Christmas tree

12月に入ってから、ちょこちょこ家の中にクリスマスデコレーションを飾り出したけど。。なにか物足りない。

やっぱりツリーは必須でしょ!つーことで,今年は大きなツリーを買おうと決意!

湖水地方出身のエディさん。小さい時は庭にある、たくさんのモミの木の中からその年のクリスマスツリーを選んで、根を切り、おうちに運んで飾り付けをしたそう。クリスマスは煖炉を囲んで、生まれた時から一緒に育った愛犬ベラ(ブラックラブラドール)と一緒にプレゼントを開け。。その本物の樅ノ木の香りが忘れられない。。なんておとぎ話のような話を彼からされると,"いやー、日本人のクリスマスとやっぱ違うなー"なんて考えちゃいました。

私が小さかったころは,両親に好きなおもちゃを買ってもらったり、クリスマスケーキを食べたり。(どこの部分を食べるかで兄弟とけんかしながら(笑))だから,サンタさんなんかまったく信じてないクールな(寂しいかな?はは)子供でしたね。ツリーも家にはなかったなー。庭には何本か樅ノ木があって、これに飾り付けしたらすごいのに!なんて想像したり。裏庭に当時(さき10才くらい)自分の背丈ほどの樅の木見つけて、手芸用の綿とかリボン乗っけてみたり(笑)自己満足。でも翌朝には風で飛ばされ、ぽつんと残された綿が虚しかったり。。空っ風群馬、子供には厳しい仕打ちです。

でもエディは、めちゃくちゃ信じてたらしいっすけど。サンタクロース。
サンタさん(英ではFather Christmasと呼びます)のために,ミンツパイとシェリーを一杯、トナカイさんにはニンジンをクリスマスツリーの下に用意して。。。翌朝起きてくると,ツリーの下にはたくさんのプレゼントが!!!そして、お皿には食べかけのミンツパイ(少し食べこぼしてある(笑))と、飲みかけのシェリー。人参は消えてるらしい。にくい演出です。Well Done, Eddie's Mum&Dadです。

でもそれも友達の"サンタはいない"の一言でthe end。かわいそうです。

さて、話は戻ってクリスマスツリー。

今年はリアルクリスマスツリーを購入する!ってエディに言われて大喜びの私。さっそくどこで買うのがいいかエディの父に電話したところ。。。速攻うちらのアイデア却下されました。。

もう、こんなことなら電話しなきゃよかったと本気で後悔。

まぁ、確かにエディ父のいう通り、ぱらぱら樅は落ちるし、泥で部屋は汚れるし、クリスマス後のツリーの処置で困ると。。なんだかマイナス点ばかり並びましたので,うちらも弱気に。。

とりあえず木を見に行こうと出かけまして。
けっこう高くてびっくり。
そして、その日は不運にも雨が降っており、これを持って帰って乾かすのに大変。。車の上に縛って持って帰るか?とか悩んだ末に。。やっぱりリアル樅ノ木は今年は断念することに。はぁ。。残念だけど、そのかわり、2メートル弱のスリムで素敵なクリスマスツリーを買ってきました。
f0091482_20115111.jpg
こちらの小さいのは去年購入したもの。90センチほどだけど、大切な第1号。実際のライトはもっとクリームがかっていて柔らかい光です。
f0091482_20171837.jpg
こちらがニューツリー。ぱたぱたっと飾り付けしたわりに,よくできました。まだプレゼントが買い終わってないので,これからツリーの下に置かれるはず!今日はこれから街へショッピングです。では!
[PR]
by okunosaki | 2007-12-18 19:31 | family
<< walking mince pie >>