歩く人。濡れたパンはまずいだろう。。おなかに入れば一緒なのか?

話がそれました(笑)

そんなこんなで先週は、お天気が悪かったから家に閉じこもりがち。ちょっともやもや。。
部屋でつまらんテレビをぼーーっとみているより、ちょっとくらい天気が悪くても外に出た方が100倍マシ!
ということで、今週はなるべく外に出ようと忙しくミリーと歩き回ってます。
f0091482_0224041.jpg


雨の中、カナル沿いを歩いて街へ行くと、白鳥が片足上げてぼーっと立ってました。
白鳥ってでかくて怖いのよねぇ。
とくにこの辺にいる白鳥はやけに人間慣れしてるから寄ってくるし。。
遠くから見守りつつさっさと通り抜ける。

昨日のお昼は、今週末インドへ旅立つ義両親が、しばらく会えなくなるから(といっても2週間)ミリーに会いたい!とのことで、家に遊びにきました。
その後、ジャパニーズトドラークラブへ送ってくれました。私は久々に友達に会えて楽しかった!

今日は朝からチェスターの図書館へ。
午前10時15分からと11時15分から、singing timeがあります。
今回初めてミリーを連れて10時からのに参加してみました。
まだ全然歌えないけど、なんか楽しかった。
これから徐々に歌を覚えていこう。
それでミリーがもう少し大きくなって歌えるようになったら,一緒に遊ぼう。

せっかく雨の降っていない日だもの。もう少し街にいようとふらふら。
そこで、前にピアノを弾いていた教会を思い出す。
おじいちゃんが亡くなって以来、思い出すと悲しくなるから1度も足を踏み入れてなかった。

ミリーを連れて,ちょっと行きにくい場所だけど、あの時お世話になったアニー&ロニー夫妻がいるかなぁと、ちょっと覗いてみることにした。

教会の中は、あの時と変わらず穏やかな雰囲気で、懐かしくなった。

ピアノの上にはおじいちゃんの写真と彼への追悼の言葉が飾られてあった。

ほんとにたくさんの人に愛され,慕われていたおじいちゃん。
みなが彼に会いにこの教会へやってきていたのだ。

私がピアノの前でこの写真を見ていたら、見覚えのある老女が話しかけてきた。
"しばらくね、元気だった? まぁ、あなたの赤ちゃん?!みなで噂していたのよ、あのジャパニーズレイディーは元気な赤ちゃんを産んだのかしらー?ってね!"って。
それから"ピアノ、弾いてくれる?"って言って、どこからか鍵をみつけてピアノを開けてくれた。

そこまでしてくれたので、じゃぁちょっとだけ。。
と、私が弾けるのはたいしたものじゃないし、間違ってばかりで恥ずかしかったけど、弾き終わったらお茶を飲んでいたおじーちゃん,おばーちゃんたちみんなが拍手してくれた。
なんかこんなで申し訳ないなぁと思ったけど素直に嬉しかった。

結局ちょっとだけ。。のつもりでいたら、お茶を出してくれたり、ジュースを持ってきてくれたり,2時間くらいいたかな。

それに会いたかったアニー&ロニー夫妻にも会えました。
ミリーを紹介して、だっこしてもらって。
二人とも変わらずすてきで優しいご夫婦。
"これはイギリスのトラディショナルなの。"といって、50ペンスコインをミリーに握らせ、それを私にくれました。"シルバーを握らせるとラッキーなのよ"って。

おもいきって来てみてよかったなぁと思った。
まだちょっとエモーショナルになるけど、きっともう大丈夫だ。

明日も晴れるといいなぁ。
f0091482_0212144.jpg


[PR]
by okunosaki | 2008-04-17 01:54 | chester
<< 最近のミリー 食後の散歩 >>