2nd Wedding Anniversary

3月6日は私たちの結婚記念日でした。

結婚して丸2年。いろんなことがあったけど、優しいエディさんと、かわいいミリーさんに囲まれてつくづく幸せだなぁと。
なんて自分はラッキーなんだろうと思います。

この日は木曜日。エディは翌日金曜に有給を取り、3連休となりました。

その金曜日。
夜、ミリーを彼の両親に預けて二人だけで食事へでかけることに。
なのでお昼ごろミリーを連れて、またまたノースウェールズにあるエディの実家へ。
その途中、彼の職場に寄りミリーをお披露目。

彼の同僚は全員女性。お子様もちの方ばかりなので、あっというまにミリーは囲まれみんなにだっこされてました。
終始いい子のミリー。静かにだかれて、うとうとしていました。

それからエディのおばあちゃんのところにも寄りました。
f0091482_2484946.jpg
部屋に入った時は寝ていたけど、呼び掛けたらすぐ目を覚ましてBig Smile!
あー、来てよかったなぁって。
最近また元気がないってきいていたから心配していたけど、やっぱりミリーに会えるのが嬉しいみたい。

この日はいろんな人に会ったから,ミリーも疲れた様子。
やっとエディの実家についた時、眠そうだったからすぐにベットへつれていきたかったけど,そうもいかないのが義理母。。

そりゃ可愛くて仕方ないのはわかるけど、無理やり抱っこして遊ぶのはやめてほしい(苦笑)

それにここ2日、ミリーはうんちをしませんでした(食事中の方ごめんなさいね)。
母乳しか飲んでいないのに、出ない日もあるんだなぁと。

悲劇はここで!

ミリーさん。やっとうんちが出たようでちょっと泣き出した。
そのとき彼女はエディ母の腕の中。
私はすかさずその泣き声の違いを察知し、オムツを取りに別室へ向かう途中、さらにエディの母はミリーをだっこし機嫌を取ろうと。。

そしたら突然、

ギャーーーーーーーーーッ!!!!!!!!

って、いまだかつで聞いたことない泣き方でミリーさんscream!!!

エディもどこからかすっとんできて、そりゃもうびびってた!!!

涙を流しながら大泣きのミリーさんを受け取り、ふと彼女のズボンをみるとおもいっきりうんちが漏れてる。。。

すごいわ。
オムツからはみだすほどしちゃったから、気持ち悪くて泣いたのね。

"きもちわるい"っていうのがわかるのねぇ。成長したねぇ。

すぐ全部着替えさせたらころっと泣きやんで御機嫌。よかった。

でもさ、ミリーが泣いた時、エディのお母さんが言ったの。
"またMummyがなんか変なもの食べたのねー"って。それも何ども。

ワタクシ、はぁ?っとなりまして、おもわず "何も変なもの食べてないし、そんなこというならもう何も食べません!" って言っちゃった(苦笑)
もう少しで "あなたが無理やりだっこしたからミリーがuncomfortableでおむつが変になったんじゃない!" って言いそうだったけど言わなかったよ(笑)言い出したらきりがないからね。

それからもう、ミリーを静かに寝かせてあげようとベットに連れていき、やっとお昼寝できたミリーさん。すぐに夢の中。

そろそろレストランの予約の時間。

でも目が覚めないミリー。

出かける前にたくさん飲ませて寝かし付けたかったけど、まだまだ起きる様子もなく。
無理やり起こすのもかわいそうだし。
かといって、このまま出かけて、おなかが空いて目が覚めるのもかわいそうだし。

これが母乳の大変なところ。
ミルクなら義母さんにまかせられるのにね。

私が躊躇していたら、エディも彼の両親も"大丈夫だから"って。
せっかくの機会なんだから楽しんでおいでって。

後ろ髪をひかれながらも準備して出かけた。

でもだめですね。
やっぱりミリーのことが気になっちゃって、全然楽しめなかった。
何かあったらエディの携帯に電話をかけてくるはずだし、全然心配することないのはわかっていたけれど。

ミリーが生まれてから、頑張って彼女のお母さんになろうと努力していて。。
結婚記念日だから、特別な日だから、じゃぁ今度はエディのGirlになろうって。
そんなうまい具合に心の切り替えはできないもんで。

エディの実家に戻って、ベットルームですやすや眠るミリーの寝顔を見た途端、ふっと緊張がとけた自分に、あー、もうしばらくはミリーのお母さんでいるのが一番自然なんだなって思った。
こんなにもいとおしいものなんだなぁと。
頑張らなくても自然とお母さんになってるんだなぁって、そんな自分にも驚いたし、嬉しかった。

そんなMummyの気持ちはつゆ知らず。。。ぷぷぷっと噴き出しそうなミリーさん
f0091482_6154661.jpg

[PR]
by okunosaki | 2008-03-09 17:40 | family
<< 生後8週目 初節句 >>