手続きいろいろ

ミリーが生まれてまずやらなきゃいけない出生届け。
戸籍制度のないイギリスだけど、個人の生死の登録はもちろん必須。

生まれて14日以内に日本でいう市役所(Register office)に届け出ます。

これは無事に終了。

次はChild BenefitをClaim。
これは子供を育てる権利のある人(つまりは育ての親)に政府が補助金を支払いますよ。という制度。
生まれて3ヶ月以内に、出生届など必要書類を送って受理されると、子供が16歳になるまで最初の子は毎週£18.10、ふたり目からは£12.10支給されたり, 医療費がタダになったり。いろいろ補助されるわけです。

これも書類を無事郵送。返事待ちです。

さて、次はミリーに日本国籍をとってあげないと。

ロンドンにある日本大使館へ窓口提出か、遠方に住む人は郵送でも可なので, 私は郵送することに。
必要書類は;
1)出生届 (所定の書類) 2通
2)出生証明書(Full Birth Certificate) 2通
3)上記2)の和訳分 2通
4)出産した病院の病院名及び住所が確認できる書類 1通
5)父母の旅券の写し
だそうだ。

ミリーが生まれる前にこれら必要書類は手に入れていたので、この間すべて記入し、あとはエディのパスポートのコピーをとっておくるだけ。この手続きも生後3ヶ月以内にしないと、ミリーが日本国籍取得するチャンスを逃すことになる。
親として選択肢を与えてあげないとね。

さて, あとは私のビザだわ。

2006年3月に、配偶者ビザ(Limited leave to remain in the UK)をとり,その2年間の期限も切れつつあります。
次はいよいよ永住権のビザ(indefinite leave to remain in the UK)取得へ。

これまた面倒なんだけど、最後だと思って気合入れて書類集めしなくちゃ。

ビザが切れる28日以内でないと申請できないので、3月になってからリバプールにある移民局(Public Enquiry office)へ電話して、アポイントとって。
郵送でこの申請料£750。immigration officeへ直接出向いてビザをもらうなら£950。。。
おもわずFワードもでるっちゅうねん!!!!!!高すぎるっつーの!!!
年々こういったビザ代が高くなり、そして取得するのも難しくなり。。
郵送なら£200安いけど、この国のRoyal mail。あまり信用できない。
書留でも紛失される可能性あるし。
大切な私とエディのパスポートも送らないといけないし。
いろいろ考えたけど、やっぱり直接面接して取得するだろうと思う。

さてさて、これから16ページに及ぶ申請書を記入していくぞーっと。

あーーーーーめんどくさーい。
[PR]
by okunosaki | 2008-02-21 02:05 | visa
<< Team Building day いとこ >>