ギリシャ旅行記2 Argassi

順番めちゃくちゃですが、折角書き出したギリシャ旅行記。赤ちゃんが生まれる前に書留めておきたい。。ということで続きです。

9月17日(月) 1日目

マンチェスター空港を飛び立ち, やっと飛行機の中で一息。
乗り込むまでにあまりにドタバタ過ぎて疲れちゃいました。

予定では空港で朝食取ってから飛行機に乗り込むわけだったけど,もちろんそんな余裕なし。

およそ3時間半のフライト。ザキントス島までの直行便で、予定到着時刻13:40。さっそく紅茶とサンドイッチを頼んで、朝食を。

そこで初めて気がついたことが!

おなかがぽこって。

おぉ? 確かに何かが動いた。エディにドキドキしながらおなかに手を置いてもらう。

そしたらまた ぽこっ て!!

エディも"おおおーー!!!"って。初めての胎動です。いやぁ、忘れられません。

なんか豆が飛び跳ねた感じ? ポップコーンがハジケタみたいな。。気圧の変化か、うちらの興奮が伝わったのか、とにかく素敵な瞬間でした。
f0091482_1852567.jpg
食事を取って, しばらくうとうとしていたら 外の景色に変化が。

雲がなくなり、下には青い海が広がっていました。
なんだか明らかに違う日の光にだんだんわくわく。

アナウンスがなり、いよいよ到着です。

小さな飛行機から, トラップで直接降り立つギリシャ。
あの重い夏の空気。なんか懐かしい。

ちいさな島の空港らしく, おんぼろな建物がメインターミナル。
私の日本のパスポートが珍しかったのか、全然関係ない質問されたりして。
EU圏内からの旅行者には入国スタンプがいらないけど、私には必要だからっていいつつ、そのスタンプが見つからない。人に聞いてやっとどこからか持ってくるも、押し慣れていないのか手間取ってた(笑)

無事荷物を受け取り, (何人かスーツケースがmissingだった人も。。)ホテルまでシャトルバスで移動。

今回私たちが滞在したのはザキントス島のArgassi(アーガシ)というちいさな街。
f0091482_2112469.jpg
そしてホテルはこちらKaterina Palace。エントランスに咲く、カラフルな花たちに心が弾む。
f0091482_18545860.jpg

チェックインを済ませ, お部屋はこちらです。と、ホテルマンの後についていく。

と、なんだかだんだん怪しい雰囲気に。

さっきまでの明るかった光が、だんだん薄暗くなり階下へ。。。おいおい、ちょっと待てと。

ここです。と渡された荷物とカギを手に,エディとしばし沈黙。。

まぁまぁまぁ。。。とりあえず中へね。もしかしてすごく見晴らしがいいかもー。なんてすでに期待薄な、力ない励ましの言葉をエディにかけながらカギを開ける。

真暗。

手探りでスイッチを見つけ, 明かりをつける。

お部屋自体は広くていい感じだけど、なんか寒々しい。。

せっかくのリゾートなのにーって、窓を開けるとおもいっきり日陰。

北向かい!
しかも1階だし。
向かいはただの建物でなーんもないし、景色も何もあったもんじゃない。
せっかくバルコニー付きの部屋を予約したのにこれじゃ意味がない。

ベットに座れば, "ギシッ!!!"って、ありえんくらいの大きな音はするわ, バスルームは黴臭いわ!

"もーーーーーーっ!!!絶対無理!!!"

二人でまたスーツケースもって、さっきのレセプションまで戻る。かなり最悪な気分。
クレーム&部屋チェンジ交渉。
このとき対応した女の子がこれまた態度悪っ!!

うちのエディさん。見た目やわそうですが、実際かなり短気でけんかっぱやい。

この受け付けの態度に, かなりぴきっときとりましたので, 私が代わって交渉。
すぐにマネージャーらしき女性(感じ良し)が対応してくれて,すぐ近くの部屋へ案内されました。

そこの部屋はさっきと同じようだけど、雰囲気があたたかい。。
バルコニーにでると、2階だからもっとプライベートだし、裏手の山がみえていい感じ。

さっきよりだいぶましだし、疲れもあってここでOKとしました。
怒りがおさまらないエディさん。おなかも空いていたようです。食べ物与えたらちょっと治まってきた(笑)
ホテルの部屋へ着くまでが大変だったから, 彼はお昼寝。私は散歩へ。

その午後&夜は、ホテルの近辺探索して軽く近くのレストランで夕食とっておやすみ。

写真はホテル前の海辺の夕焼けです。
f0091482_19192195.jpg

[PR]
by okunosaki | 2008-01-08 22:24 | leisure
<< ギリシャ旅行記3 Zakynt... 今日も雨です >>