immigration office

行ってきました, immigration office in Liverpool.

婚約者ビザで渡英して、無事入籍。次のステップ「配偶者ビザ」を取るべく、エディと私、リバプールへと向かいました。
午後2時のアポイントメントなので、余裕を持って12時半に家をでる。
私が何度も電車で行くと言っていたのに、エディが自信たっぷり、「オレが運転していく、サキじゃ絶対たどり着かない」と言い張るので、「なら、運転お願いします」と助手席に乗り込んだ。
出発して2分後、エディがポツリ。「do you know how to get to liverpool?」

・・・・・・。bloody hell.
どんなに重要な面接かわかっているのか。
気まずい車内。
普段温厚な私もこの時はさすがにキレタ。・・・そしてアキレタ。

不機嫌のまま、どうにかリバプールにたどり着く。
officeはライバー・ビルディングのすぐ近くなので容易に発見。
エディを車に残し、私一人オフィス内へ。
セキュリティガードから持ち物・身体検査を受け、館内へ。
受付でパスポート・申請書を見せ、それからビザ申請代£500を払い、しばらく席で待つ。

この待合室、とにかく黒人が多い。それからアラビック。
不思議な雰囲気。
私は持ってきた書類等、十分かどうか気になりつつ順番を待つ。
ようやく番号が呼ばれ、私とエディのパスポート、申請書、結婚証明書、最後に銀行の明細書を渡し、お終い。
たいした質問もされず、用意しておいた他の証明書類(Bills, bank statement,結婚式の写真等)は要求されなかった。
「1時間後にビザが発行されますから、取りに戻ってきてください。」
そう言われあっさり取得。

まぁ、高いお金払ってるし、これで法的に働いてOKなのでよかったよかった。
次は2年後。
早くこのビザ問題から開放されたい。
[PR]
by okunosaki | 2006-03-30 22:41 | visa
<< Golf babies >>