Paper work

国際結婚。

いろいろメンドクサイなぁとは思っていたが、こんなにも次々と手続きが必要だとは思わなかった。

でもまぁ、一番肝心&問題のビザは一応完了したので、あと2年間はほっとける。Hurray!

さて、最近新たな問題は、婚姻届だ。
イギリスで入籍したので、そのことを日本大使館(正式には在ロンドン日本国総領事館)へ申し出しないといけない。

昔、私の知り合いの日本人(女性)が、イギリス人(男性)と英国で結婚した。彼女はすぐには大使館へ申請せず、数年後子供が生まれた時初めて報告。彼女曰く、「もし離婚成立なんてことになったら、日本の戸籍上、私は未婚だから戸籍に傷がつかない」からだそうです。
たしかに、私は先月エディと結婚しましたが、日本の戸籍に変更はない。だって、役場に婚姻届をだしてないもの。
重婚だって簡単にできそうだ。まぁ、しませんけど(笑)

そんなわけで、けっこう昔は彼女のように婚姻届を出さない人が多かったせいか、最近大使館が戸籍法なるものを設定。婚姻成立の日から3ヶ月以内に婚姻届を提出しないといけなくなった。

でも、こういう情報ってなかなか個人に入りづらい。ホームページをチェックしたり、大使館へ直接電話するも時間が限られてるし、常にビジー状態でオペレーターに繋がらないし。
やきもきしながらも大使館から必要書類を送ってもらうことに成功。

私の場合:
「外国の法律に基づいて婚姻が成立した場合」なので・・・
1.婚姻届(所定の用紙) 2通
2.婚姻証明書(Certified Copy of Marriage Certtificate) 2通
3.2の和訳文 2通
4.戸籍謄(抄)本 2通
5.双方の旅券原本
6.外国人配偶者の旅券の和訳文 2通

というのが大まかな必要書類。
この他にもエディの出生証明書が必要だったから、彼の生まれた町役場みたいなところと連絡とってコピーを送ってもらったり、私の母親に頼んで、役場から戸籍抄本とって来てもらったり(いつもありがとう)。 
日本から送ると1週間くらいかかるから、こういった書類集めはホントに時間がかかるのです。なので3ヶ月という期間ははっきり言って短い。
もし私がフルタイムで働いていたら更に難しかったはず。
英語の書類にはそれぞれ和訳文を添付しないといけないし。

昨日はこれらの書類を床に並べ、はぁぁ・・とため息。

ちなみに、もし戸籍上の氏を外国人配偶者の氏に変更する場合、変更届も6ヶ月以内に提出しないといけない。日本のように、婚姻届を出したら、旦那の籍に入る→苗字が変わる・・訳ではない。夫婦別姓のカップルは当たり前のようにいる。
もともと、イギリスには戸籍が無いから、その辺はよくわからない。

私の場合、日本へ婚姻届を提出したら、私が戸籍主になる。エディは私の扶養家族。外国人は戸籍主にはなれないからだ。

なんだか勉強しなくちゃいけないことが山ほど・・。
複雑ですね。

頑張って、来週には婚姻届を出して、少しづつ整理していくぞ。(o_ _)oパタッ  
[PR]
by okunosaki | 2006-04-26 21:36 | visa
<< Wedding 1 Mexican dinner >>