5千ポンドがー

今日は久しぶりに街へ。

この間両親がこちらへ遊びに来てくれたときに、新居祝いをいただきまして。
そのうち5万円をポンドに換金しようと郵便局へ行ったわけです。

街のメインの郵便局。いつも長蛇の列。

やっとこ順番が回ってきて、もって来た5万円を窓口へ。

なんだか無愛想なおばあさんが担当。

大丈夫かな。。と心配になるほど、すっごーーーく丁寧に一枚一枚紙幣の数を数えて。
っていっても、明らかに1万円札が5枚ですけど。

それから、「フィフティー サウザント イェン ね。」

と、コンピューターに数字をインプット。

おもむろに席を立ち、他のスタッフに耳打ち。

それから、なぜか大量の20ポンド札を数え始めるおばあさん。

なんだよーー、、なんで私を待たせてデスク内の紙幣整理始めるの。。。??
って思ってた私。

ミリーもプッシュチェアーにいるし、お昼も近いし、私は早くお金を受け取って帰りたかったから、このおばあさんに、「すみませんけど、時間かかるんですかー?」
って聞いたら、

「あなたのために数えてるんじゃない!紙幣が足りないから他のデスクから取り寄せて、数を数えてるのよ!!50000 チャイニーズ イェンをポンドに換えたら、4サウザント8ハンドレット ブラブラブラ!!!」って怒られた!

私、はぁあ??!ってなりましたわよ。

だってこのおばあさん、あまりに頼りなさそうだったから、ささっと換金前に計算したんですよ。
この日のレートが、1ポンド166円程度。だから5万円渡したら300ポンドくらいだろうなーって。

それが4800ポンド以上って!!!!しかも札よく見てないから!
アジアンの私を見て、チャイニーズだと決め付けるな。

わたし、この巨額に思わず、「ジャパニーズ エン ですけど!!!!」って確認させましたよ。

そしたら、このおばあさん。
もう一度コンピューターに何か打ち直して、さくっと300ポンド渡してきました。

20ポンド札が15枚。。240枚でなくね。

私はそれを受け取って郵便局を後にしましたが、思わずエディに電話してこのびっくり体験話しましたわよ。

だって、おばあさん。
お金渡すときに、私のアドレスとか聞かなかったし(前にM&Sで換金したときは住所聞かれました)。
もし私がそのまま4800ポンド受け取っていたら、えんらいことになりますよね、彼女。

なんだか宝くじに当たり損ねたような、後味の悪い経験だったけど、まぁ、人生公平にできているはず。
正直に伝えてよかったっすよね。

でもやっぱり何かひっかかるわーー(笑)くぅーー
[PR]
by okunosaki | 2009-07-07 06:35 | chester
<< swine fluと悪阻 コッツウォルズ 3日目 >>