Cat

f0091482_2061856.jpg


7日からポール&ケリー夫妻の猫を面倒見ることになった。
彼らはNYへHoliday中。
あぁ、羨ましい・・・。

動物アレルギーのある私、猫は苦手分野。
猫に限らず、動物は見るのは好きでも触るのはちょっと。

でも仕方ない。頼まれた以上、ご飯をやりにいかなくては。
さっそくエディと土曜の夜、彼らの家にでかけた。

玄関先で何か黒いのが丸まってた。

猫だ。

金曜日からずっと外に出されたままの彼女。
お腹を空かしていたに違いない。
ドアを開けたらまっしぐらに餌の入ったボールへと駆けて行った。

「おぉ・・可愛そうに。もっと早く来てあげれば良かったね。」と、二人でちょっと反省してから、キャットフードを足してあげた。

それにしても、猫の好物=魚 というのは世界共通なのだろうか。
このキャットフードは2種類。ツナとサーモン。
ゼリー状なものでコーテイングされ、おいしそうな匂いがした。
島国なのに、魚はあまり食さないイギリス人よりも、猫の方がバランスよい食事をしているのには苦笑い。

食事を終え、ふといつもと様子が違うのに気がついた猫。
ミャーミャー鳴きながら二階へ行ったりウロウロ・キョロキョロ・・・。
ポールたちを探しているのに違いない。
猫は自由気ままで、寂しがらないと勝手に思っていた私には意外な行動だった。

それにしても、やっぱり苦手だ。猫は。
[PR]
by okunosaki | 2006-04-08 19:58 | animals
<< Wales Calamity Jane >>