Foot ball widow

たった今、リバプールの試合が終わりました・・・。

はぁ、疲れた・・・。

今日は夜7時半からテレビでサッカー(イギリスではフットボール)のヨーロピアンカップ・セミファイナルがありました。
エディのサポートするリバプールVS金持ちチームのチェルシー。

もう、ホントに嫌になるのは、エディは昨日の夜からすでにナーバス。

ベットに入って何を弱気な顔をしてるのか聞いたら、明日のリバプールの試合が心配なんだって。

ワタクシ飽きれました。

なにがそこまで彼をかきたてるのか。

今日も朝からそわそわ。仕事中メールが入り、何事かと思えばやっぱり試合のことを考えていたらしくそわそわ。

家に帰ると、彼はすでにテレビの前で心の準備をはじめ、試合が始まればもう私の声は届きません。

もう本当にpainful。エディを見てるだけで辛いですわ。

これでリバプールが負けたら、この人死んじゃうんじゃないかってくらい興奮しまくり、リバプールのアガが1点決めた瞬間なんて、このフラット中に響き渡ったなってなくらい、シャウトしまくり、そのままセカンドハーフに入って、何度か危うい危機に陥った時は「もうだめた・・・いつもチェルシーは最後に決めるんだー!!」って私に語られても、そんなこと知りません。

私は途中、「もう見てるのもannoyingだから、もうパブ行って見てよ!」ってまじで切れかかって言ったら、エディは悲しそうに「じゃぁ今からいくよっ!」って言っときながらも、そのまま見続けるし。

もう最後は、「こうなったらリバプールに是が非でも勝ってもらわないと、今夜はずっと機嫌が悪い」と思い、私も一生懸命応援しましたよ。

その甲斐あってか(?)、1-0でリバプールがリードで後半戦終了。
私はてっきり、「1-0で勝ってよかったね♪」って言ったら、
エディ:「先週1-0でチェルシーに負けたから、これから30分延長があって、それでも駄目ならPKだ」だって。

私は「まだ30分もあるのーー?!!」ってうんざり気味でしたが、エディも違う意味で「そうなんだよ、まだ30分ある・・・地獄だー早く終わってくれーー・・・」ってくたくたでした。

それから体力ナシのリバプール選手は足がつったり、動きは鈍いし、それでも決めたゴールは明らかにオンサイドなのに、レフリーはオフサイドを取り、けっきょくPKとなりました。

この延長が終わる頃、なぜかエディまで足がつったらしく、しばらく床でのたうち回り、私はぼそっと「落ち着き無くずーーっとウロウロし続けたからだよ・・・」って同情よりも飽きれてしまった。

さてPK。2年前、リバプールがヨーロピアンカップを制した時もPK。あの時の悪夢というか、興奮がよみがえったらしく、エディさん、またしても頭を抱え、一人目のゼンデン。散々悪口を言っていたくせに、スパッとシュートを決めたらころっと「I love you Zenden!!!!」って叫んでました。
その後リバプールのGKが二本もセーブし、他のリバプール選手はみんなゴールを決め、めでたく決勝へ駒を進めたのでした・・・。

いやぁ、久しぶりにフットボールの試合を見ましたが、今夜のはおもしろかった。

ああぁぁ、でも、これでリバプール勝っちゃったから、こりゃファイナル、さらにPainfulだわ。

恐ろしい。

エディは今夜眠れないな( ̄ー ̄)ニヤ
[PR]
by okunosaki | 2007-05-02 07:32 | Eddie
<< Ruthin night lovely day >>