父母滞在

先週の3日(日)、日本から私の両親が初孫ミリーに会いにやってきた。

夕方5時半にマンチェスター空港に到着とのことで, 私とエディで迎えに行きました。
ミリーさんはおうちでエディの父母とお留守番。

去年の3月以来の再会でしたが,全く変わらず。むしろ若返ってるような二人を見てちょっと安心。
父は家を出たときから寝っぱなしだったようで、今回の長い旅路もよい休息タイムとなったよう。

家につくと, ミリーはエディの母の膝のうえでぐっすり。
始終いい子に寝ていたようです。
それを見てうちの母、
"あらっ!ちっちゃいねぇー(凝視)。。。サキちゃん、いい子産んだんねぇ。。ほんといい子だねぇ。。。"って。

メールでミリーの写真は送っていたけど、実際目の前のミリーはもっともっと小さくて、そしてかわいかったみたい。

さっそくエディの母からうちの母の膝へ渡されたミリー。
なんだかすごくこわごわと抱く母をみて少し意外だった。

子供3人を産んで育てた母だけど、それも30年も前のこと。
生まれたばかりの赤ちゃんを抱いたのもいつだったか。。と嬉しそうに大事そうにミリーを抱く母を見て、"あー、会わせられてよかったなー"って思いました。

ベイビーシッターをしてくれたエディの両親は、ちょこっとお話して自宅へ帰られ、私の両親はさっそくスーツケースいっぱいのお土産を開放!
両親からはもちろん、兄から、両親のお友達から預かってきたミリーへのプレゼントなど、ほんとにたくさんのお土産!!!
食品の数も半端ではなく, とても有り難かったです。
最近パッチワークを習い始めたという母。
素敵な雛人形の壁掛けと、おくるみを作ってきてくれました。ミリーさん、さっそくくるまれてます。
f0091482_48597.jpg


この日は旅の疲れか、ぱたっと寝てしまった二人。
翌朝起きてみると、さっそくすごい食欲で朝食中の二人。さすがです。
それからチェスターの街へ探検に行く! と張り切っている二人。
とりあえず街まで車で送り、帰りも4時半に迎えに来るから! と二人を送り出す。

夕方迎えにいくと、手には買い物袋。さっそくショッピングを楽しめたようで。
夜は日本から持ってきた食材で、切干大根やらひじきの煮物やら、あっという間に何品か作ってくれた母。
おいしかったです。
すごい勢いで料理をする母。コンロも4つ、フル回転で、キッチン、いや、台所と呼びましょう、あっという間に物で埋まりました。
"早いけど散らかるのよねぇー"っていいながら料理する母。
"そうだねぇー。。。すごいよねー、どうやってこれだけ散らかるんかねぇ"なんて失礼なこといってる私。片付けは私なのでね。でもそんな会話も楽しかったりする。

という翌朝。
起きてみるとすでに両親は朝食中。しかもテーブルには"日本の朝ご飯"ばっちり並んでおります。日本から米も味噌も持参ですから。
朝はご飯に味噌汁!の父親。もりもり食べておりました。
もちろん台所はすごいです。
いいんです。午前中かけて片付けますから。。
早寝早起きで、ばっちり朝食食べて、歩いて街まで出かける二人。
お昼をなんとか街で食べ、買い物して、気になる野菜果物お菓子を買いまくり、また歩いて家に帰ってくる。家ではその試食会。すばらしい食欲です。
それから夕方お昼寝して、夜はミリーと遊んで, また寝ると。。

こんな調子で1週間の滞在を終えて今朝7時に、濃い霧が立ちこめる中、日本へと帰っていった我が両親。
今回はどこへも連れていってあげられなかったけれど、チェスターの街をくまなく見られてよかったみたい。
とにかくたくさん歩いて健康的だったと、足に恐ろしいほどマメを作りながらも毎日散歩していた父。
イギリスの野菜(とくにセロリとニンジン)と果物がこんなにおいしいとは思わなかったんよーってうさぎのように食べていた母。
楽しんでくれたかな。
ミリーを毎日抱っこして、彼女の寝顔を飽きることなく眺めていた両親。
意外にも父のほうが上手にミリーをあやしていた。
大きな手、しっかりした腕に抱かれて, ミリーも安心するのかな。
f0091482_359640.jpg

この次は私たちが日本へ連れて行きますから。それまでしばしの辛抱を。

ちなみに7日は母の誕生日。
素敵なレストランでディナーでも。。。と思ったけれど, 結局私の手料理でお祝い。
f0091482_410667.jpg

それもまたよし。いつまでも可愛らしい母でいてくださいな。
f0091482_4104711.jpg
[PR]
by okunosaki | 2008-02-11 04:15 | family
<< 小春日和 生後2週間目 >>