Wedding party

晴れた!!

今回のwedding partyを企画し始めて、とにかく心配の種だったのが天候だ。

ご存知の方もいらっしゃるだろうが、イギリスの天気はまことに不安定。
一日の内に四季があると言われるように、朝、爽やかに晴れ渡る青空、昼、雲行きが怪しくなり、夕方にはシトシト降ってくる。気温も昼に比べて(まぁ、昼間もそんなに上がりませんが・・)グンと下がり、上着が必要となる。
と、こんな具合で、見知らぬもの同士の会話は、天気の話題から始まるといってもよい。

さて。
今回はエディの両親の住むお宅でのガーデンウェディングパーティーとなる。
北部ウェールズの山(丘?)の中、Ruthinという村。
静かでのんびりとした素敵なところだ。

冗談で「着物でも着よっかなー」って言ったら周りが盛りあがってしまい、それならばと、せっかく成人式の時作った振袖を。母親も着物を。そして招いた日本人の友達にも着物で是非、とお願いした。華やかになりそうだ。
近くに住む日本人美容師さんのお友達に着付けをお願いした。
振袖はちょっと厄介だからと、実は事前に数回着たりして、気分も盛り上がってきた。

朝9時半。両親と共に彼女の家へ。
母はこの日のために着付け教室へ通ったそうだ。折り紙で折鶴さえ折れない日本人母真知子。そんな彼女が頑張って着付けだなんて。涙が出る。

今回はイギリス国内はもとより、スペイン、アイルランドからも友達がくる。
わざわざ今回のパーティーのために、遠方からみんな集まってくれて本当に嬉しかった。
そして大好きな友達を両親に紹介できて本当によかった。
f0091482_19121176.jpg



f0091482_19143880.jpg

イギリスにしては珍しいほどの晴天で、暑かったなぁ。
私は、涼しいのを見通して着物をきたのに、大誤算だ。
うれしい悲鳴だね。
f0091482_19163188.jpg

しかも、この日はワールドカップ・イングランド初戦があって、庭の隅に、仮設テレビ観戦所が設けられた(笑)。エディたち、イギリス人の若者にとって見逃がせない試合らしく、前日まで、エディと彼のお父さんとで口論になってた(笑)。まぁ、最後はエディパパの根負けなのか、しっかりテレビが据え付けられていましたけど。

お昼ごろから始まったパーティー。おいしいお料理とデザート。着物を着ていてもしっかりと頂きましたよ(笑)。お酒のせいか、気温のせいか、夕方ごろ皆さんのほてった顔を見計らって、和やかにお開きに。
素敵で楽しい時間というのは、本当にあっという間にすぎるものですね。

それから、エディと私の友達数人を連れて、今度はチェスターへ移動。
夜8時にまた集合して2次会をかねた夕食会のためレストランへ。
f0091482_19191872.jpg

そこで働いていた友達からシャンパンを贈られ、またまた楽しいひと時を。

長かったような短かったような、幸せな一日が無事に終わって、ほっとしたような寂しいような・・・。
[PR]
by okunosaki | 2006-06-10 17:38 | family
<< Liverpool Finally >>