ギリシャ旅行記4

9月19日(水) 3日目

この日から3日間、レンタカーを借りてザキントス島を探索することに。

イギリスで手配しておいたので、この日の朝9時ごろに現地の人がホテルまで持ってきてくれた。

ちょいと怪し気なおっさん。
約束の時間どおりにやってきた。
ホテルのロビーで書類作成。エディの運転免許や私のクレジットカード番号をチェック。
これはIDチェックみたいなもので、レンタカーを借りる時に必要だと言われていたから、渡した。
それからすべてカバーされる保険にも入った。念には念を入れて。これはエクストラ料金。現金で払った。この時十分なユーロを持っていたし、なるべくカードを使いたくなかったから。これがまた後程面倒なことになるんですけど。

さて、保険にも入ったし、サインもしてさてさてどんな車だと外へ。

ホテルの前には最新のトヨタウ゛ィッツ。ヨーロッパではヤリスっていうのでしょうか。
車内とボディーをチェックし, 中の整備の確認をざざっとして、はいどうぞと鍵を渡される。
それから忙しそうに相方の女性スタッフの待つ別の車へ乗り込み、慌ただしく帰っていった。

なんだか忙しそうだねーなんてのんきにエディと話す。
ギリシャは左ハンドル、右車線なのでイギリスとは逆。
車は右の垣根ギリギリに止めてあったから, とりあえずエディが乗り込みフロントの駐車場へ移動させる。

エディさん、左ハンドル初運転。
なかなか手こずっておりました。
イギリスは日本と同じ右ハンドルに左車線。しかもうちらの車はオートマだし。
今回借りたマニュアル車で左つーのは、なかなかの曲者。

まぁ初日だから遠出しないでぼちぼちねと、とりあえず部屋へ戻り出かける準備を始めました。

ザキントス島は、島の右半分は平地、左半分は山地となっております。

Argassiから少し北上した街Tsiliviにはステキな砂浜のビーチがあると聞いたので, まずはそこを目的地に出発!

海岸線沿いをひたすら走る。

見慣れない地名と、ギリシャ語表記の看板にちょっと戸惑いながらも, がんばって地図を読む。

平野だと思っていたけど, けっこう坂道がたくさん!
見晴らしがよくて時々車をよせては景色を楽しむ。
オリーブの林、乾燥した大地。ギリシャだー!!
f0091482_2037917.jpg

いくつか小さな村を抜け、ふと街が広がる。

なんか不釣合な看板やレストラン。フィッシュ&チップスの文字。
なんだか少し悲しくなる。
郊外はステキな村や景色が広がるのに、一歩大き目な街に入ればホリデーメーカー用の安っぽい店たち。
うちらもその一人なんだけど。。うーん。

気を取り直し、ビーチへの入り口を探す。

ありました。
車を止め、さっそく降りていく。
砂が暑い!目が痛い!! いいねー!!!
f0091482_20424447.jpg
おもわず足を浸す。。冷たくてきもちがいい。
f0091482_4314162.jpg

なんだかいつまでも眺めていたい色。
f0091482_20431138.jpg

かなり浅瀬で、エディもズボンをまくりけっこう遠くまで歩いていった。

車に戻り, このまま少し北上することに。
f0091482_20463378.jpg

助手席から窓の外を眺めていたら, 崖の下に見え隠れする、すんばらしいビーチ発見!!

エディに"あの場所へ行きたい!!"って叫んだら"OK!!"って。

エディのすごいところは,本当に連れていってくれるのです。
どうやって降りるのかしらーって思うけど, ちゃんと入り口見つけて連れていってくれました。
f0091482_20481942.jpg

ちょうどお昼時。おなかも空いてきたからここでピクニックしましょうと、ランチボックス片手に降りていく。
f0091482_444781.jpg

小さな入江。小石のビーチ。

すぐ裏手は急な岩のがけっぷち。自然の日陰となっていて,その下にビーチタオルを敷いてサンドイッチをほうばる。

とても静かで穏やかな時間の中、グリーンに輝く海を眺め。。至極の時。

おなかいっぱいになり、しばらく横になり空を眺める。海の小波を聞く。
f0091482_2050295.jpg
いつまでもこのまま寝そべっていたいけれど。。と, 惜しむ気持ちを抑え車へと戻る。
f0091482_20505546.jpg
名残惜しく このビーチに別れを告げて, さらに北上することに。
目指すは最北端!!!

続く。。。
[PR]
by okunosaki | 2008-01-13 04:06 | leisure
<< ギリシャ旅行記5 ギリシャ旅行記3 Zakynt... >>